トップ > 九州・沖縄 > 沖縄 > 沖縄本島・慶良間諸島 > やんばる > 

新たな世界遺産登録で注目が集まる「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」を大紹介

エディターズ

更新日:2021年8月25日

この記事をシェアしよう!

新たな世界遺産登録で注目が集まる「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」を大紹介

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」が、2021年7月ついに世界自然遺産への登録されました。

2003年5月の候補地選定からその動きがスタートし、2016年2月のユネスコ世界遺産センターへ暫定リスト提出、2018年に一度は登録延期を勧告されましたが、内容を修正することによって再度推薦され、新型コロナウイルス感染症の流行による世界遺産委員会開催の1年延期を経て、今回の登録となりました。

そんな世界自然遺産登録目前で盛り上がる4エリアの押さえておきたいポイントと観光スポットをご紹介。

世界が認めた大自然を満喫できるエリアへ出発しましょう!

※各施設の営業状況は、状況により変更する可能性があるため、随時公式ホームページをご確認ください。

【世界遺産登録エリア】まずは各島々の位置関係をチェックしてみましょう

【世界遺産登録エリア】まずは各島々の位置関係をチェックしてみましょう
出典:環境省沖縄奄美自然環境事務所ホームページ

「奄美大島」ってこんなところ!行ってみたいおすすめスポット4

「奄美大島」ってこんなところ!行ってみたいおすすめスポット4

奄美群島最大の島である奄美大島は、古の時代に大陸から離れてできた島で、独自に進化した固有種が生息しています。島の中南部は多くが山林となっていて、亜熱帯性広葉樹林や熱帯系の樹林などが豊かな森を形成。金作原(きんさくばる)原生林や国内第2位の規模を誇るマングローブ原生林などを見ることができます。

【奄美大島のおすすめスポット①】カヌーに乗ってマングローブのトンネルを進もう「黒潮の森マングローブパーク」

【奄美大島のおすすめスポット①】カヌーに乗ってマングローブのトンネルを進もう「黒潮の森マングローブパーク」

国内第2位の規模を誇る奄美のマングローブ原生林です。枝や根元には小さなカニなどたくさんの生き物が生息しています。初心者でも安心して楽しめるカヌーツアーが設定されていて、マングローブのトンネルを進むことができます。

黒潮の森マングローブパーク

住所
鹿児島県奄美市住用町石原478
交通
名瀬市街からしまバス古仁屋行きで35分、マングローブパーク下車すぐ
料金
入場料=500円/カヌー(1時間)=1500円(器材一式レンタル込、入場料は別途500円)/

【奄美大島のおすすめスポット②】手つかずの自然が残る原生林を歩こう「金作原原生林」

【奄美大島のおすすめスポット②】手つかずの自然が残る原生林を歩こう「金作原原生林」

奄美大島のほぼ中央に広がる金作原原生林は、太古の恐竜時代を彷彿とさせる亜熱帯植物の宝庫です。散策ツアーもあり、往復約2kmの道中、経験豊富なガイドさんから珍しい動植物の名や生態、知る人ぞ知るパワースポットなどを案内してもらうことができます。

金作原原生林

住所
鹿児島県奄美市名瀬朝戸石峰山原
交通
名瀬市街からタクシーで1時間
料金
情報なし

【奄美大島のおすすめスポット③】奄美大島の豊かな自然が一望できる山頂の展望台「高知山(こうちやま)展望台」

【奄美大島のおすすめスポット③】奄美大島の豊かな自然が一望できる山頂の展望台「高知山(こうちやま)展望台」

奄美大島南部にある展望台で、複雑に入り組んだ湾や海、近くの古仁屋(こにや)集落の町並みが眼下に広がります。亜熱帯の緑の森や、透明度が高い海のグラデーションは、息をのむほど美しい景色です。

高知山展望台

住所
鹿児島県大島郡瀬戸内町久根津
交通
名瀬市街からしまバス古仁屋行きで42分、新村下車、タクシーで30分
料金
情報なし

【奄美大島のおすすめスポット④】奄美一の規模を誇る名瀑「アランガチの滝」

【奄美大島のおすすめスポット④】奄美一の規模を誇る名瀑「アランガチの滝」

宇検村(うけんそん)の湯湾岳(ゆわんだけ)を源流としていて、岩肌を滑り落ちるように流れる落差30mの滝です。滝は3段になっていて、最下段の滝は2本に分かれています。滝の近くには歩道やあずまやが整備され、のんびりと眺めることができます。

アランガチの滝

住所
鹿児島県大島郡宇検村湯湾新小勝
交通
名瀬市街からしまバス古仁屋行きで45分、新村でしまバス宇検行きに乗り換えて25分、石良小勝下車、徒歩10分
料金
情報なし

「徳之島」ってこんなところ!行ってみたいおすすめスポット4

「徳之島」ってこんなところ!行ってみたいおすすめスポット4

奄美群島のほぼ中央部にある徳之島。山岳地帯には、常緑広葉樹の森林が広がり、アマミノクロウサギをはじめとする希少な動植物が多数生息しています。また海岸部まで出ると、隆起サンゴ礁が浸食されてできた奇岩や南の島では珍しい花崗岩の海岸などが見られます。

【徳之島のおすすめスポット①】なめらかな花崗岩が広がる「ムシロ瀬」

【徳之島のおすすめスポット①】なめらかな花崗岩が広がる「ムシロ瀬」

島の海岸のうち、ここだけ南北3km、東西150mにわたって花崗岩が広がっています。岩石がムシロを敷き詰めたように見えるため、この名が付いたといわれています。冬場は北風が吹きつけるので、豪快なしぶきが上がり豪快な眺めです。

ムシロ瀬

住所
鹿児島県大島郡天城町与名間大石グジン1-3
交通
徳之島子宝空港からタクシーで15分
料金
情報なし

【徳之島のおすすめスポット②】数百m続くソテツのトンネル「金見崎ソテツトンネル」

【徳之島のおすすめスポット②】数百m続くソテツのトンネル「金見崎ソテツトンネル」

島北東部の金見崎(かなみざき)にあり、樹齢300年を超える巨大なソテツが長さ200mのトンネルをつくっています。そこを抜けた展望台からは、荒波が砕ける釣りの名所、トンバラ岩を見ることができます。

金見崎ソテツトンネル

住所
鹿児島県大島郡徳之島町金見
交通
亀徳港から徳之島総合陸運空港行きバスで28分、花徳で徳之島総合陸運手々行きバスに乗り換えて、13分、金見地区下車、徒歩10分
料金
情報なし

【徳之島のおすすめスポット③】見晴らし抜群の岬の散歩道「犬田布岬(いぬたぶみさき)」

【徳之島のおすすめスポット③】見晴らし抜群の岬の散歩道「犬田布岬(いぬたぶみさき)」

琉球石灰岩海食崖が続く奄美十景のひとつ。スロープ地帯には、昭和20(1945)年に沖合で撃沈された戦艦大和を旗艦とする特攻艦隊戦没将士の慰霊塔が海を見渡すように建っています。

犬田布岬

住所
鹿児島県大島郡伊仙町犬田布岬
交通
亀徳港からタクシーで30分
料金
情報なし

【徳之島のおすすめスポット④】波で侵食された岩の景勝地「犬の門蓋(いんのじょうふた)」

【徳之島のおすすめスポット④】波で侵食された岩の景勝地「犬の門蓋(いんのじょうふた)」

東シナ海に面していて、強風や波の浸食を受けた断崖、奇岩が約1km続いています。大海原に水平線が広がり、とくに夕景の眺めはすばらしく、訪れた人々を魅了。大飢饉のとき、人を襲った野犬をこの周辺に投じたという逸話から名が付きました。

 

犬の門蓋

住所
鹿児島県大島郡天城町兼久2284-3
交通
徳之島子宝空港から徳之島総合陸運バス平土野行きで8分、終点下車、タクシーで5分
料金
情報なし

「沖縄島北部」ってこんなところ!行ってみたいおすすめスポット5

「沖縄島北部」ってこんなところ!行ってみたいおすすめスポット5

「沖縄島北部」に含まれる大宜味村、東村、国頭村は世界的に貴重な亜熱帯照葉樹林の森で希少な動植物が生息・生育しているほか、紺碧の海、マングローブやヘゴが群生する川や山などが豊富なエリアとなっています。

【沖縄北部のおすすめスポット①】見渡す限り広がる広大なマングローブ「慶佐次湾(げさしわん)のヒルギ林」

【沖縄北部のおすすめスポット①】見渡す限り広がる広大なマングローブ「慶佐次湾(げさしわん)のヒルギ林」

慶佐次川の下流に広がる沖縄本島随一のマングローブです。周辺には遊歩道が整備されて、ゆったりと散策することができるほか、慶佐次川の河口から上流に向かって、間近にマングローブを観察できるカヌーツアーが人気となっています。

慶佐次湾のヒルギ林

住所
沖縄県国頭郡東村慶佐次東村ふれあいヒルギ公園周辺
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道14号、国道331号を慶佐次方面へ車で33km
料金
情報なし

【沖縄北部のおすすめスポット②】やんばるの自然と奇岩巨石の森を散策「大石林山(だいせきりんざん)」

【沖縄北部のおすすめスポット②】やんばるの自然と奇岩巨石の森を散策「大石林山(だいせきりんざん)」

2億5000万年前の歳月を経て姿を現した、世界最北端の熱帯カルスト地形です。切り立った岩が林立する絶景や山頂からの大パノラマ、亜熱帯の森を歩くコースやガイドツアー(予約制)があり、やんばるの大自然を体感できます。

大石林山

住所
沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を国頭方面へ車で56km
料金
大人(15歳以上)1200円、小人(4歳~14歳)550円、シニア(65歳以上)900円/スピリチュアルガイドツアー(約2時間(11:00~)、4000円(入山料、保険料込)、4歳以上、通年、前日までの予約制)

【沖縄北部のおすすめスポット③】亜熱帯の生物に出会えるトレッキングスポット「比地大滝(ひじおおたき)」

【沖縄北部のおすすめスポット③】亜熱帯の生物に出会えるトレッキングスポット「比地大滝(ひじおおたき)」

高さ26mから豪快に流れる沖縄本島最大規模の滝で、併設のキャンプ場から森の中を散策する遊歩道が整備されています。キノボリトカゲや鮮やかな原色のチョウなどに出会える、初心者でも気軽に楽しめるトレッキングコースとなっています。

比地大滝

住所
沖縄県国頭郡国頭村比地781-1
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号などを国頭方面へ車で40km(比地キャンプ場まで)
料金
遊歩道設備使用料=大人500円、小・中学生300円/キャンプ(1泊)=2000円/シャワー(1回、5分)=200円/(10名以上は団体割引大人450円、小・中学生270円、未就学児は無料)

【沖縄北部のベストスポット④】天然記念物のヤンバルクイナを間近で観察「ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森」

【沖縄北部のベストスポット④】天然記念物のヤンバルクイナを間近で観察「ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森」

安田くいなふれあい公園にある展示施設です。ヤンバルクイナの生態などに関する資料ブースや、実際にヤンバルクイナが生息している環境を再現した観察ブースがあり、目の前で本物を観察することができます。

ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森

住所
沖縄県国頭郡国頭村安田1477-35
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号を大宜味方面へ車で56km
料金
入館料=500円/

【沖縄北部のベストスポット⑤】やんばるの自然と野生生物について知る「やんばる野生生物保護センター『ウフギー自然館』」

【沖縄北部のベストスポット⑤】やんばるの自然と野生生物について知る「やんばる野生生物保護センター『ウフギー自然館』」
写真提供/環境省 やんばる自然保護官事務所

ノグチゲラ、ヤンバルクイナなど、やんばるの貴重な野生生物を保護、調査研究している環境省の施設。展示室では音や映像を使って、やんばるの自然や固有種の生態などについて詳しく知ることができます。

やんばる野生生物保護センター「ウフギー自然館」

住所
沖縄県国頭郡国頭村比地263-1
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、一般道を国頭村方面へ車で34km
料金
無料

「西表島」ってこんなところ!行ってみたいおすすめスポット5

「西表島」ってこんなところ!行ってみたいおすすめスポット5

八重山諸島最大の島である西表島は、島の面積の90%が亜熱帯の自然林で覆われ、浦内川下流を中心に、豊富な種類のマングローブが生育するほか、熱帯系の生物が多く、西表島が北限の植物もあります。イリオモテヤマネコをはじめ、生息する動物たちも独特の生態系を維持しています。

【西表島のおすすめスポット①】国の天然記念物に指定されたエリアで貴重な植物に対面「仲間川」

【西表島のおすすめスポット①】国の天然記念物に指定されたエリアで貴重な植物に対面「仲間川」

全長17.5kmの仲間川流域は、仲間川天然保護区域として国の天然記念物に指定された貴重なエリアです。約160haに及ぶ日本最大のマングローブ現生地や日本最大級、推定樹齢400年のサキシマスオウノキ、1000本以上群生しているヤエヤマヤシ群落などが点在。クルーズ船に乗って川をめぐるツアーも行われています。

仲間川

住所
沖縄県八重山郡竹富町南風見
交通
大原港から徒歩15分
料金
情報なし

【西表島のおすすめスポット②】マングローブと密林の森に出会う「浦内川」

【西表島のおすすめスポット②】マングローブと密林の森に出会う「浦内川」

西表島中央を流れる浦内川は、延長19kmと沖縄県で最も長い河川です。マングローブに埋め尽くされた広大な河口(写真)から8km上流まで、西表島ならではの雄大な自然を体感できる遊覧船が往復し、さらに山奥の滝までは亜熱帯の森のなかをトレッキング道が続いています。

浦内川

住所
沖縄県八重山郡竹富町上原870-3(遊覧船乗り場)
交通
上原港からタクシーで15分
料金
浦内川ジャングルクルーズ(遊覧船)=大人1800円、小人(小学生)900円/

【西表島のおすすめスポット③】西表島で大人気のアクティビティスポット「ピナイサーラの滝」

【西表島のおすすめスポット③】西表島で大人気のアクティビティスポット「ピナイサーラの滝」

西表島で人気No.1のアドベンチャースポット。カヌーやトレッキングで滝をめざす、さまざまな趣向を凝らしたツアーが開催されています。落差約55mは沖縄県最大クラスで、滝の流れが“あごひげが下がったように”見えることから、島の言葉でこの名が付いたといわれています。絶景の滝つぼで気分をリフレッシュしよう。

ピナイサーラの滝

住所
沖縄県八重山郡竹富町上原
交通
上原港から船浦大橋までタクシーで10分、大橋から滝まで徒歩1時間30分
料金
情報なし

【西表島のおすすめスポット④】海に続くマングローブを散策「大見謝(おおみじゃ)ロードパーク」

【西表島のおすすめスポット④】海に続くマングローブを散策「大見謝(おおみじゃ)ロードパーク」

大見謝川の河口一帯に広がるマングローブの中に、観察路が整備されています。大見謝橋の下にはポットホール(水流で岩石に穴が空く現象)が多数見られ、せせらぎは水遊びに最適な場所です。

大見謝ロードパーク

住所
沖縄県八重山郡竹富町西表
交通
上原港からタクシーで15分
料金
情報なし

【西表島のおすすめスポット⑤】島の貴重な生態系について知る「西表野生生物保護センター」

【西表島のおすすめスポット⑤】島の貴重な生態系について知る「西表野生生物保護センター」

イリオモテヤマネコをはじめ島の野生生物の保護活動の拠点として整備された施設。西表島の生き物たちの生態を調査・研究し、資料や剥製などを展示するほか、パネルや映像を見ながらわかりやすく学ぶことができます。

西表野生生物保護センター

住所
沖縄県八重山郡竹富町古見
交通
大原港からタクシーで20分
料金
無料

世界遺産で希少な動物たちにも遭遇できるかも?

世界遺産で希少な動物たちにも遭遇できるかも?
アマミノクロウサギ (写真提供:環境省沖縄奄美自然環境事務所)

このエリアは、固有種を含む多数の希少生物の生息地となっています。このうちには絶滅危惧種となっている生物も含まれていて、世界自然遺産の登録によってそれら生き物たちの保護への弾みも期待されています。

ケナガネズミ (写真提供:環境省沖縄奄美自然環境事務所)

ヤンバルクイナ (写真提供:環境省沖縄奄美自然環境事務所)

イリオモテヤマネコ (写真提供:環境省沖縄奄美自然環境事務所)

魅力あふれる4エリアそれぞれの大自然を満喫しよう!

世界自然遺産登録が目前となっている4エリアは、それぞれ異なる貴重な自然と生息する生き物たちの姿を豊富に見ることができます。また密を避けてアウトドアでのんびりと過ごすことができるスポットも充実しています。この夏はこれから注目度が上がりそうな南の島のネイチャースポットへ足を運んでみませんか。

岡山と沖縄にオフィスを構える、キャリア約30年の編集プロダクションです。旅行情報やタウン情報を中心に約1万件を超える取材や執筆の実績があります。旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」や「ことりっぷ」で岡山・四国・沖縄エリアの編集を担当しています。
旅好きな全スタッフがさまざまなアンテナを張りめぐらして情報を収集・編集し、「思わず旅に出たくなる」記事をお届けしていきます。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください