おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  名古屋駅近く注目の二大エリア【円頓寺・ささしま】チェック!

名古屋駅近く注目の二大エリア【円頓寺・ささしま】チェック!

名古屋駅近く注目の二大エリア【円頓寺・ささしま】チェック!

by mapple

更新日:2018年7月8日

ノスタルジックな商店街と町並みを散策できる円頓寺・四間道エリアと、グローバルゲート開業により「まちびらき」が宣言され注目を集めるささしまエリア。魅力あふれる2大エリアに足を運んでみて。

円頓寺・四間道エリア

Access

[交通機関で]
名古屋駅から一駅先の地下鉄桜通線・国際センター駅へ。2番出口を出て北へ徒歩5分

[徒歩で]
名古屋駅・ユニモール地下街U14出入り口を出て北へ徒歩10分

円頓寺・四間道ってこんなエリア

名古屋駅から徒歩でも行ける那古野・四間道は、土蔵や伝統的な建造物が今も残る町。下町の風情漂う円頓寺商店街では、夏の七夕まつりや秋のパリ祭も開かれる。

円頓寺・四間道ってこんなエリア
円頓寺・四間道ってこんなエリア

Cafe de Lyon

季節限定のパフェと本格ケーキ
運ばれてきた瞬間に歓声があがるほど大きくて美しいパフェと、手間ひまかけて作るスイーツが自慢。時期を問わず行列ができる人気店なので、予約をして訪れるのがベター。

Cafe de Lyon

フランス・リヨンのカフェの雰囲気を取り入れた店構え

Cafe de Lyon

左から、タルト・タタン・ラムレーズン1350円、冬~春限定の特選いちごづくしパフェ1540円とミルクティーオランジュ1510円

cafe de Lyonの詳細情報


住所
愛知県名古屋市西区那古野1丁目23-8
交通
地下鉄国際センター駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:00~18:30(閉店19:00)、土・日曜、祝日は9:00~17:30(閉店18:00)
休業日
水曜、第2・4火曜

フランス焼菓子CHANDERIER

フランスの伝統菓子をオリジナルレシピで
フランスの製菓学校で学んだ女性オーナーのお店。遠方から足を運ぶファンも多数。定番のタルトや焼菓子のほか、季節限定商品も味わいたい。

フランス焼菓子CHANDERIER

グレープフルーツのタルト702円。紅茶は小菓子付きで918円~

フランス焼菓子CHANDERIER

ファーブルトン1個302円。「ブルターニュのお粥」という意味の焼菓子

フランス焼菓子 CHANDERIERの詳細情報


住所
愛知県名古屋市西区那古野1丁目34-14
交通
地下鉄国際センター駅から徒歩6分
営業期間
通年
営業時間
11:00~18:00、イートインは~17:00、土・日曜は~17:00、イートインは~16:00
休業日
月・火曜

月のののうさ

温もりを感じるオリジナル雑貨
木・布・紙を中心に雑貨や衣類を販売。着物の生地を利用した小物や、木を使ったアクセサリー、ハンドメイドのはんこなど一点もののアイテムも多い。

月のののうさ

商店街の履きもの店の一角で営業

月のののうさ

名刺入れ各864円

月のののうさの詳細情報


住所
愛知県名古屋市西区那古野1丁目6-10
交通
地下鉄国際センター駅から徒歩6分
営業期間
通年
営業時間
11:00~19:00
休業日
火・水曜

芒種

素朴な味わいの天然酵母のパン
国内産小麦と自家製天然酵母、オーガニック素材を中心に使った15種類ほどのパンが並ぶ。卵や乳製品不使用など、多くの人に親しまれるパン作りがモットー。

芒種

白い壁にBREADの文字が目印

芒種

クランベリー(ハーフ)230円

筆者:mapple

まっぷる名古屋’19

発売日:2018年04月10日

Amazonで購入する
この記事の出典元は「まっぷる名古屋'19」です。掲載した内容は、2018年1月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×