トップ >  九州・沖縄 > 沖縄 > 沖縄本島・慶良間諸島 > やんばる > 

【沖縄】初めての「やんばる」1DAYドライブ ~さあ、世界遺産へ行ってみよう~

エディターズ

更新日: 2021年8月19日

この記事をシェアしよう!

【沖縄】初めての「やんばる」1DAYドライブ ~さあ、世界遺産へ行ってみよう~

沖縄本島の北部は「やんばる」と呼ばれていて、なかでも国頭村、大宜味村、東村の3村は世界自然遺産登録され、おおいに盛り上がっているエリアです。

やんばるは紺碧の海と緑豊かな亜熱帯の森が広がり、ヤンバルクイナやノグチゲラといった希少な生き物たちの宝庫となっています。

マングローブやヘゴが群生する川や山など、雄大な自然を感じるネイチャースポットも豊富です。

また、森や海をめぐるロングドライブや緑に囲まれたグルメスポットでひと休みするのもオススメです。

沖縄に行ったことはあるけど、やんばるはまだ、という人にぴったりの1DAYドライブプランを紹介します。

【沖縄やんばるドライブ】これが王道! 1DAYプラン

手つかずの大自然に囲まれたやんばるのスポットをめぐるドライブプランがこちらです。海沿いの道を走る区間が多く、沖縄本島中南部の海岸線とは違った荒々しい海模様が楽しめます。

やんばるエリアはガソリンスタンドが少ないので満タンにしてでかけましょう。

【1DAYドライブプランはこちら】走行距離140km・所要時間10時間5分)

  • STRAT!
  • 8:45    許田IC(沖縄自動車道)
  • ↓  31km、1時間15分
  • 10:00  慶佐次湾のヒルギ林
  • ↓  12km、30分
  • 11:30  (ランチ)道の駅 おおぎみ・やんばるの森ビジターセンター
  • ↓  33km、1時間20分
  • 13:20  茅内バンタ
  •   2km、5分
  • 13:40  大石林山
  •   2km、5分
  • 14:40  辺戸岬
  • ↓  2km、5分
  • 15:30  ヤンバルクイナ展望台
  • ↓  21km、50分
  • 16:40 (おみやげ)道の駅 ゆいゆい国頭
  • ↓  37km、1時間30分
  • 18:50 許田IC
  • GOAL!

【沖縄やんばるドライブ】みずみずしい緑が広がる沖縄本島随一のマングローブ「慶佐次湾のヒルギ林」

【沖縄やんばるドライブ】みずみずしい緑が広がる沖縄本島随一のマングローブ「慶佐次湾のヒルギ林」
公園内の展望台からヒルギ林を見渡せる

許田ICからまずは東海岸の東村へ車を走らせましょう。

慶佐次川河口に長さ1km、幅200mにわたって広がるマングローブ(ヒルギ林)で、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギを見ることができます。国の天然記念物に指定されていて、周辺は東村ふれあいヒルギ公園として整備されています。

慶佐次川の河口から上流に向かって、間近にマングローブを観察できるカヌーツアーが人気となっています。

慶佐次川沿いに広がるマングローブ

カヌーツアーを楽しむ人たちの姿が見られることも

慶佐次湾のヒルギ林

住所
沖縄県国頭郡東村慶佐次東村ふれあいヒルギ公園周辺
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道14号、国道331号を慶佐次方面へ車で33km
料金
情報なし

【沖縄やんばるドライブ】やんばる3村の観光拠点が大宜味村に集結「道の駅 おおぎみ・やんばるの森ビジターセンター」

【沖縄やんばるドライブ】やんばる3村の観光拠点が大宜味村に集結「道の駅 おおぎみ・やんばるの森ビジターセンター」
施設内にはレンタサイクルやアクティビティの受け付け窓口も設置されている

マングローブの緑の世界を堪能したあとは、大宜味村にある道の駅へ。大宜味村はもちろん、東村、国頭村の観光情報もそろう観光拠点施設となっています。

施設内にはやんばるの大自然を迫力映像で楽しめる「ドームシアター」があるほか、野菜やフルーツなどの特産品を販売する売店、スイーツやバーガーを取りそろえるパーラーやレストランがあり、やんばるドライブ途中の休憩や食事にもおすすめのスポットです。

こちらでランチを楽しんで、国頭村へ向かいましょう。

パーラーで販売されているシークヮーサーチーズバーガー550円

やんばる産の特産品や加工品が充実している売店

道の駅 おおぎみ

住所
沖縄県国頭郡大宜味村津波95
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を大宜味方面へ車で23km
料金
施設により異なる

【沖縄やんばるドライブ】断崖から青く澄んだサンゴ礁の海が眼下に広がる「茅打バンタ」

【沖縄やんばるドライブ】断崖から青く澄んだサンゴ礁の海が眼下に広がる「茅打バンタ」
断崖からは息をのむ景色が広がる

一気に沖縄本島最北部へ進み、茅打バンタへ。国頭村にある高さ80mを越える断崖の展望スポットで、眼下に美しい海を望むことのできる景勝地です。

「バンタ」とは崖の意味で、束ねたカヤを落とすと、吹き上げる強風でバラバラになったことから名がついたといわれています。周辺は展望台となっていて、晴れた日には伊平屋島や伊是名島まで一望できます。

展望台からの景観は圧巻

茅打バンタ

住所
沖縄県国頭郡国頭村宜名真
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を国頭方面へ車で57km
料金
情報なし

【沖縄やんばるドライブ】足もとに刻まれた古の記憶をたどる「大石林山」

【沖縄やんばるドライブ】足もとに刻まれた古の記憶をたどる「大石林山」
熱帯カルスト地形のさまざまな特徴が見られる

茅打バンタからすぐの場所にある、古くから聖なる地と伝えられている大石林山。2億5000万年の歳月を経て姿を現した奇岩が林立する絶景が広がります。トレッキングが楽しめるコースが整備されていて、やんばるの自然や琉球神話について学べるガイドツアーが人気です。

日本最大級の巨大ガジュマル

「沖縄の石」をテーマにした、沖縄石の文化博物館を併設

大石林山

住所
沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を国頭方面へ車で56km
料金
大人(15歳以上)1200円、小人(4歳~14歳)550円、シニア(65歳以上)900円/スピリチュアルガイドツアー(約2時間(11:00~)、4000円(入山料、保険料込)、4歳以上、通年、前日までの予約制)

【沖縄やんばるドライブ】隆起サンゴ礁の断崖絶壁から海のかなたを望む「辺戸岬」

【沖縄やんばるドライブ】隆起サンゴ礁の断崖絶壁から海のかなたを望む「辺戸岬」
岬から透明度の高い海を望む

辺戸岬は、太平洋と東シナ海を眺めることができる沖縄本島最北端の岬です。天気のいい日には、海の向こうに与論島まで見わたすことができます。

岬の先端はかつて本土復帰を願ってのろしを上げた場所で、歴史を刻んだ祖国復帰の碑が建てられています。遊歩道や「辺戸岬観光案内所HEADLINE」の展望台で雄大な景色を満喫することができます。

岬には沖縄と与論島との友好を記念した像が建つ

観光案内所やカフェ、展望台を備えた、辺戸岬観光案内所HEADLINE

辺戸岬

住所
沖縄県国頭郡国頭村辺戸
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を国頭方面へ車で59km
料金
情報なし
1 2

やんばるの新着記事

沖縄の大宜味村を観光!シークヮーサー&ランチ&道の駅を徹底紹介♪

2021年に世界自然遺産に登録された、沖縄本島北部・やんばる地域にある大宜味村。 「日本一長寿宣言の村」であり、シークヮーサーの産地としても知られています。 シークヮーサーはみかんのように食べたり...

新たな世界遺産登録で注目が集まる「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」を大紹介

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」が、2021年7月ついに世界自然遺産への登録されました。 2003年5月の候補地選定からその動きがスタートし、2016年2月のユネスコ世界遺産センター...

【沖縄】やんばる観光スポット20選~大自然が魅力!沖縄の世界遺産へ~

2021年7月に世界自然遺産への登録された「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」。 そのなかでも沖縄島北部に含まれる大宜味村、東村、国頭村は世界的に貴重な亜熱帯照葉樹林の森で希少な動植物が...

【沖縄やんばる】とっておきの穴場スポット10選 ~大自然に囲まれた「やんばる」が世界遺産に!~

沖縄本島北部の国頭村、大宜味村、東村の周辺は「山原(やんばる)」と呼ばれ、亜熱帯植物が生い茂り、希少な生き物が暮らす森が広がっています。 先人たちがたいせつに守ってきた奇跡の森は世界に認められ、...

【沖縄】やんばるで夏いちばんのネイチャー体験10選 ~新たに登録された世界遺産を大満喫しよう~

世界自然遺産登録で大いに盛り上がっているのが、沖縄本島北部に位置するやんばるエリアです。 カヌーに乗ってマングローブを進むツアーやジャングルを歩くトレッキング、やんばるの海を楽しむシュノーケリン...

ガイドブック編集者が本気で選んだ!沖縄のおすすめスポットランキングベスト10

ビーチリゾートとして、また、日本に居ながらにしてエキゾチックな文化も味わえる場所として、沖縄は人気観光地ランキングの上位にいつもランクインしています。 何度も沖縄を訪れる方も増えており、知られざるお...
もっと見る

岡山と沖縄にオフィスを構える、キャリア約30年の編集プロダクションです。旅行情報やタウン情報を中心に約1万件を超える取材や執筆の実績があります。旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」や「ことりっぷ」で岡山・四国・沖縄エリアの編集を担当しています。
旅好きな全スタッフがさまざまなアンテナを張りめぐらして情報を収集・編集し、「思わず旅に出たくなる」記事をお届けしていきます。