>  >  >  >  >  > 

【万座温泉】おすすめ宿♪乳白色の露天風呂が自慢!

まっぷるマガジン

更新日:2018年8月2日

この記事をシェアしよう!

【万座温泉】おすすめ宿♪乳白色の露天風呂が自慢!

【標高1800mの高原温泉】
標高の高い山岳地帯に位置する万座温泉。夏は避暑地として、冬にはスキーも楽しめる魅力的なロケーションだ。

【日本一の硫黄含有量】
硫黄に含まれる硫化水素成分が毛細血管を拡張するため、代謝促進が期待できる。 高血圧や動脈硬化の治療にも◎。

万座温泉 日進舘

日本最大級の木造建築風呂「長寿の湯」、万座最古の湯「苦湯」など源泉かけ流しの9つの風呂が名物。夕食は和洋中、40種類以上のメニューをバイキングで。新宿から宿直行のバスが運行している。

万座温泉 日進舘

眺望抜群の露天風呂「極楽湯」

万座温泉 日進舘

国立公園の大自然が目の前に迫る

万座温泉 日進舘

住所
群馬県吾妻郡嬬恋村干俣万座温泉2401
交通
JR吾妻線万座・鹿沢口駅から西武観光バス万座温泉方面行きで45分、万座プリンスホテル前下車、徒歩15分
料金
1泊2食付=6630~31650円/外来入浴(10:00~17:00)=1000円/外来入浴食事付(10:00~14:00<~15:00は控室利用可>、食堂利用、要予約、控室利用は3日前までに要予約)=3780円~/

万座プリンスホテル

高原の雄大なパノラマと豊富な湯量に恵まれたリゾートホテル。露天風呂からは本白根山の雄姿が一望でき、季節や時間による変化を楽しむことができる。地元の食材を使用したバラエティ豊かな料理も好評。

万座プリンスホテル

大自然に包まれた天空の露天風呂「こまくさの湯」

万座プリンスホテル

住所
群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
交通
JR吾妻線万座・鹿沢口駅から西武観光バス万座温泉方面行きで45分、万座プリンスホテル前下車すぐ(11月下旬~翌4月は万座バスターミナル下車、徒歩10分)
料金
1泊2食付=要問合せ/外来入浴(11:00~16:00、最終受付15:00)=1300円/

万座亭

和風の雰囲気でゆっくり落ち着ける高原の宿。ヒバ材造りの情緒あふれる大浴場や、丸太組みの露天風呂で、乳白色の効能豊かな湯を心ゆくまで楽しめる。山の幸をふんだんに使った山菜和風料理も好評だ。

万座亭

雄大な山々を望む野趣あふれる露天風呂

万座亭

住所
群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
交通
JR吾妻線万座・鹿沢口駅から西武観光バス万座温泉方面行きで45分、万座プリンスホテル前下車、徒歩7分
料金
1泊2食付=9720~25920円/外来入浴(11:30~18:00)=1000円/外来入浴食事付(11:30~15:00、食事処利用、要予約)=4320円~/

万座高原ホテル

万座プリンスホテルに隣接する高原ホテル。男女別の内風呂と8つの湯船が並ぶ石庭露天風呂(うち7つは混浴)が名物。渓流に面した露天風呂では、季節の変化を感じながらゆったりと温泉を堪能できる。

万座高原ホテル

石庭露天風呂で湯船をはしごしてみたい

万座高原ホテル

住所
群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
交通
JR吾妻線万座・鹿沢口駅から西武観光バス万座温泉方面行きで40分、万座バスターミナル下車、徒歩5分(軽井沢駅南口から送迎あり、要問合せ)
料金
1泊2食付=要問合せ/外来入浴(11:00~18:00、最終受付17:00、要問合せ)=1500円/(宿泊料金は要問合せ)

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください