コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【会津若松】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

【会津若松】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

by mapple

更新日:2018年9月7日

ACCESS

【鉄道】
郡山駅
⇩ JR磐越西線 所要時間/1時間5~20分
会津若松駅

【車】
会津若松IC
⇩ 121号線 49号線 121号線 所要時間/10分
会津若松市街

問い合わせ
0242-39-1251(会津若松市観光課)

岩代国一之宮伊佐須美神社

霊験あらたかな強運守護の神様
「会津」の地名の由来が伝わる古社で、名神大社・奥州二之宮・会津総鎮守として県内外の人々から崇敬されている。ご神木の薄墨桜は香りがよく、名木として知られる。6月にあやめ祭り、7月に日本三田植に数えられる御田植祭も。

荘厳なたたずまいの楼門は14mもの高さで圧巻

by pixta

古くから強運守護の神様として尊崇を集めている

by pixta

薄墨桜は伊佐須美神社のご神木。会津五桜の第一で、学名はアイヅウスズミ

福島県立博物館

福島の歴史や自然、文化を学ぶ
原始時代から近・現代までの暮らしぶりを紹介する総合展示室や、民俗、自然、考古をテーマにした部門展示室がある。大規模な企画展や、小・中規模のテーマ展やポイント展も開催する。

歴史的景観に配慮して建てられた建物も印象的

会津町方伝承館

会津観光の情報はここで集めよう
会津漆器、赤べこ、会津木綿など、会津の伝統的工芸品や特産品を展示、販売する。地図やパンフレットもそろっているので、散策前に立ち寄ってみよう。レンタサイクルも行なっている。

2階の展示室では工芸品などの展覧会が開かれる

末廣酒造

重厚な蔵を見学し銘酒をみやげに
嘉永3(1850)年創業の酒蔵。明治、大正と時代が異なる造り蔵が連なる嘉永蔵は重厚な風情。会津の契約栽培米を使い、地元の伏流水で仕込んだ会津杜氏の酒は、全国的にも評判だ。

伝統的な酒造りの道具が並ぶ展示室

やすらぎの郷会津村

6万坪の広さを誇る花庭園が見事
高さ57mの会津慈母大観音を中心に、梅、桜、ツツジ、蓮、秋の紅葉と、四季を通して庭の移り変わりが楽しめる。展望台からは会津盆地を見渡すことができる。パワースポットとしても人気。

大庭園には季節ごとにたくさんの花が咲き乱れる

[旅ネタ! ]会津を築いた戦国武将、蒲生氏郷はどんな人?

近江出身の蒲生氏郷は、織田信長、豊臣秀吉のもとで活躍した戦国武将。秀吉により会津へ移封され領主となった。氏郷は会津若松の基礎を固めたほか、漆器や酒、ろうそくなどの産業を発展させ、文化面でも功績を残した。墓前には「かぎりあれば吹かねど花は散るものを心みじかき春の山風」の辞世の歌碑が立つ。

蒲生氏郷の墓は興徳寺内の五輪塔

リストランテ パパカルド

地元産の食材でイタリアンをいただく
地元で採れた新鮮な野菜や果物をたっぷり味わえるイタリアンが人気。シェフの奥さんの実家、北塩原村など地元産の野菜を使った料理は、どれも食材の旨みが存分に味わえる仕上がりだ。

三島産会津地鶏のディアボラ。コースの一部でプラス600円(ランチは要予約) 

白が基調の落ち着いた店内

野菜レストラン ポタジエ

野菜の食感や旨みを堪能しよう
会津の食材にほれ込んだオーナーが作るイタリアン。野菜本来の味わいを大切にして化学調味料は一切使用しない。盛り付けの美しさも楽しみたい。席に限りがあるのでできれば予約を。

盛り付けられた料理の彩りの美しさにも目を奪われる

brasserie 厨

旬のおいしい野菜をフレンチに
フォアグラやイベリコ豚、チーズなどの洋の食材と旬の野菜を使い、会津らしいフレンチに仕上げた滋味あふれる料理が味わえる。テーブルに並ぶ会津塗のカトラリーも美しい。

市場から届く鮮魚も香り豊かな料理に仕上げられる

Teppanyaki あいづ家

五感で味わう会津の旬
福島牛や会津地鶏、会津伝統野菜、新鮮地場野菜など、さまざまな食材を目の前で焼き上げる鉄板焼のレストラン。会津の旬を五感で感じられるメニューがそろう。

素材本来の旨みを堪能

カウンターの目の前で焼き上げる

古民家レストラン 独鈷

自家野菜と自然薯料理を味わう
築150年以上の古民家を再生した店内は、懐かしさを感じる落ち着いた雰囲気。メニューはコースのみで、旬の食材にこだわり、毎朝、独鈷農園で採れた新鮮な野菜を使った料理が並ぶ。

コースの内容は季節ごとに替わる

鶴ヶ岡茶寮

鶴ヶ城のあとはしっとり和食を堪能
鶴ヶ城から徒歩5分、茅葺きの門が目印。庭園を望む落ち着いた空間で、郷土料理や会席料理が楽しめる。ランチは6品にデザート付きの利休弁当がおすすめ(20食限定)。みやげ用の鯟山淑漬も人気。

献立と器は月ごとに替わる。料理で季節感も楽しみたい

桐屋 夢見亭

そば通をうならせる飯豊権現そば
只見町の曲がり屋を移築した風情ある店。自家製粉した会津産のそば粉を使用する。一番粉で打つ飯豊権現そば(限定品)のほか、そばを飯豊山霊水だけで食す夢見そばも試してみたい。

透き通るように白く、歯ごたえのある飯豊権現そば

一風亭

会津の牛乳を使った会津白べこラーメン
会津で30年以上前に誕生したといわれる、牛乳を使ったラーメン。現在、新たな会津名物として、会津若松市内を中心に15店舗で会津産の牛乳を使った「会津白べこらーめん」を提供する。

牛乳を使ったスープは濃厚でクリーミーな味わい

本丸茶屋

会津の郷土おやつでひと休み
鶴ヶ城そばの茶屋。気軽に食べられる天ぷらまんじゅうは、あん入りのまんじゅうを揚げた会津の郷土おやつ。肉の量によって3種類を用意するソースカツ丼や焼きだんごもおすすめ。

衣をまぶしてカリッと揚げた天ぷらまんじゅう

AdoriA北出丸カフェ

鶴ヶ城のそばで本格コーヒーを
鶴ヶ城の入口に建つカフェ。上質な木がふんだんに使われたぬくもりあふれる店内で、こだわりのコーヒーやデザート、食事がゆったり楽しめる。春には、テラス席の目の前に北出丸の桜が広がる。

特製シフォンケーキとともにコーヒータイム

春は目の前に桜が広がる特等席に

会津葵シルクロード文明館

エキゾチックなお茶の時間を過ごす
老舗菓子店「会津葵 本店」に近接するカフェ。民家の古材や耐火レンガを3万個使った重厚な造りが印象的だ。カステラ生地にこしあんが入った銘菓「会津葵」をトルプチャイといただける。

トルプチャイは、遊牧民が飲む塩味のミルクティー

太郎焼総本舗

大正時代の蔵でいただく大判焼
独自にブレンドした粉を使った生地に、北海道十勝産の小豆を使った自家製あんがたっぷり入った太郎焼。大正の蔵を利用した店の2階にはカフェスペースもあり、できたてをいただける。

こんがり焼いた生地の中に自家製あんがたっぷり

大正時代の蔵を改築したモダンな店内

会津のべこの乳 アイス牧場

会津産の新鮮な生乳から作る乳製品
会津磐梯山周辺の酪農家から搾りたての生乳を仕入れ、生乳本来の風味を生かした、こだわりの乳製品が人気。市内各地のスーパーやみやげ物店でも販売され、地元ではおなじみ。

会津のべこの乳(左)、べこの乳発コーヒー特急(右)

べこの乳発 会津の雪(無糖)

美工堂

会津の伝統が光る雑貨が充実
全国から集めた和モダンな雑貨を取りそろえたセレクトショップ。併設する蔵を生かしたギャラリーには、漆塗りをはじめ、会津の伝統の技をセンスよくアレンジした雑貨が並ぶ。

ノダテマグは、天然木に漆を塗ったマグカップ

蔵造りの店。奥のガラス張りの建物も目を引く

白木屋漆器店

瀟洒な洋館で職人の手仕事にふれる
約300年前に創業された老舗漆器店。店内には食器からアクセサリーまで、1000種類以上の会津漆器がそろう。七日町通りに面した建物は大正3(1914)年に竣工した土蔵造りだ。

ルネサンス様式を取り入れた土蔵造りの洋館は大正時代の建築

樹ノ音工房

400年の歴史を持つ会津本郷焼に出会う
東北最古の焼き物である会津本郷焼の伝統を守りながら、現代に合った器造りをめざす窯元。陶土に白泥をかけて焼く器は、あたたかみのある白色が印象的。姉妹店の「cafe+gallery yuinoba」は土・日曜、祝日のみ営業。

土のぬくもりとモダンさが融合した器たち

會津 宮泉酒造

會津清酒と本格焼酎の醸造元
昭和30(1955)年創業。會津清酒「會津宮泉」「寫樂」、本格焼酎「玄武」の醸造元。売店では、蔵で醸造した清酒と本格焼酎の試飲ができ、会津の地場産品も取りそろえている。

鶴ヶ城のすぐ近くに位置し、北出丸大通りに面する

老舗で漆器の魅力に触れよう

ぬり一 七日町店

気軽に立ち寄れる老舗漆器店
店頭には会津の民芸品も並び、入りやすい雰囲気。伝統の会津漆器からアイデアあふれるアイテムまで所狭しと並ぶ。

縁起物の裏干支をあしらった箸や椀はおみやげに人気

鈴木屋利兵衛

温かみある会津漆器と民芸品
黒漆喰が美しい蔵の中には、松竹梅や菊絵など伝統的模様「会津絵」を施した重箱やワインカップ、椀などが並ぶ。

日用品から高級品までそろう

ぬりの辻・鈴善漆器店

手軽なものから高級品まで
創業天保3(1832)年の歴史ある漆器店。作家物の高級品から現代風のデザインのものまで幅広く取りそろえる。

手ごろな価格のものから高級品まで並ぶ

まちなかライトアップ

7〜11月の日没〜21:00、市内の歴史的建造物や酒蔵などの建物が美しくライトアップされ、夜の城下町散策が楽しめる。
0242-39-1251(会津若松市観光課)

筆者:mapple

まっぷる福島 会津・磐梯’19

発売日:2018年02月14日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる福島 会津・磐梯’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×