トップ > 全国 x 文化施設 > 関東・甲信越 x 文化施設 > 北関東 x 文化施設 > 結城・下館 x 文化施設

結城・下館 x 文化施設

結城・下館のおすすめの文化施設スポット

結城・下館のおすすめの文化施設スポットをご紹介します。中村美術サロン,常総市地域交流センター,古河歴史博物館など情報満載。

結城・下館のおすすめの文化施設スポット

  • スポット:15 件
  • 記事:5 件

1~10 件を表示 / 全 15 件

中村美術サロン

旧家の中村家所有の美術品を蔵で公開。作品は定期的に入れ替わる

下館で20代続く旧家、中村家所有の美術品を改造した土蔵で公開。陶芸家の板谷波山、弟子の宮之原謙、文化勲章受賞者である画家の森田茂の作品など約70点を定期的に入れ替えて展示している。

中村美術サロン

中村美術サロン

住所
茨城県筑西市大町甲46
交通
JR水戸線下館駅から徒歩5分
料金
無料

常総市地域交流センター

抜群の眺望と歴史資料が魅力

十二代善基が小貝川辺りに築いた豊田城は、茅葺きで川の水を要塞とした城だったといわれている。現在は、郷土資料室、図書室などを備えた複合施設。平成29(2017)年にリニューアルし、5階は憩の場としてフリースペースになり、6階長塚節デジタルミュージアムでは屋内プロジェクションマッピングでの展示が行われている。

常総市地域交流センター
常総市地域交流センター
常総市地域交流センター
常総市地域交流センター

常総市地域交流センター

住所
茨城県常総市新石下2010
交通
関東鉄道常総線石下駅から徒歩10分
料金
一般400円、小・中学生200円(20名以上の団体は一般320円、小・中学生160円)

古河歴史博物館

古河ゆかりの資料を展示

古河の歴史紹介を中心に、文化遺産を展示。古河藩家老で蘭学者でもあった鷹見泉石の業績や、古河藩主の土井利位が作成した『雪華図説』も見ることができる。

古河歴史博物館

古河歴史博物館

住所
茨城県古河市中央町3丁目10-56
交通
JR宇都宮線古河駅から徒歩15分
料金
大人400円、小・中・高校生100円(20名以上の団体は300円、障がい者手帳持参で本人と介護者1名入場無料)

古河街角美術館

古河市ゆかりの美術作品を展示

市民のための美術館で、2階は市民ギャラリーとして貸し出している(市外の人も利用可)。1階は古河ゆかりの作家の作品を中心に展示している。

古河街角美術館
古河街角美術館

古河街角美術館

住所
茨城県古河市中央町2丁目6-60
交通
JR宇都宮線古河駅から徒歩8分
料金
無料、企画展は別料金

本場結城紬 郷土館

結城紬の歴史や製造工程を紹介

結城紬ができるまでの工程を展示、実演。1階には機織りや八丁撚糸機なども展示されている。2階は織り上げられた紬を展示、販売。地機織りの体験もできる。

本場結城紬 郷土館

本場結城紬 郷土館

住所
茨城県結城市結城116
交通
JR水戸線結城駅から徒歩7分
料金
入館料=無料/地機織り体験(要予約)=2160円(1時間)、3240円(2時間、重要文化財のいざり機使用、作品持ち帰り可)/

結城市民情報センター

文化・観光の発信地

結城の特産品を販売する物産センターなどがあり、イベントも開催される。4階には天体ドームがあり、観測日には無料で参加できる。

結城市民情報センター
結城市民情報センター
結城市民情報センター

結城市民情報センター

住所
茨城県結城市国府町1丁目1-1
交通
JR水戸線結城駅からすぐ
料金
施設により異なる

鷹見泉石記念館

古河で生まれた蘭学者。晩年を過ごした茅葺きの武家屋敷を公開

天明5(1785)年古河で生まれた鷹見泉石は、古河藩の家老を務め、蘭学者としても著名だった。彼が晩年を過ごした茅葺きの武家屋敷を、記念館として公開している。

鷹見泉石記念館

鷹見泉石記念館

住所
茨城県古河市中央町3丁目11-2
交通
JR宇都宮線古河駅から徒歩15分
料金
無料

結城蔵美館

お目当てはイケメン名刀「御手杵の槍」

ゲーム「刀剣乱舞」ファンの女性たちが訪れる美術館。お目当ては常設展示されている天下三名槍のひとつ「御手杵の槍」。ゲーム内で擬人化され人気に。

結城蔵美館
結城蔵美館

結城蔵美館

住所
茨城県結城市結城1330
交通
JR水戸線結城駅から徒歩15分
料金
無料

板谷波山記念館

下館生まれの天才陶芸家

板谷波山は明治5(1872)年、下館に生まれた陶芸家で、昭和28(1953)年に陶芸家として初めて文化勲章を受章した。作品や道具類、愛用品などを展示。

板谷波山記念館
板谷波山記念館

板谷波山記念館

住所
茨城県筑西市甲866-1
交通
JR水戸線下館駅から徒歩10分
料金
大人200円、高校生以下無料(団体10名以上は一般150円、しもだて美術館と共通券あり、各種障がい者手帳持参で無料)

しもだて美術館

郷土ゆかりの作家を紹介

筑西市出身の陶芸家・板谷波山、洋画家・森田茂をはじめ、郷土ゆかりの芸術家たちの作品を展示している。空中展示プロムナードからは筑波山も望める。

しもだて美術館
しもだて美術館
しもだて美術館

しもだて美術館

住所
茨城県筑西市丙372
交通
JR水戸線下館駅から徒歩8分
料金
大人200円、高校生以下無料、企画展は要問合せ(10名以上の団体は150円、障がい者手帳持参で本人と介護者1名入館無料)

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください