コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【会津若松】おすすめ日帰りプラン!レトロさんぽが楽しい♪

【会津若松】おすすめ日帰りプラン!レトロさんぽが楽しい♪

by mapple

更新日:2018年8月31日

会津若松おすすめ日帰りプラン

はずせない見どころは鶴ヶ城。2018年は戊辰戦争から150周年なので、飯盛山へも足を延ばしてみよう。七日町通り周辺が会津観光のメイン。グルメやおみやげ探しを楽しんで。

START 会津若松駅

⇩ まちなか周遊バス「あかべぇ」で5分 飯盛山下下車

1 飯盛山

白虎隊が自刃した悲劇の地。お参りをしたあとは、重文の会津さざえ堂の中にも入ってみよう。

⇩ 「あかべぇ」で19分 徒の町下車

2 会津のご当地グルメ

ランチはボリューム満点の白孔雀食堂の会津ソースカツ丼はいかが。そばや郷土料理もおすすめ。

⇩ 「あかべぇ」で7分 鶴ヶ城入口下車

3 鶴ヶ城

赤瓦の天守閣が美しい街のシンボル。一帯は鶴ヶ城公園として整備され、見どころも多い。

春は桜に包まれてさらに美しい姿を見せる

鶴ヶ城ライトアップ

夜の鶴ヶ城を照らすライトアップ「会津うつし鏡」。豊富なグラデージョンカラーで天守閣を幻想的に演出する。季節や行事で彩りが変わるので一年を通して楽しめる。日没後~21時頃。

春は桜の透かし模様が浮かび上がる

⇩ 「あかべぇ」で10分 鶴ヶ城入口から七日町駅前下車

七日町駅前

⇩ 徒歩

4 七日町通り&野口英世青春通り

レトロな雰囲気の通りには漆器店や酒蔵、和菓子店、カフェなどが並ぶ。脇道もぶらりと歩こう。足を延ばして縁起物の店や和雑貨店へ行くのもいい。

縁起物もおみやげに

会津スイーツも忘れずに

⇩ 徒歩

5 レトロなカフェでお茶

街並みに合ったカフェが点在する会津若松。アンティークな雰囲気が落ち着く三番山下でお茶を。

⇩ 徒歩15分

GOAL 会津若松駅

街歩きのヒント

便利な乗り物はコレ!

まちなか周遊バス 「ハイカラさん」「あかべぇ」

JR会津若松駅を起点に、おもな観光スポットを循環。西側からまわる「ハイカラさん」と、東側からまわる「あかべぇ」の2つのルートがあり、30分間隔で運行する。1回乗車210円、1日フリー乗車券600円。

0242-22-5555(会津バス若松営業所)

城下町レンタサイクル

鶴ヶ城、飯盛山、国指定名勝 会津松平氏庭園 御薬園、会津町方伝承館にあるステーションで自転車の貸し出しをしている。ステーションであれば、どこに乗り捨ててもOK。台数が限られているので予約がおすすめ。

4月上旬~11月、9:00~16:00
1日500円

幕末のキーパーソンとアプリで記念撮影!

戊辰150周年記念の無料アプリ『AR幕末の会津若松』が登場。インストール後、「鶴ヶ城天守閣」「鶴ヶ城本丸跡前」「日新館跡」「西郷頼母邸跡」「飯盛山」に設置されているARマーカーを読み込むと、VRに登場したキャラクターが画面に現れ、スマートフォンで景色と一緒に撮影できる。コンプリートして、SNSにアップするのも楽しい。

QRコードまたは各種ストア(App Store、Google Play)からダウンロード

0242-39-1251(会津若松市観光課)

このスポットで読み込むと

リアルな飯盛山の景色の中に、白虎隊の篠田儀三郎が!

筆者:mapple

まっぷる福島 会津・磐梯’19

発売日:2018年02月14日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる福島 会津・磐梯’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×