>  >  >  >  >  > 

【日光の宿】エリア別にチェック!

まっぷるマガジン

更新日:2018年7月31日

この記事をシェアしよう!

【日光の宿】エリア別にチェック!

世界遺産である日光山内への観光にも便利な市街地の宿から、眺望抜群の中禅寺湖畔の宿、豊かな自然に囲まれた奥日光の宿までを一挙ご紹介!

東照宮にもすぐ行ける!日光市街の宿

日光の市街地には、アクセスの良さだけでなく、さまざまな魅力を持った宿がたくさん!

日光金谷ホテル

国内外の著名人に愛された名門ホテル
140年以上の歴史を誇る現存する日本最古の西洋式ホテルで、建物のいくつかは登録有形文化財に指定されている。創業当時の趣を残したクラシックな客室やメインダイニングでいただく料理を堪能したい。

日光金谷ホテル

デラックスタイプの例。同じタイプでも内装が異なり、何度宿泊しても楽しめる

日光金谷ホテル

古き良き時代の趣を残し、明治の薫り漂うクラシックホテル

ココが宿自慢 受け継がれる味

メインダイニングでは歴代料理長から伝わる伝統のフランス料理が味わえる。

ココが宿自慢 受け継がれる味

日光金谷ホテル

住所
栃木県日光市上鉢石町1300
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで5分、神橋下車、徒歩3分
料金
シングル=19360円~/ツイン=21780円~/1泊2食付=28435円~/デラックスタイプ1泊2食付プラン=34485円~/

静かな水辺リゾート中禅寺湖畔の宿

中禅寺湖と日光の山々を望む湖畔の宿。部屋や風呂から、美しい景色を楽しもう。

中禅寺金谷ホテル

湖畔の自然に触れ、心癒される
全室にバルコニーかウッドデッキを備え、部屋にいながら湖畔の自然が感じられる。源泉掛け流しの「空風呂」で四季を感じながら湯浴みを楽しもう。

中禅寺金谷ホテル

スタンダードツインのほかにも、さまざまなタイプの客室をそろえる

ココが宿自慢 四季の風呂景色

内湯、露天ともに源泉掛け流し。紅葉や雪景色のなかでの湯浴みが楽しめる。

ココが宿自慢 四季の風呂景色

中禅寺金谷ホテル

住所
栃木県日光市中宮祠2482
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス湯元温泉行きで58分、中禅寺金谷ホテル前下車すぐ
料金
1泊2食付=22356~78192円/外来入浴(13:00~15:00)=大人1300円、小人600円/

中禅寺温泉奥日光ホテル四季彩

自然に抱かれた露天風呂が自慢
日光の自然に抱かれた宿。露天風呂に浸かれば森の中で湯浴みをしているような気分を味わえる。旬の地の食材を生かした懐石料理も魅力的。

中禅寺温泉奥日光ホテル四季彩

開放的な客室の露天風呂

ココが宿自慢 多彩な客室

おしゃれな和モダンな部屋のほか、ほっと落ち着く掘りごたつ付の部屋まである。

ココが宿自慢 多彩な客室

奥日光ホテル四季彩

住所
栃木県日光市中宮祠2485
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス湯元温泉行きで55分、奥日光ホテル四季彩入口下車、徒歩5分
料金
1泊2食付=17820~28620円/外来入浴(15:00~18:00、満室時不可、要問合せ)=1080円/

奥日光の自然を満喫 湯元温泉の宿

豊かな自然環境と乳白色のにごり湯が魅力の湯元温泉の宿をご紹介。

奥日光森のホテル

森林浴効果も得られる大露天岩風呂
「自然と一体となれる空間づくり」を目指した客室は、和モダンタイプの和洋室、和室、露天風呂付客室と充実。奥日光随一の規模を誇る露天風呂は100%源泉掛け流し。野鳥の声を聞きながらの森林浴効果も期待できる。

奥日光森のホテル

緑に囲まれリラックスできる

奥日光森のホテル

山海の幸が楽しめる懐石

ココが宿自慢 こだわりの客室

清潔な空間とよりよい快適さのためにデュベスタイルを取っている。

ココが宿自慢 こだわりの客室

奥日光森のホテル

住所
栃木県日光市湯元2551
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス湯元温泉行きで1時間27分、終点下車すぐ
料金
1泊2食付=20000~40000円/外来入浴(15:00~20:00、入浴不可の場合あり、要確認)=1100円/
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください