トップ > 全国 x 資料館・文学館など > 関東・甲信越 x 資料館・文学館など > 北関東 x 資料館・文学館など

北関東 x 資料館・文学館など

北関東のおすすめの資料館・文学館などスポット

北関東のおすすめの資料館・文学館などスポットをご紹介します。大谷資料館,岩下の新生姜ミュージアム,神流町恐竜センターなど情報満載。

  • スポット:70 件
  • 記事:33 件

1~10 件を表示 / 全 70 件

大谷資料館

広大かつ荘厳な地下採掘場跡

広さ2万平方メートル、深さ30mにも及ぶ広大な地下採掘場跡。歴史資料の展示のほか、コンサートホールなどとしても利用されている。坑内の平均気温は約8度と低いので注意が必要。

大谷資料館

住所
栃木県宇都宮市大谷町909
交通
JR宇都宮駅から関東自動車立岩行きバスで30分、資料館入口下車、徒歩5分
料金
入館料=大人800円、小・中学生400円、幼児無料/

岩下の新生姜ミュージアム

岩下の新生姜について楽しく学べるミュージアム

「岩下の新生姜」にまつわるさまざまな展示やアトラクションで、子供だけでなく大人も楽しめるミュージアム。併設されているカフェでは、岩下の新生姜を用いたメニューを味わえる。好みの漬け液で岩下漬けが作れる体験も人気。

岩下の新生姜ミュージアム
岩下の新生姜ミュージアム
岩下の新生姜ミュージアム
岩下の新生姜ミュージアム

岩下の新生姜ミュージアム

住所
栃木県栃木市本町1-25
交通
JR両毛線栃木駅から徒歩13分
料金
入場料=無料/岩下漬け体験=800円/

神流町恐竜センター

見て、触れて、体験する、恐竜ワンダーランド

恐竜の足跡化石の日本初発見を記念して開館。モンゴルの恐竜や神流町発掘の化石を中心に展示。中でも恐竜時代のモンゴルの様子を再現した大迫力のライブシアターは必見。化石発掘や化石のレプリカ作製などの体験も人気。

神流町恐竜センター
神流町恐竜センター
神流町恐竜センター
神流町恐竜センター

神流町恐竜センター

住所
群馬県多野郡神流町神ヶ原51-2
交通
JR高崎線新町駅から日本中央バス上野村ふれあい館行きで1時間40分、恐竜センター下車すぐ
料金
入場料=大人600円、小・中学生300円、企画展は別料金/化石発掘体験(1時間、要予約)=500円/化石レプリカ作製体験(先着順)=300円/(20名以上の団体は大人550円、小・中学生250円、障がい者手帳持参で入場料半額)

石の百年館

稲田石の生成過程や、加工技術を紹介

JR稲田駅に隣接。稲田石の特徴や採石の歴史がわかる資料が展示されている。鉱物の大型標本も見ごたえがある。

石の百年館
石の百年館

石の百年館

住所
茨城県笠間市稲田2307
交通
JR水戸線稲田駅からすぐ
料金
無料

人力車&昭和レトロ館

昭和の風情が蘇る

激動の時代・昭和の町並みを細かく再現した館内で、手打ちパチンコやジュークボックスなどの体験ができる。人力車エリアでは明治時代から現代までのVIP人力車12台を展示している。

人力車&昭和レトロ館

住所
栃木県那須郡那須町高久甲西山5805-22
交通
東北自動車道那須ICから県道17号、一般道を那須高原方面へ車で5km
料金
大人1000円、小・中学生600円(障がい者600円、3月24日・4月29日・11月3日は入館料半額)

梅酒と酒の資料館 別春館

地酒の魅力に迫る資料館

地酒「副将軍大吟醸」は何度も全国新酒鑑評会で金賞を受賞した名酒。館内には水戸にゆかりのある梅酒についての資料や昔の酒作りの様子、道具を展示している。

梅酒と酒の資料館 別春館
梅酒と酒の資料館 別春館
梅酒と酒の資料館 別春館

梅酒と酒の資料館 別春館

住所
茨城県水戸市元吉田町327
交通
JR水戸駅から関東鉄道吉沢車庫行きバスで4分、千波中入口下車、徒歩3分
料金
入館料=無料/百年梅酒=1540円(720ml)/清酒副将軍純米吟醸=1140円(720ml)/

水と緑と詩のまち 前橋文学館

詩情あふれる街の代表的文学館

常設展では萩原朔太郎の直筆原稿や著作、愛用の品のほか、前橋ゆかりの文学者の資料などが展示されている。

水と緑と詩のまち 前橋文学館
水と緑と詩のまち 前橋文学館
水と緑と詩のまち 前橋文学館
水と緑と詩のまち 前橋文学館

水と緑と詩のまち 前橋文学館

住所
群馬県前橋市千代田町3丁目12-10
交通
JR前橋駅から徒歩15分
料金
一般・大学生100円、高校生以下無料、特別企画展は別料金(特別企画展開催時は常設展と企画展の共通券あり、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

金谷ホテル歴史館

「金谷ホテル」の前身となった武家屋敷

金谷ホテル発祥の地として保存されてきた金谷侍屋敷を一般公開。同じ敷地内にカテッジイン・レストランもある。

金谷ホテル歴史館
金谷ホテル歴史館

金谷ホテル歴史館

住所
栃木県日光市本町1-25金谷侍屋敷
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで7分、金谷ホテル歴史館下車すぐ
料金
入場料=大人400円、小人200円、小学生未満無料/(団体割引あり)

牛久シャトー

日本初の本格的ワイン醸造場

明治36(1903)年に建てられた日本初の本格的ワイン醸造場で、国の重要文化財。フレンチレストラン「キャノン」やクラフトビールレストラン「ラ・テラス・ドゥ・オエノン」、スーベニアショップ、バーベキューガーデン、ミュージアムもある。ラ・テラス・ドゥ・オエノンでは、牛久ブルワリー醸造のできたてのクラフトビールを味わうことができる。

牛久シャトー
牛久シャトー

牛久シャトー

住所
茨城県牛久市中央3丁目20-1
交通
JR常磐線牛久駅から徒歩8分
料金
無料

徳冨蘆花記念文学館

文豪、蘆花の作品世界にふれる

小説『不如帰(ほととぎす)』で有名な明治の文豪・徳冨蘆花の書簡、初版本、遺品などを展示。上州の山並みを眺望する喫茶室には、間近に野鳥が訪れ心をなごませてくれる。

徳冨蘆花記念文学館
徳冨蘆花記念文学館

徳冨蘆花記念文学館

住所
群馬県渋川市伊香保町伊香保614-8
交通
JR上越線渋川駅から関越交通伊香保温泉行きバスで30分、終点下車、徒歩15分
料金
入館料=大人350円、小人200円/(障がい者割引あり)

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください