MAPPLE TRAVEL GUIDE国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

トップページ > 花かんろ

ハナカンロ

花かんろ

囲炉裏がある和室でくつろげる

北海道西部地区によく見られる和洋折衷の建物を利用しており、どこか懐かしい雰囲気。おすすめの抹茶白玉は、白玉や餡などすべて自家製で、ほどよい甘さがうけている。

住所
北海道函館市元町14-6(大きな地図で場所を見る)
電話
0138-22-9213
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで8分、末広町下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(L.O.)
休業日
不定休
料金
白玉クリームあんみつ=648円/抹茶白玉=648円/みつ豆=378円/お団子(1本)=108円/抹茶=540円/ほうじ茶(お茶の子付)=324円/ 平均予算(昼):800円, 平均予算(夜):800円
駐車場
あり | 台数:2台 | 無料
ID
1012044
エリア
全国 | 北海道 | 札幌・函館・旭川 | 函館・道南 | 函館・大沼 | 元町・函館山
テーマ
グルメ | カフェ | 和カフェ・甘味処
エリア × テーマ
全国 x 和カフェ・甘味処 | 北海道 x 和カフェ・甘味処 | 札幌・函館・旭川 x 和カフェ・甘味処 | 函館・道南 x 和カフェ・甘味処 | 函館・大沼 x 和カフェ・甘味処 | 元町・函館山 x 和カフェ・甘味処
エリア
全国 | 北海道 | 札幌・函館・旭川 | 函館・道南 | 函館・大沼 | 元町・函館山
テーマ
グルメ | カフェ | 和カフェ・甘味処
エリア × テーマ
全国 x 和カフェ・甘味処 | 北海道 x 和カフェ・甘味処 | 札幌・函館・旭川 x 和カフェ・甘味処 | 函館・道南 x 和カフェ・甘味処 | 函館・大沼 x 和カフェ・甘味処 | 元町・函館山 x 和カフェ・甘味処

同じエリアに関連する記事

函館グルメ【塩ラーメン】地元で愛される♪シンプルな味!

札幌の味噌、旭川の醤油と並び、北海道三大ご当地ラーメンのひとつである函館の塩ラーメン。シンプルな一杯だけに、店ごとのこだわりがストレートに表現される。

【函館市電】坂の街を走る絵になる風景♪

市電は函館市内の名所を効率よくまわることができる主要な交通手段。一方で、市民の足として暮らしに密接している。のんびり市電に揺られ、観光しながら函館市民の生活を感じてみたい。

【函館山夜景】世界三大夜景の見ごろ&スポットをチェック!

左右ともに大きくくびれた独特の形と、海に浮かぶ漁火、光と闇のコントラストが印象的な函館山からの夜景。観光施設のライトアップや幹線道路、港、漁火の明かりが漆黒の海を背景に浮かび上がる。ゆっくりながめるな...

函館【元町】個性あふれる雑貨探し♪お土産にもおすすめ!

元町には地元作家の個性的な小物や器を取り扱う小さなショップが多い。自分用にも、プレゼントにも最適なおみやげを手に入れよう。

函館市電の終着駅【函館どつく】周辺おすすめスポット!

元町の西端は昔からの住宅が残る閑静なエリア。海を見渡せる高台には、故国に帰れぬまま亡くなった外国人たちがひっそりと眠っている。

【函館山】100万ドルの夜景の楽しみ方!完全ガイド!

津軽海峡に突き出す格好で函館市街を見下ろす標高334mの函館山。薄暮の蒼いグラデーションや、晴れた日は津軽海峡や下北半島まで見渡せる昼の景色も素晴らしい。時間帯でまったく異なる表情を楽しめるのが函館山...

函館【元町】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【エキゾチックな街並みで散策&グルメを満喫】函館を最も象徴する元町・西部地区。坂道から街並みを眺めたり、歴史ある建築物を見学したり、異国情緒を存分に満喫できる。歴史ある建築物を見てまわったあとは、函館...

函館必食グルメ!【洋食】歴史に裏打ちされた味!

北海道でもいち早く洋食文化が根付いた街・函館。ハイカラな味に親しんできた函館っ子も認める名店を紹介。

函館【元町】坂のまち散歩♪教会エリアめぐり!

宗派の違う教会が隣り合って建つのは、居留地としての歴史をもつ函館ならでは。それぞれに異なる建築様式にも注目しよう。

×