おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  沖縄ってどんなところ?行く前に知っておきたい沖縄観光のポイントと基本情報

沖縄ってどんなところ?行く前に知っておきたい沖縄観光のポイントと基本情報

沖縄ってどんなところ?行く前に知っておきたい沖縄観光のポイントと基本情報

by mapple

更新日:2018年5月18日

エメラルドグリーンに輝く海から亜熱帯の森林まで、南北に細長い沖縄はエリアによって異なる地域性も魅力。各エリアの特色はもちろん、空の玄関口、那覇空港からの所要時間もチェックしよう。

沖縄旅Q&A

飛行機でどのくらい?

東京から那覇は1600㎞の距離があり、飛行機で約3時間。大阪からの距離は1200㎞で、約2時間20分かかる。

沖縄の気候は?

温暖な亜熱帯気候で四季の変化はあまりなく、長い夏と春の二季があるイメージ。1年のうち約8か月は平均気温が20度を超えていて過ごしやすい。

何泊するのがベスト?

2泊3日あれば、南部から北部まで各エリアの主要な観光スポットをめぐることができる。

公共交通機関はある?

那覇市内のみを観光するのであれば、那覇空港と首里を結ぶ都市モノレール「ゆいレール」を利用しよう。那覇市から離れるほど公共交通機関が不便になるので、効率よくまわりたいならレンタカーがおすすめ。

やんばるエリア

国立公園となった亜熱帯の森が広がる
「やんばる国立公園」に指定された沖縄本島の北部エリア。山がちな地形から山原と呼ばれ、緑豊かな森にはヤンバルクイナやノグチゲラなどの希少な固有種が生息する。

おすすめスポット
★辺戸岬
★やんばる学びの森
★比地大滝

●那覇空港~辺戸岬
車で約3時間30分(136km)

やんばるエリア
やんばるエリア

道の駅ゆいゆい国頭の名物クニガミドーナツ

やんばるエリア

やんばる学びの森で森林浴

中部・美浜アメリカンビレッジエリア

アメリカン気分でカフェ&ショップめぐり
米軍基地が点在する中部にはアメリカ人向けの施設や、外国人住宅を利用したカフェやショップが多い。両サイドに海を望む絶景ドライブが楽しめる海中道路も見逃せない。

おすすめスポット
★海中道路
★美浜アメリカンビレッジ
★港川外国人住宅SHOP

●那覇空港~美浜アメリカンビレッジ
車で約45分(21km)

中部・美浜アメリカンビレッジエリア

[oHacorté]港川本店のタルト

中部・美浜アメリカンビレッジエリア

海中道路で海の上を爽快ドライブ

南部・斎場御嶽エリア

心ひかれる歴史と神話の舞台を訪ねる
琉球神話が伝わる神秘的な場所や、沖縄戦の終結地に整備された平和祈念公園など、沖縄の歴史に触れることができるスポットが多い。太平洋のパノラマビューを一望する海カフェも魅力。

おすすめスポット
★ニライ橋・カナイ橋
★斎場御嶽
★平和祈念公園

●那覇空港~平和祈念公園
車で約35分(17km)

南部・斎場御嶽エリア

Cafe やぶさちでひと休みしよう

南部・斎場御嶽エリア

眺望抜群のニライ橋・カナイ橋

慶良間諸島・久米島エリア

グランブルーの海が出迎える南国の楽園
那覇から高速船や飛行機に乗って、日帰りで行ける離島が点在。浜の近くで色とりどりのサンゴを眺めたり、ウミガメに出会えたり。ホエールウォッチングは冬ならではのお楽しみ。

おすすめスポット
★古座間味ビーチ
★トカシクビーチ
★ハテの浜

●那覇空港~渡嘉敷島
高速船で約35分

慶良間諸島・久米島エリア

ザトウクジラに会えるのは冬だけ

慶良間諸島・久米島エリア

サンゴ礁に砂浜だけが浮かぶハテの浜

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる沖縄'19」です。掲載した内容は、2017年11月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
×