コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【京都】和ごころをくすぐる♪素敵な甘味処!

【京都】和ごころをくすぐる♪素敵な甘味処!

by mapple

更新日:2018年4月12日

舞妓さんにも大人気の甘味処。老舗の王道菓子から、新感覚のスイーツまで、そぞろ歩きの途中に楽しみたい評判の店をご紹介。

大極殿本舗六角店甘味処 栖園

京の四季を映す甘味を風雅な京町家で 烏丸御池
1885(明治18)年の創業。ハイカラなお菓子カステラを、京都でいち早く手がけた老舗。やわらかな寒天と自家製蜜が溶け合う琥珀流しや和菓子を、趣のある京町家でゆっくりと。
お品書き
◆ かき氷(夏のみ)600円~
◆ わらび餅 660円

季節に応じて掛け替えられるのれんにも注目

琥珀流しは白みつをベースに旬の素材を合わせている。白味噌(1月)

ペパーミント(7月)

ぶどう(9月)

すてきpoint
春は桜、秋は栗など、月替わりの蜜に季節を感じて。琥珀流し660円

ZEN CAFE

老舗が展開する和菓子の新スタイル 祇園
創業300年、くずきりで知られる鍵善良房が手がけるスタイリッシュなカフェ。季節によって異なる繊細な和菓子を、洗練されたインテリアでまとめられた空間でいただく。そんな贅沢な時間をぜひ。
お品書き
◆ 特製くずもち 800円
◆ 上生菓子(月替わり) 600円
◆ 季節のフルーツサンド 1200円

吉野の本葛で作った、特製くずもちのセット1500円

ぎおん徳屋

連日行列ができる花見小路の甘味処 祇園
行列覚悟の甘味処。本わらび粉と和三盆を丹念に練り上げた、むっちりとしたわらび餅が名物。洗練された明るい店内には舞妓さんのうちわが飾られている。
お品書き
◆ 本わらびもち 1200円
◆ わらびもち+本くずもちの合盛り 1300円
◆ 餅やきぜんざい 1000円

舞妓さんのお稽古表が書かれた黒板が目印

すてきpoint
コンロで焼いたお餅を、しるこや海苔など5種の味で。花見こもち1500円

吉祥菓寮 祇園 本店

自家焙煎したきな粉の甘さに魅了される 祇園
江戸中期創業の菓子舗が営む茶寮。風味豊かな自家焙煎のきな粉を使った生菓子やパフェが評判で、きな粉ファン増加中。10種類以上あるきな粉はおみやげにできる。
お品書き
◆ きな粉パフェゼリー 518円
◆ きなミス 486円
◆ 焦がしきな粉ロール 378円

古民家をリノベーション。2階がティールーム

すてきpoint
テーブルに用意されたきな粉はかけ放題。焦がしきな粉パフェ1080円

京都祇園 あのん 本店

進化するあんこから目が離せない 祇園
あん専門のスイーツ店。粒あんを生クリームと白あんで仕上げたモンブランのような「あんです」など、名パティシエとあんこのコラボスイーツが評判。愛らしいおみやげもそろう。
お品書き
◆ あんです 648円
◆ お菓子二種とドリンク 1200円
◆ 京おはぎ五色 648円

町家を改装した店内。ショップも併設

すてきpoint
最中にあんことマスカルポーネをサンド。絶妙な甘さの、あんぽーね648円

月ヶ瀬 祇園いちむら

京都人のご用達これぞ王道のあんみつ 祇園
「あんみつの月ヶ瀬」と愛され続けて4代目。なめらかなこしあんと、すっと口に入る寒天の上品な味わいに魅せられる。おしるこやところてん、冬限定の栗しるこもおすすめ。
お品書き
◆ 抹茶寒天パフェ 1080円
◆ 白玉しるこ 864円
◆ ところてん 754円

飾られたうちわは芸舞妓さんのひいきの証

すてきpoint
シンプル・イズ・ベスト。親子そろってのファンもいる、あんみつ810円

筆者:mapple

まっぷる京都’19

発売日:2018年01月11日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×