トップ >  九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 柳川・久留米・秋月 > 久留米 > 

【福岡県の花火大会2023】今年こそ間近で観たい!開催日や打ち上げ数などの情報満載!福岡の花火大会10選

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日: 2024年6月19日

この記事をシェアしよう!

【福岡県の花火大会2023】今年こそ間近で観たい!開催日や打ち上げ数などの情報満載!福岡の花火大会10選

2023年の福岡県のおすすめの花火大会をご紹介します。

打ち上げ数や開催日などでお好みの花火大会を探すことができます。
各大会の花火の特徴や見どころをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【福岡県の花火大会2023】甘木川花火大会

【福岡県の花火大会2023】甘木川花火大会

夏の終わりを告げる花火と灯明流し

朝倉市を流れる小石原川の甘木橋周辺では、8月下旬に無縁仏などの霊に飲食を施す施餓鬼供養が催され、先祖供養、家内安全祈願をする伝統行事「流灌頂(ながれかんじょう)法要会」が行われる。花火大会では、約4000発(予定)の打上げ花火と200mの間にびっしりと置かれた仕掛花火が闇夜を華麗に彩り、小石原川に映える。また同日、千灯明流しも行われる。大勢の人々でにぎわう流灌頂が終わると、秋の空気が漂い始める。

開催地:福岡県甘木 小石原川 甘木橋下流
打ち上げ数:約4000発(予定)
開催日:2023年8月26日
開催時間:19:40~21:00(予定)

【福岡県の花火大会2023】第37回遠賀町夏まつり

【福岡県の花火大会2023】第37回遠賀町夏まつり

町民が一体となって楽しむ、素朴なふれあいイベント

遠賀町の名は、岡湊神社などに見られる「岡」が、奈良時代から次第に「おんが」と読まれるようになっていったことに端を発するとされている。遠賀川を中心に豊かな自然に恵まれた町の夏の風物詩である「遠賀町夏まつり」は、飛び入り参加ができる総踊りとステージイベントを4年ぶりに実施。フィナーレには迫力ある花火が夜空を彩り、まつりを盛り上げる。(打上げ場所は変更となる場合あり)

開催地:福岡県広渡 遠賀総合運動公園
打ち上げ数:未定
開催日:2023年8月26日
開催時間:20:00~20:30

【福岡県の花火大会2023】日田彦山線BRTひこぼしライン開業記念「そえだ花火大会」

【福岡県の花火大会2023】日田彦山線BRTひこぼしライン開業記念「そえだ花火大会」

豊かな自然の中、花火を満喫!

福岡県の東南部に位置し、南方には九州北部の最高峰英彦山がそびえる添田町。豊かな自然の中で開催される添田町の夏の一大イベントが「そえだ花火大会」。今年は、8月28日に日田彦山線BRTひこぼしラインが開業することを記念した花火大会となる。英彦山をバックに打上げられる花火は約3000発で、フィナーレには音楽と花火のコラボレーションも楽しめる。

開催地:福岡県庄933 そえだサン・スポーツランド
打ち上げ数:約3000発
開催日:2023年8月11日
開催時間:20:00~

【福岡県の花火大会2023】くきのうみ花火の祭典

【福岡県の花火大会2023】くきのうみ花火の祭典

華麗な花火の音と光が心に響く、くきのうみ

「くきのうみ花火の祭典」は、地域の活性化と北九州港洞海地区の発展に寄与する目的で1986(昭和61)年から始まり、今年で38回目を迎える。洞海湾の台船上からの大玉10号をはじめとした打上げ花火やジャズなどの音楽に合わせた花火、若戸大橋を舞台とした長さ260mの仕掛花火「ナイアガラ」を実施。また、北九州市制60周年を記念した「記念花火」も打上げる。海上花火ならではのロケーションで、真上に打上がる大迫力の大輪の花火は見応え十分だ。

開催地:福岡県・戸畑区 洞海湾、若戸大橋周辺
打ち上げ数:約4000発
開催日:2023年7月29日
開催時間:20:00~20:40

【福岡県の花火大会2023】SUGOI花火「B’z ULTRA FIREWORKS 2022-2023」北九州

【福岡県の花火大会2023】SUGOI花火「B’z ULTRA FIREWORKS 2022-2023」北九州

最強のロックと“SUGOI花火”のコラボレーション!

2023年夏、ミクニワールドスタジアム北九州で、B’zデビュー35周年を記念する最新型花火エンターテインメント・ショー『B’z ULTRA FIREWORKS 2022-2023』の開催が決定。パノラマに広がる花火と最新の音響効果による演出、史上最高の日本花火チームが打上げる珠玉の花火とB’zの名曲とのコラボレーションが存分に楽しめる。

開催地:福岡県浅野3-9-33 ミクニワールドスタジアム北九州
打ち上げ数:1万4000発
開催日:2023年8月4日
開催時間:20:00~21:00(予定)

【福岡県の花火大会2023】第364回筑後川花火大会

【福岡県の花火大会2023】第364回筑後川花火大会

西日本最大級!久留米の夜空を彩る鮮やかな華

水天宮奉納花火として始まった歴史ある花火大会で、2ヶ所から打上げられる花火約1万5000発(予定)が夜空にあでやかに咲き乱れる。1650(慶安3)年に当時の久留米藩主・有馬忠頼公が、現在の水天宮の土地に社地、社殿を寄進してその奉祝行事に花火が打上げられたのが筑後川花火大会の起源とされている。今では西日本最大級の花火大会として、市内はもとより全国各地から大勢の人が訪れる、久留米の夏の夜を彩るビッグイベントとなっている。

開催地:福岡県瀬下町 水天宮河川敷(京町会場)、篠山城跡河川敷(篠山会場)、その他3会場
打ち上げ数:約1万5000発(予定)
開催日:2023年8月27日
開催時間:19:40~20:50

【福岡県の花火大会2023】のおがた夏まつり2023

【福岡県の花火大会2023】のおがた夏まつり2023

遠賀川を色鮮やかに染める花火

福岡県の中央を北に向かって流れる遠賀川。この河川敷で打上げられるのが「のおがた夏まつり」の花火。水面に映し出される約6000発の色とりどりの輝きに、しばし夏の暑さも忘れてしまう。打上げ場所から観覧席が近く、臨場感ある花火が楽しめるのが特徴だ。当日は、屋台が並ぶ直方JCまつりと、4地区の流(ながれ)が競い合う直方追山笠(雨天中止)も開催される。

開催地:福岡県直方 直方市役所前遠賀川河川敷 直方リバーサイドパーク
打ち上げ数:約6000発
開催日:2023年7月30日
開催時間:20:00~21:00
1 2

久留米の新着記事

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!