トップ > 九州・沖縄 > 沖縄 > 沖縄本島・慶良間諸島 > 沖縄中部 > 

【沖縄中部】人気スポットとエリアの楽しみ方がわかる観光ガイド! 海中道路、勝連城跡、外国人住宅のショップ&カフェなど

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2019年8月11日

この記事をシェアしよう!

【沖縄中部】人気スポットとエリアの楽しみ方がわかる観光ガイド! 海中道路、勝連城跡、外国人住宅のショップ&カフェなど

宜野湾市、北中城村、北谷町、うるま市、宜野座村などからなる沖縄中部エリア。

米軍基地が点在しており、外国人住宅を利用したカフェ&ショップや、沖縄本島屈指の景観を誇る海中道路、世界遺産の勝連城跡などもある人気のエリアです。

このエリアの基本情報、おすすめスポット、楽しみ方をまとめてご紹介します!

沖縄中部ってどんなところ?

世界遺産の史跡や米軍の影響を受けた街、レジャー施設などがある

南北に長い沖縄本島の中央部は、起伏に富んだ地形で、中城村やうるま市の高台には世界遺産に登録された王朝成立前の城(グスク)跡が残ります。

嘉手納町には極東最大といわれる米軍嘉手納基地があり、その周辺にコザや北谷などアメリカの影響を強く受けた商業施設が集まる街があります。金武(きん)湾の湾口には「海中道路」とそこから橋でつながる4つの島々があり、自然景観も豊か。

また「沖縄こどもの国」や「東南植物楽園」といったレジャースポットもあり、沖縄の過去と現在を同時に感じられるエリアです。

このエリアの定番観光スポットは?

まずはこのエリアの定番観光スポットをさくっと押さえておきましょう。

米軍基地が点在する中部にはアメリカ人向けの施設や外国人住宅を利用したカフェやショップが多いです。

両サイドに海を臨む海中道路の絶景ドライブもはずせません。

海中道路の手前、太平洋に突き出た勝連半島の高台には世界遺産の勝連城跡があります。

海中道路

海中道路

海と潮風がここちよい爽快ロード
勝連半島と平安座島を結ぶ全長約4.7kmの海上道路。中ほどにある海中道路ロードパークには、物産館とレストランを備えた海の駅あやはし館があり、透明度抜群のビーチに隣接している。

海中道路

住所
沖縄県うるま市与那城屋平
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから県道36号・10号を与那城屋平方面へ車で14km
料金
無料

勝連城跡

勝連城跡

海を望む高台に悠然とそびえる
太平洋に突き出た勝連半島の高台にある城跡。現在は優雅に曲線を描く梯郭(ていかく)式の城壁が復元されている。城壁の上からは中城湾を見下ろすことができる。

勝連城跡

住所
沖縄県うるま市勝連南風原3908
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから県道36・16号を勝連南風原方面へ車で8km
料金
入場無料

美浜アメリカンビレッジ

美浜アメリカンビレッジ

一日中遊べる海辺のリゾートタウン
米軍嘉手納基地近くにある、アメリカ西海岸の雰囲気が漂う人気スポット。輸入雑貨ショップをはじめレストラン、ホテル、スーパーなどが建ち並ぶ。観覧車や美しい夕日が眺められるビーチもあり、昼夜を問わずにぎわっている。

湊川の外国人住宅SHOP

湊川の外国人住宅SHOP

シンプルながらもおしゃれな雰囲気
駐留米軍人向けのコンクリート住宅をリノベートしたカフェやショップが集まるエリア。ランチやカフェ、ショッピングを楽しみたい。

このエリアのおすすめグルメスポットは?

中部エリアのおすすめグルメスポットをさくっとご紹介。

沖縄グルメの定番、沖縄そばの名店の他、タコライス発祥の店、KING TACOSもあります。

ハンバーガー専門店やステーキ専門店、海が眺められる素敵なカフェにも注目です。

【沖縄そば】 そば専門店 浜屋

【沖縄そば】 そば専門店 浜屋

昔ながらの沖縄そばが自慢
あっさりしているのにコクのあるスープの深い味わいにリピーターも多く、地元でも人気の沖縄そば店。目の前はダイビングで人気の海。

沖縄そば専門店 浜屋そば

住所
沖縄県中頭郡北谷町宮城2-99
交通
那覇空港から琉球バス交通・沖縄バス20番・120番名護バスターミナル行きで1時間、航空隊入口下車、徒歩10分
料金
浜屋そば=680円(大)/てびちそば(ごはん付き)=750円/ゆしどうふそば(ごはん付き)=600円/

【沖縄そば】 りんくる食堂

【沖縄そば】 りんくる食堂

のどごしすっきりの和を感じる沖縄そば
店主が15年かけてさまざまな沖縄そばを食べ歩き、現在の味を完成させた。和テイストのまろやかな味わいのスープは、個性的なトッピングにもよく合う。店内は、オーナーが集めたアンティークグッズを飾った、レトロでかわいらしい雰囲気。

りんくる食堂

住所
沖縄県中頭郡北谷町浜川186S46
交通
那覇空港から琉球バスまたは沖縄バス20・120番名護バスターミナル行きで1時間、航空隊入口下車すぐ
料金
鶏そば=680円/あさりそば=700円/ポークたまごそば=630円/

【沖縄ハンバーガー】 BURGER&BAR BOASORTE

【沖縄ハンバーガー】 BURGER&BAR BOASORTE

食べておいしく見て楽しいハンバーガー
昼はバーガー店、夜はバーとして営業する。すでにリピーター続出のハンバーガーは、肉汁たっぷりのパティなど、さまざまな具材を豪快にサンド。ランチはサラダバーを無料で利用できる。ビッグマウンテンバーガーは、パティや野菜、ベーコンなどがバンズからあふれる迫力のボリューム。

BURGER&BAR BOASORTE

住所
沖縄県宜野湾市大山4丁目1-11階
交通
沖縄自動車道西原ICから国道330号、国道58号を宜野湾方面へ車で7km
料金
ビッグマウンテンバーガー=1200円/B.L.Tバーガー=800円/アボカドチーズバーガー=1000円/

【沖縄ハンバーガー】 GORDIE'S

【沖縄ハンバーガー】 GORDIE'S

アメリカンな雰囲気にそそられる
外国人住宅を改装したおしゃれな人気ハンバーガー専門店。ジューシーな炭火焼ハンバーグと、毎日手作りしているふっくらもちもちバンズは相性抜群。アメリカ人のファンも多い。

GORDIE’S

住所
沖縄県中頭郡北谷町砂辺100
交通
沖縄自動車道沖縄南ICから県道23号、国道58号を砂辺方面へ車で5km
料金
スペシャルバーガーコンボ(ポテト・ピクルス・ドリンク付)=1750円/エッグベネディクト(~11:00)=1180円/ダブルチーズバーガー=1100円/

【タコス&タコライス】KING TACOS

【タコス&タコライス】KING TACOS

タコライス発祥の店
沖縄オリジナルフード、タコライス発祥の店。大盛りライスにタコスミートとレタス、チーズがのったタコライスはもちろん、チーズバーガーやポテトフライもみんなビッグサイズだ。

KING TACOS

住所
沖縄県国頭郡金武町金武4244-4
交通
沖縄自動車道金武ICから国道329号を金武町役場方面へ車で2km
料金
タコス(4ピース)=500円/タコライスチーズ野菜=600円/タコチーズバーガー=400円/

【タコス&タコライス】 GATE1

【タコス&タコライス】 GATE1

おやつ感覚のまんまるタコライス
タコスとタコライスの店。コシヒカリ、ミネラル水といった厳選食材を使用している。いろいろな部位のフライドチキンが一皿になったチキンバラバラも人気のメニュー。

GATE1

住所
沖縄県国頭郡金武町金武4257
交通
沖縄自動車道金武ICから国道329号を金武町役場方面へ車で2km
料金
タコライスボール=150円/チキンバラバラ=650円/

【ステーキ】エメラルドオーシャンサイド

【ステーキ】エメラルドオーシャンサイド

北中城の人気ステーキ店「エメラルド」の2号店
北中城の人気ステーキ店「エメラルド」の2号店。5階に上がるエレベーターの扉が開くと、目に飛び込んでくるのはすばらしいオーシャンビュー。オーナーがアメリカで見つけたアンティーク家具がセンスよく置かれた空間で、ステーキやアメリカの家庭料理などが気軽に楽しめる。

エメラルドオーシャンサイド

住所
沖縄県中頭郡北谷町宮城2-208
交通
那覇空港から琉球バス交通・沖縄バス20番・120番名護バスターミナル行きで1時間、航空隊入口下車、徒歩12分
料金
Tボーンステーキ=3900円/ステーキプレート=1700円/エメラルドオリジナルステーキ=2200円/サーモンのグリル=1800円/シーフードパスタオリジナルトマトソース=1450円/

【ステーキ】 HAN’S 美浜店

【ステーキ】 HAN’S 美浜店

ビッグサイズ自慢のアメリカンスタイル
県内に9店舗を展開し、ボリュームと値段の安さに定評があるステーキハウス。店内はウッディーな造りでアメリカンムードたっぷり。ランチ時はスープやライスなどがバイキング形式で食べられる。

HAN’S 美浜店

住所
沖縄県中頭郡北谷町美浜9-1デポアイランドビルA館 2階
交通
那覇バスターミナルから琉球バス交通・沖縄バス20番・120番名護バスターミナル行きで50分、軍病院前下車、徒歩10分
料金
ワンパウンドジャンボステーキ(450g)=2600円/レギュラーパウンドステーキ(300g)=1900円/石垣牛ハンバーグステーキ(200g)=2200円/ティーボーンステーキ(450g)=2950円/

【海カフェ】 Transit Cafe

【海カフェ】 Transit Cafe

海をバラ色に染める夕暮れタイムが楽しみ
海が目の前に広がるテラス席が特等席。白い壁に落ち着いたインテリアが映える店内には、外国人客も多い。トロピカルカクテルなどアルコール類も豊富で、バーとしても使える。

Transit Cafe

住所
沖縄県中頭郡北谷町宮城2-2202階
交通
那覇空港から琉球バス交通・沖縄バス20番・120番名護バスターミナル行きで1時間、航空隊入口下車、徒歩15分
料金
牛ロースのサイコロステーキ ガーリック&バターソース(ランチ)=1630円(180g)/ランチ(スープ・サラダ・ドリンク付)=1320円~/シナモンフレンチトースト(アイス付)=980円/オリジナルカクテル=700円~/おとなのオムライス=1380円/(ディナータイムのみテーブルチャージ100円)

【海カフェ】MYLOPLUS CAFE

【海カフェ】MYLOPLUS CAFE

光が注ぐテラス席で充実したフードメニューを
アメリカ西海岸をイメージした店内は、白を基調としたマリンテイスト。店内のどこからでも海が眺められる。ホワイトソースのロコモコやピザ、パスタなどフードメニューが充実している。テラス席は宮城海岸に面したカウンター席で海が目の前。

MYLOPLUS CAFE

住所
沖縄県中頭郡北谷町宮城1-64シージョイビル 3階
交通
那覇空港から琉球バスまたは沖縄バス20・120番名護バスターミナル行きで1時間、航空隊入口下車、徒歩15分
料金
ホワイトモコボウル=800円/ガーリックシュリンププレート=1000円/パフェ=700円~/

【古民家カフェ】古民家食堂 てぃーらぶい

【古民家カフェ】古民家食堂 てぃーらぶい

昔懐かしい雰囲気の沖縄らしさがあふれる店
里帰りをテーマに、築80年余りの古民家を再生した食堂。昔ながらの集落が残る浜比嘉島にあり、メニューは島の住民のアイデアによるもの。地元の農家から仕入れた野菜を使う。

古民家食堂 てぃーらぶい

住所
沖縄県うるま市勝連浜56
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから県道36・10・238号、一般道を浜比嘉方面へ車で20km
料金
浜のてぃーらぶい定食=1250円/

【トロピカルスイーツ】 パーラー ポカポカ

【トロピカルスイーツ】 パーラー ポカポカ

ビーガン対応メニューあり
九州以南の旬の食材を使い、メニューはパンケーキやアサイーボウル、オーガニックコーヒーなど。一部、テイクアウトもできる。

パーラー ポカポカ

住所
沖縄県中頭郡北中城村渡口1794大西テラス3
交通
沖縄自動車道北中城ICから県道29・81号を渡口方面へ車で3km
料金
フルーツスムーチー=600円/グリーンスムーチー=600円/

【チェーン店】 ブルーシール 牧湊本店

【チェーン店】 ブルーシール 牧湊本店

アメリカ生まれの沖縄育ち
沖縄で愛されるブルーシールアイスの直営店。アイスクリームはシーズンフレーバーを含め常時30種類以上がそろう。季節限定のフレーバーや、塩ちんすこうなど県産の原料を使った沖縄ならではのフレーバーも。

ブルーシール 牧港本店

住所
沖縄県浦添市牧港5丁目5-6
交通
沖縄自動車道西原ICから国道330号、県道153号を牧港方面へ車で5km
料金
ブルーシールマウンテン1350円

【かき氷専門店】瑠庵+島色(るあんプラスしまいろ)

【かき氷専門店】瑠庵+島色(るあんプラスしまいろ)

やちむんの器で食べる自家製シロップのかき氷が絶品
陶芸家・島袋克史さんのギャラリー「島色」に、かき氷の店「瑠庵」が加わったカフェギャラリー。かき氷の自家製シロップは濃厚な味わい。

【外国人住宅カフェ】 SANS SOUCI

【外国人住宅カフェ】 SANS SOUCI

オキナワと京都のおいしいコラボレーション
北中城の住宅街にあるカフェ。ユーズドのアメリカ家具を置いた広い店内でゆったりと過ごせる。味自慢の和フードメニューがそろい、沖縄と京都の食材を組み合わせた「琉京スイーツ」も人気。

SANS SOUCI

住所
沖縄県中頭郡北中城村荻道150-3
交通
沖縄自動車道北中城ICから一般道を荻道方面へ車で3km
料金
京のふわとろご近所丼=918円/ごまカレー南蛮うどん=918円/抹茶黒糖パフェ=864円/京のくりーむあんみつ=540円/京のふわとろ親子丼=918円/

このエリアの楽しみ方① 海中道路を通って絶景ドライブ!

勝連半島から延びる海中道路は、海のパノラマが広がる東海岸きってのドライブロード。沖縄の原風景に出会える、個性あふれる島々をドライブしよう。

海中道路

海と潮風がここちよい爽快ロード
勝連半島と平安座島を結ぶ全長約4.7kmの海上道路。中ほどにある海中道路ロードパークには、物産館とレストランを備えた海の駅あやはし館があり、透明度抜群のビーチに隣接している。

海中道路

海中道路を爽快ドライブ

なぜ“海中”道路?

勝連半島と平安座島の間には浅瀬が広がり、海中道路の開通前は、干潮時には徒歩で往来していた。しかし、満潮になるにつれその道が海に沈んでしまうため、“海中道路”と呼ばれるようになったのだとか。

なぜ“海中”道路?

ドライブは景観のよい満潮時がおすすめ

⇩ 車約10分

海中道路

住所
沖縄県うるま市与那城屋平
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから県道36号・10号を与那城屋平方面へ車で14km
料金
無料

平安座島

昔ながらの伝統行事を守り伝える島
漁港近くには古くからの集落が残り、海の安全を祈願する舟競漕のハーリーや旧暦に合わせて行なわれる伝統行事が受け継がれている。かつては山原船が寄航する交易の中心地だった。

平安座島

平安座島

住所
沖縄県うるま市与那城平安座島
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから県道33・10号を平安座方面へ車で21km
料金
情報なし

BOULANGERIE CAFE Yamashita

天然酵母のパン屋さん
ほのかな塩味がアクセントのぬちあんぱんや、生地にもずくを練り込んだもずくロールなど、島の食材を使ったパンが並ぶ。海を望むテラス席でイートインもおすすめ。

BOULANGERIE CAFE Yamashita

海中道路を渡った道沿いにある

BOULANGERIE CAFE Yamashita

キュートなハリネズミパン各216円

⇩ 車約15分

BOULANGERIE CAFE Yamashita

住所
沖縄県うるま市与那城平安座425-22階
交通
沖縄自動車道沖縄北ICから県道33・10号を平安座方面へ車で21km
料金
ハリネズミパン=216円/

このエリアの楽しみ方② おしゃれでカワイイ外国人住宅SHOPへ行く

米軍施設が点在する中部で、1950年頃から建てられ始めた“外国人住宅”。現在は個性豊かなショップやカフェに改装され人気を集めている。なかでも、おしゃれ女子注目の3エリアをピックアップ。

  • 外国人住宅とは?
    駐留する米軍人向けに建てられた、箱形&平屋のコンクリート住宅を指す。天井が高く、ゆったりした間取りが特徴で、シンプルながらもおしゃれな雰囲気。

港川エリア

住宅街に60軒ほどの小さな外国人住宅がひしめく。フロリダ、ネバダなどアメリカの州名がつけられた通りをめぐって、外国気分を楽しもう。

【所要時間】
通常   2時間
さくっと 1時間
狭いエリアなので、ショッピングだけなら約1時間、併せてランチを楽しむなら2時間ほど。カフェでのブレイクや、じっくりショッピングを満喫するなら3時間はみておきたい。

港川エリア

各路地にはアメリカの地名にちなんだストリート名がつく

港川のキホン

[アクセス]
西原ICから国道330{hlb}号、県道153号、国道58号を北谷方面へ車で5㎞。目的の店がカーナビに出ない場合は、港川小学校や港川幼稚園を目印にするとよい。

[駐車場]
各店舗の駐車スペースが少ないので、散策しながら店舗をめぐるなら、エリア内のコインパーキング(30分100円~)の利用がおすすめ。満車の場合は、港川中心部から徒歩5分のコインパーキングへ。

琉球拉麺・スパイスカレー teianda

ラーメン&カレーの2大看板メニューが自慢
那覇で評判のそば店「てぃあんだー」の2号店。沖縄そばの配合の麺とだしをベースに作られた琉球拉麺は、麺の太さが選べる。カフェのようなゆったりした店内でくつろごう。

琉球拉麺・スパイスカレー teianda
琉球拉麺・スパイスカレー teianda

スパイシーベジタブルカレー 840円
スパイス4種を配合した本格カレーは、ルーにも野菜がたっぷり。野菜は季節によって異なる

琉球拉麺・スパイスカレー teianda

住所
沖縄県浦添市港川2丁目10-8港川ステイツサイドタウン58
交通
沖縄自動車道西原ICから国道330号、県道153号、国道58号をキャンプキンザー方面へ車で5km
料金
スパイシーベジタブルカレー=840円/鶏白湯 拉麺=800円/

[oHacorté] 港川本店

宝石のように輝くフルーツタルトの専門店
色とりどりのフルーツがたっぷりのった直径7㎝ほどのタルトが勢ぞろい。果物に合わせて生地やクリームを変えるなど、おいしい工夫が満載。常時約15種類がラインナップ。

[ココでも買えます]
・泉崎店    タルト  焼き菓子
・小禄店    タルト  焼き菓子
・松尾店    焼き菓子
・那覇空港店  焼き菓子

[oHacorté] 港川本店
[oHacorté] 港川本店

タルトをはじめとした、焼き菓子がずらり

[oHacorté] 港川本店

下:季節のいろいろフルーツのタルト 734円
左:アールグレイ(Cold) 756円

季節ごとのフルーツがぎっしり詰まったタルト。ドリンクはタルトとセットで100円引き

フルーツタルト専門店[oHacorte] 港川本店

住所
沖縄県浦添市港川2丁目17-1#18
交通
沖縄自動車道西原ICから国道330号、県道153号をキャンプキンザー方面へ車で5km
料金
タルト=313円~/キウイフルーツのタルト=712円/旅するタルトサンド=1080円(4個)/季節のいろいろフルーツタルト=734円/

キタナカエリア

文化遺産が多く、自然豊かな地域。エリア内には外国人住宅が点在しており、ドライブ途中に立ち寄るのにぴったりなリノベカフェも増えている。

PLOUGHMAN’S LUNCH BAKERY

ゆったりと味わいたい格別な朝食
県内外からファンが集まる、海が見える丘の上に建つベーカリーカフェ。自家製パンとバランスの良い副菜がセットになったワンプレートメニュ{hlb}ーを、7種類展開する。

PLOUGHMAN’S LUNCH BAKERY

洗練されたインテリアをバランス良く配置

PLOUGHMAN’S LUNCH BAKERY

AMプレート 950円(10食限定)
朝の爽やかな空気のなか、焼きたてパン5種で至福のひとときを

PLOUGHMAN’S LUNCH BAKERY

住所
沖縄県中頭郡北中城村安谷屋927-2
交通
沖縄自動車道北中城ICから県道29・81・146号を中城公園方面へ車で2km
料金
生ハムと大葉の柚子バターサンド(サラダ・スープ付)=950円/グリル野菜のビーガンマリネサンド(サラダ・スープ付)=950円/アーサと海塩リュスティック=200円/クランベリー&ホワイトチョコ=280円/ハニー&ブルーチーズ=300円/

クルミ舎

体の芯から元気になれるスパイスカレー
隣の席を気にせずくつろげるようにゆったりと席が設けられている。カレーはもちろん、ショートケーキを凍らせたような食感のチーズのセミフレッド500円もおすすめ。

クルミ舎
クルミ舎

香味野菜のキーマカレー 1200円
10種類のスパイスをオリジナル配合。野菜は旬のものを使う。ランチはドリンク付き

クルミ舎

住所
沖縄県中頭郡北中城村渡口1871-1
交通
沖縄自動車道北中城ICから県道29・81号を渡口方面へ車で3km
料金
香味野菜のキーマカレー=1200円/チーズのセミフレッド=500円/

うるまエリア

“曙カフェストリート”と称され、新しいショップが続々登場している注目エリア。金武湾まで見渡せる丘の上にあり、カフェやスイーツ店が多い。

exit cafe

ラフに島時間を楽しむカフェ
うるまの外国人住宅カフェの先駆け。一晩漬け込んだガーリックシュリンプが評判。BARタイムには、豊富な地酒やカクテルがそろう。外国人住宅をリノベした宿も展開する。

098-989-9966
11:00~14:30、17:00~22:00
休み 月曜
うるま市石川曙1-9-28 ♯134
石川ICから3km
P無料

exit cafe
exit cafe

テラス席からは金武湾が一望できる

exit cafe

FUJIYAMAステーキピラフランチセット 1590円
牛の熟成サガリ肉のステーキはやわらかく、深い味わい

exit cafe

住所
沖縄県うるま市石川曙1丁目9-28#134
交通
沖縄自動車道石川ICから県道73号、国道329号を石川曙方面へ車で3km
料金
FUJIYAMAステーキピラフランチセット=1590円/

NIWA CAFE

本格派の洋食メニューを気軽に堪能
東京でシェフをしていたオーナーの理想を形にした店。オリジナルのホワイトソースたっぷりのクロックムッシュはもちろん、やちむんの器でサーブされるタルトもおすすめ。

NIWA CAFE
NIWA CAFE

手作りのインテリアが居ごこちのよい店内を演出

NIWA CAFE

自家製ブリオッシュを使ったクロックムッシュ 1100円
季節のスープと自家製ドレッシングを使ったサラダ、コーヒーがセットに

NIWA CAFE

季節のタルト 550円
写真はパッションフルーツのチーズタルト。常時3種類そろう

NIWA CAFE

住所
沖縄県うるま市石川曙1丁目8-13
交通
沖縄自動車道石川ICから県道73号、国道329号を石川曙方面へ車で3km
料金
自家製ブリオッシュを使ったクロックムッシュ(スープ、サラダ、コーヒー付)=1100円/

このエリアの楽しみ方③ 北谷でリゾート感あふれるショップ&レストランをめぐる!

米軍嘉手納飛行場に近く、多くの外国人が暮らしている北谷は今、勢いのあるエリアのひとつ。アメリカ西海岸のようなリゾート感あふれるレストランやショップめぐりを楽しもう。

【オシャレな オーシャンビューCafe】Transit Cafe

潮風がここちよいテラス席で海景色を満喫
宮城海岸が見渡せるテラス席は、サンセットタイムが狙い目。豊富にそろうトロピカルカクテルやドリンクと一緒に美しい夕焼けを楽しみたい。

【オシャレな オーシャンビューCafe】Transit Cafe

夕暮れどきにはオレンジに染まる

Transit Cafe

住所
沖縄県中頭郡北谷町宮城2-2202階
交通
那覇空港から琉球バス交通・沖縄バス20番・120番名護バスターミナル行きで1時間、航空隊入口下車、徒歩15分
料金
牛ロースのサイコロステーキ ガーリック&バターソース(ランチ)=1630円(180g)/ランチ(スープ・サラダ・ドリンク付)=1320円~/シナモンフレンチトースト(アイス付)=980円/オリジナルカクテル=700円~/おとなのオムライス=1380円/(ディナータイムのみテーブルチャージ100円)

【話題の新店】GOOD DAY COFFEE

気持ちいい一日の始まりはおいしい朝食で
早朝6時から利用できるオージースタイルのカフェ。朝からしっかりパワーチャージができる。コーヒーは、オーストラリア・バイロンベイの焙煎豆を使った深い味わい。

090-4470-1173
6:00~15:00
休み 月曜
北谷町浜川178-1
沖縄南ICから5km
P無料

【話題の新店】GOOD DAY COFFEE

テイクアウトはこちらから

【話題の新店】GOOD DAY COFFEE

GOOD DAYBREAKY 630円(写真左下)ほか

GOOD DAY COFFEE

住所
沖縄県中頭郡北谷町浜川178-1
交通
那覇空港から琉球バスまたは沖縄バス20・120番名護バスターミナル行きで1時間、航空隊入口下車、徒歩5分
料金
GOOD DAY BREAKY=630円/

Day off OKINAWA

ビーチ系雑貨のセレクトショップ
色鮮やかなハンドメイドアクセサリーはかわいくてユニーク。オリジナルのアイテムも多数扱う。階上のMYLOPLUS CAFEを利用するとアイテムが10%オフになる。

098-926-5225(MYLOPLUS CAFE)
12:00~20:00
不定休
北谷町宮城1-64 シージョイビル2階
沖縄南ICから5km
P無料

Day off OKINAWA

店内にはアイテムがセンスよく配置される

Day off OKINAWA

住所
沖縄県中頭郡北谷町宮城1-64シージョイビル 2階
交通
那覇空港から琉球バスまたは沖縄バス20・120番名護バスターミナル行きで1時間、航空隊入口下車、徒歩10分
料金
オリジナルTシャツ(Baby&Kids)=2484円~/琉球ガラスのピアス&イヤリング=1512円~/

まだある!沖縄中部でおすすめの観光・グルメスポット

多国籍ムードを体感する高感度エリアの沖縄中部には、まだまだおすすめの観光スポット・グルメスポットが沢山!中部エリアをたっぷり楽しみたい方は、以下のスポットにも行ってみましょう。

金武鍾乳洞 古酒蔵 龍の蔵

所要30分
洞内を自然の古酒蔵として利用し、泡盛のボトルキープもできる。見学ツアーは11時、14時、15時30分。

金武鍾乳洞 古酒蔵 龍の蔵

金武鍾乳洞 古酒蔵 龍の蔵

住所
沖縄県国頭郡金武町金武245
交通
沖縄自動車道金武ICから国道329号を金武町役場方面へ車で3km
料金
鍾乳洞=大人400円、中・高校生300円、小学生200円/泡盛ボトルキープ=10800円(5年)、21600円(12年)/

中城城跡 [世界遺産]

石垣の曲線が優雅なグスク美の最高峰 所要1時間
県内の城跡で最も保存状態が良く、名築城家の護佐丸が北の郭と三の郭を増築したとされる。琉球石灰岩などの城壁と、精巧なアーチ門が美しい。

中城城跡 [世界遺産]

高度な石工技術で造られた6つの城郭が高台に連なる

中城城跡

住所
沖縄県中頭郡北中城村大城503
交通
沖縄自動車道北中城ICから県道29・146号を大城方面へ車で4km
料金
大人400円、中・高校生300円、小学生200円(団体20名以上は大人300円、中・高校生200円、小学生100円、保護者が同伴する小学校就学前の者は無料。障がい者手帳持参で本人と介護者1名無料)

浦添グスク・ようどれ館

王の墓の内部を忠実に再現 所要30分
首里城以前の王の城跡で、その一部が浦添ようどれと呼ばれる陵墓。出土品などの資料を、ようどれ館に展示している。

浦添グスク・ようどれ館

英祖王陵内部と石棺を実物大で再現

浦添グスク・ようどれ館

住所
沖縄県浦添市仲間2丁目53-1
交通
沖縄自動車道西原ICから国道330号、県道153号を仲間方面へ車で4km
料金
大人100円、小学生50円(各種障がい者手帳持参で本人と同伴者無料)

中村家住宅

上層農家の生活を知る遺構 所要30分
18世紀中頃の豪農の住宅。琉球石灰石の石垣で囲った敷地にフクギを植えるなど、沖縄住居建築の特徴を備える。

中村家住宅

赤瓦屋根の母屋や家畜小屋などが残る

中村家住宅

住所
沖縄県中頭郡北中城村大城106
交通
沖縄自動車道北中城ICから県道29・146号を大城方面へ車で3km
料金
見学料=大人500円、中・高校生300円、小学生200円/(団体料金(20名以上)は、正規料金から1割引。障がい者手帳持参で2割引)

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください