コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  鎌倉【円覚寺】見どころ&基本情報をチェック!

鎌倉【円覚寺】見どころ&基本情報をチェック!

by fotolia - © oben901

by mapple

更新日:2018年6月22日

円覚寺

北条時宗が元寇襲来後戦没者を弔い建立した
鎌倉幕府が北条氏の執権政治となって安定した頃、日本は元寇襲来の局面を迎える。文永11(1274)年の文永の役、弘安4(1281)年の弘安の役である。8代執権北条時宗は、建長寺を創建した父時頼と同じく禅宗に深く帰依していた。元寇襲来では多数の戦死者を出し、その追悼のため、中国僧の無学祖元を招いて弘安5(1282)年に創建したのが円覚寺である。建長寺よりもさらに北方、鎌倉への北からの入口に当たる。外敵の侵入に目を光らせる役目もあった。この地に定めたのは、伝承によると、鶴岡八幡宮の八幡大神がシラサギに化し、現在の円覚寺の白鷺池へ案内したからという。創建時は現在の北鎌倉駅や鎌倉街道も含む一帯が境内だった。臨済宗円覚寺派の大本山で鎌倉五山の第二位。

知っ得

・北条時宗が元寇の戦没者追悼のために創建
・臨済宗円覚寺派の大本山で鎌倉五山の第二位
・舎利殿は神奈川県唯一の国宝建造物

拝観メモ

所要時間 60分
拝観料 300円、中学生以下100円※ICカードでの支払いが可能
拝観時間 8:00~16:30(12~2月は~16:00)
御利益 諸願成就、延命

拝観コース

三門

仏殿

方丈

妙香池

洪鐘

三門(山門)

夏目漱石の作品にも登場
格式高い二重門で、楼上には観音像や十六羅漢像などが安置されている。あらゆる執着を取り払って佛殿(涅槃・解脱)にいたる門。

by fotolia - © oben901

仏殿

木造の宝冠釈迦如来坐像
円覚寺のご本尊が祀られている。正式には大光明宝殿で、昭和39(1964)年に再建された。仏殿正面の文字は後光厳上皇直筆の写し。

方丈

100か所の観音を詣でる
約100体の小さな観音像が並んでいる。ここを詣でれば、100か所の観音詣での御利益があるという。ひとつずつ手を合わせる人も多いとか。

写経体験

方丈で写経会を開催。スケジュールはホームページなどを参照。費用1000円。

妙香池

境内では屈指の紅葉の名所
寝そべったトラの横顔に見えることから、虎頭岩と名付けられている岩がある。

by fotolia - © a_text

洪鐘

鎌倉三名鐘で鎌倉一大きい 国宝
国宝に指定されている梵鐘。正安3(1301)年、9代執権北条貞時の時代に、物部国光により鋳造された。高さ約2.6m、口径1.42m。

by fotolia - © a_text

舎利殿

建築意匠の技術をこの目で 国宝
日本屈指の禅宗様建築で、神奈川県では唯一の国宝建造物に指定されている。もともとは尼五山の第一位だった太平寺の仏殿だったものを移築したといわれ、建築時期は15世紀とされる。建物は詰組という屋根を支える構造材を密にした形式、花頭窓などの特徴をもつ。ふだんは非公開で、正月、5月連休、11月の宝物風入に一般公開されている。

by fotolia - © a_text

ここが必見
密度ある垂木の組み
軒は垂木を上下二段とし、密度ある組み方が見どころ
花頭枠と花頭窓
両脇の戸口を花頭枠、両端を花頭窓の中国風飾り

唐門

数々の彫り物に驚嘆する
江戸時代の建立とされる。彫り物がすばらしく、松と鳥、獅子やゾウ、竜、雲など、細部のこだわりに思わず見とれる。

扉の彫り物
扉にある龍や波濤などの躍動的な浮き彫りに注目しよう

総門

石段を上ると厳粛な空気
北鎌倉駅の改札口を出ると、目の前が総門にいたる石段。山号の「瑞鹿山」の額が掛かっている。後光厳天皇の宸筆といわれる。

居士林

毎週土曜は予約なしの坐禅会
毎週土曜日に「土曜坐禅会」が開かれる。参加は無料、予約も不要で体験できる。建物は東京・牛込にあった柳生家の剣道場を移築したもの。秋は紅葉が見事。

by fotolia - © oben901

坐禅体験

入れ替え制で、初めての人は13時20分~14時20分、2回目以降の人は14時40分~15時40分。

SNSにアップしたい季節の花々

三門裏など 2月中旬~3月中旬
境内のあちこちに梅の花が咲くが、三門裏の百観音周辺に多くの梅の木があり、見事な風景を見せる

アジサイ

方丈までの境内の各所 6月上旬~下旬
境内各所で見られるが、総門の建物とのコントラストがいい。方丈までの道沿いにさまざまな種類が咲く

総門下 4月上旬
総門の下あたりから三門にかけて、特に美しく、見応えがある。寺の周囲の山々に桜が開花した様も絶景だ

by fotolia - © Masahiro.Hamanaka

紅葉

総門から三門、妙香池 11月下旬〜12月中旬
全体が木に囲まれているので、迫力ある紅葉が楽しめる。三門の裏は巨木が多く、見逃せないポイント

by fotolia - © Rimana

祭事

年に一度の感動体験
●2月15日 涅槃会
●4月8日 降誕会(花まつり)
●6月上旬 夏期講座
●11月上旬 宝物風入
●11月28日 弁財天諷経
●12月8日 成道会

知ってなるほどヒストリー

明治になって円覚寺は大きな変化を余儀なくされる。明治22(1889)年に開通した横須賀線である。横須賀線は東京と軍港横須賀を結ぶ重要な路線だった。線路は円覚寺境内を横切り、鎌倉駅付近では段葛を寸断して引かれた。円覚寺の踏切、白鷺池、北鎌倉駅前の鎌倉街道にはそんな歴史がある。開通時に北鎌倉駅はなく、仮停車場として開業したのは昭和2(1927)年、正式な北鎌倉駅開業はそれから3年後のことである。

北条 時宗

ゆかり人
5代執権北条時頼の子で、時頼死亡のときはまだ13歳。文永5(1268)年に8代執権となる。弘安4(1281)年の元寇襲来を撃退した後に、円覚寺を創建した。墓堂は円覚寺仏日庵である。

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる鎌倉 江の島'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×