「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

 >  >  >  >  >  >  【福島】こんなとこ!主要エリア&基本情報をチェック!

【福島】こんなとこ!主要エリア&基本情報をチェック!

【福島】こんなとこ!主要エリア&基本情報をチェック!

mapple

更新日:2018年8月31日

全国で3番目の広さを誇る福島県。歴史と豊かな自然が残る会津・磐梯や、交通の要衝である福島タウン・郡山、太平洋に面したいわきなど、おもなエリアの特徴をご紹介!

福島ってこんなところ

全国で3番目の広さを誇る

周囲を太平洋および6県と接する福島県の面積は1万3783.74㎢。北海道、岩手県に次いで全国で3番目の広さを誇る。

大きく会津地方、中通り、浜通りに分かれる

県を南北に連なる阿武隈高地と奥羽山脈によって、西から会津地方、中通り、浜通りに分けられ、気候が大きく異なる。

いたるところに温泉が湧く

県内のいたるところに温泉が湧いている福島県。千年以上の歴史を誇る名湯から山深い秘湯まで、バラエティ豊かな温泉がそろう。

ふくたび Q&A

Q マストスポットはどこ?

A.城下町・会津若松での歴史散歩や、磐梯高原でのリゾート体験、大内宿での宿場町歩きがとくに人気。三春滝桜など花スポットもおすすめ。

Q マストスポットはどこ?

美しい湖沼が点在する磐梯高原

Q マストスポットはどこ?

動乱の歴史の舞台となった鶴ヶ城

Q 旅行は何日必要?

A.行きたいエリアを絞れば1泊2日でも十分楽しめる。いくつかのエリアを周遊するなら2泊3日は必要。各地に温泉が湧くので温泉地を拠点にするのもいい。

Q 移動手段はどうする?

A.行き先にもよるが、県内を効率良く周遊するなら車の利用が便利。電車やバスを利用するなら、本数が少ないので事前に時刻表をチェックしておこう。

福島タウン

フルーツと温泉が豊富な福島の中心地
街のシンボル、信夫山や阿武隈川など、豊かな自然に囲まれた福島県の県庁所在地。温泉地が点在していて湯めぐりにも最適。桃や梨など、フルーツの里としても知られる。

福島タウン
by pixta

さまざまな花が咲き誇る春の花見山

福島タウン

円盤状のふくしま餃子は酒のつまみ

いわき

レジャー施設が充実のシーサイドエリア
スパリゾートハワイアンズをはじめ、ファミリーに人気のエンタメスポットが充実している。東北の中でも温暖な気候で、海沿いらしい爽やかな休日をたっぷり楽しめる。

いわき

常夏気分を味わえるスパリゾートハワイアンズ

いわき

アクアマリンふくしまで生き物に触れる

郡山・白河

みちのくの玄関口で観光の拠点
福島の経済と流通の主要都市である郡山は、県内を縦横に走る交通網の中心で、観光の拠点としても便利。白河関がおかれた白河は、歴史ある街で南東北の玄関口だ。

郡山・白河

樹齢が1000年を超える三春滝桜

郡山・白河
by pixta

各店がこだわりの白河ラーメンを提供

磐梯高原・猪苗代

自然が豊かな高原リゾートエリア
磐梯山を中心に手付かずの大自然が広がる。絶景を眺めながらドライブしたり、高原や湖でアウトドアレジャーが楽しめる。のんびりとリゾート気分を満喫するにはぴったり。

磐梯高原・猪苗代

絶景が続く3つのドライブルート

磐梯高原・猪苗代

高原のカフェで贅沢なひととき

会津若松

歴史に彩られた城下町
街には白虎隊や新選組で知られる戊辰戦争の跡地が多く残り、激戦が繰り広げられた幕末の歴史を今に伝えている。城下町がはぐくんだ工芸品や郷土料理もチェックしてみよう。

会津若松

赤瓦が美しい鶴ヶ城は街のシンボル

会津若松

山深い会津ならではの郷土料理

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる福島 会津・磐梯’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×