コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【会津若松】和モダン雑貨♪日常を彩るお土産探し!

【会津若松】和モダン雑貨♪日常を彩るお土産探し!

by mapple

更新日:2018年8月31日

伝統工芸の技が息づく会津には、その技術をモダンにアレンジしたステキな雑貨がたくさん。プレゼントにもぴったり!

会津慶山焼

使うほどに味が出る会津伝統の焼物
安土桃山時代に鶴ヶ城の屋根瓦を焼いていた歴史ある窯元。ケヤキの灰から発色させる伝統の器は、やわらかな色彩で使うほどに色が深まる。普段使いに長く使える。

店内には器がズラリ。隣に体験工房がある

ワインカップ(ブルーのみ2700円)各1944円
手になじむ自然なフォルム。冬のホットワインに使いたい一品。

コーヒーカップ(ねじり手)(ミルクピッチャー540円、スプーン302円)2484円
土肌がアクセント。ねじり手の取手は指の掛かりがよく持ちやすい。

坂本これくしょん

感性豊かでモダンな会津塗の数々
モダンなギャラリーのような店内に、デザイナーの坂本理恵さんの漆のアクセサリーやバッグが並ぶ。従来の漆工芸のイメージにはない独創的な漆グッズに出会える。

明治時代の重厚な土蔵造りの建物を利用

手鏡(小)各2160円
蒔絵でうさぎをあしらった手鏡。お月様のような金粉があでやか。

ペンダント「木の実」<朱色> 1万5120円
ピアス「華雫」<朱色>1万4040円

朱色の漆が髪や肌、洋服に映える。軽くてつけ心地もいい。

山田木綿織元

素朴で優しい風合いの会津木綿
明治38(1905)年創業の会津木綿織元。工房では昔ながらの織機で、職人が伝統の縦縞から新柄まで生み出している。ショップには色合いが美しい小物や衣服が並ぶ。

昭和初期から豊田式カ織機で織っている

リバーシブルミニ手提げ 2200円~
B5サイズのバッグは棒縞と無地を貼り合わせ表裏2種類のバッグに。

矢鱈縞のミニポーチ 2000円
4種類の縦糸と1種類の横糸で織った矢鱈縞がキュート。

会津木綿のクマ 3000円~
山田木綿織元オリジナルの棒縞をまとった愛らしい手作りクマ。

会津木綿ってどんな織物?

江戸時代から作られている縦縞が特徴的な織物。綿花栽培の北限で糸が強く、厚手で丈夫にできたため、普段着や作業着として使われていた。現在、会津若松市の織元は2社のみ。伝統の地縞の藍以外にも明るい色が増えている。

会津のうつわ 工房鈴蘭

伝統の漆塗りの技術を現代風にアレンジ
「かわいい漆器」をコンセプトに、ガラスに漆を塗った商品を中心に、カラフルな工房鈴蘭オリジナルの器がそろう。

贈り物にも喜ばれる楽しい器がいっぱい

お月見グラス(小)各2592円
お月様をイメージした丸い窓付き。飲み物によって表情が変化する。

筆者:mapple

まっぷる福島 会津・磐梯’19

発売日:2018年02月14日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる福島 会津・磐梯’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×