トップ > 関東・甲信越 > 北関東 > 結城・下館 > 結城 > 

茨城【結城】おすすめ注目スポット!見る、食べる、遊ぶ!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2018年6月28日

この記事をシェアしよう!

茨城【結城】おすすめ注目スポット!見る、食べる、遊ぶ!

もっと知りたい!注目スポット

築地塀

城下町の雰囲気を今に伝える 結城/史跡
市役所から結城小学校にかけての日高川通りに沿って続く白い築地塀。そばを流れる堀割や橋、街灯も歴史と伝統を感じさせる。

築地塀

春には堀沿いに桜が咲き、ピンクと白のコントラストが楽しめる

築地塀

住所
茨城県結城市結城1447
交通
JR水戸線結城駅からタクシーで6分
料金
情報なし

紬の里

好みの糸で機織り体験 結城/体験施設
古い歴史をもつ高級絹織物で、国の重要無形文化財にも指定されている結城紬を販売・展示。機織り体験や藍染体験も気軽に楽しめる。

紬の里

伝統の結城紬は一反織るのに半年以上かかる

紬の里

住所
茨城県結城市本町2515
交通
JR水戸線結城駅からタクシーで5分
料金
機織り体験(コースター、要予約)=1500円~/藍染め体験(ハンカチ、要予約)=1000円~/紬小物販売=540円~/

甘味茶蔵 真盛堂

老舗菓子処直営の甘味処 結城/カフェ
昭和7(1932)年創業の菓子処「真盛堂」直営の甘味処。蔵を改装した純和風の店内で、和菓子はもちろん、あんみつやパフェなども味わえる。

甘味茶蔵 真盛堂

抹茶クリームあんみつ702円

甘味茶蔵 真盛堂

住所
茨城県結城市結城1362
交通
JR水戸線結城駅から徒歩12分
料金
抹茶パフェ(L)=842円/抹茶クリームあんみつ=702円/御手杵パフェ=1080円/月替わりランチ=1080円/

ギャラリー&カフェ壱の蔵

見世蔵の中でひと息つける 結城/カフェ
「つむぎの館」の敷地内にある蔵造りの店内で、こだわりのコーヒーや結城ならではのスイーツが楽しめる。その時どきのテーマに沿った結城紬を多数展示。

ギャラリー&カフェ壱の蔵

結城名物のゆで饅頭はしっとりとした皮が特徴

ギャラリー&カフェ壱の蔵

住所
茨城県結城市結城12-2つむぎの館
交通
JR水戸線結城駅から徒歩15分
料金
ゆで饅頭=100円/深炒りオリジナルブレンドコーヒー=400円/お抹茶=500円/

結城酒造

江戸時代から続く蔵元の渾身の一献 結城/地酒
江戸時代から続く蔵元。安政年間に建てられた蔵の中には、敷地内の井戸水を使用し、素材と製法にこだわり抜いて仕込んだ日本酒の樽が並ぶ。

結城酒造

人と酒と町を結びたいという願いがこめられた酒

結城酒造(見学)

住所
茨城県結城市結城1589
交通
JR水戸線結城駅から徒歩10分
料金
見学料=無料/富久福純米酒=1410円(720ml)/特別醸造酒結=1080円(720ml)/

富士峰菓子舗

昔ながらの「ゆでまんじゅう」が人気 結城/和菓子
結城の名物「ゆでまんじゅう」を昔ながらの製法で製造。ゆでまんじゅうは、疫病が流行ったとき、結城の殿様が民に食べさせ病気を癒したといわれる。

富士峰菓子舗

ゆでまんじゅう90円(1個)

富士峰菓子舗

住所
茨城県結城市結城78
交通
JR水戸線結城駅から徒歩10分
料金
ゆでまんじゅう=90円(1個)/結城の女=95円(1個)/手織最中=1750円(10個入り)/桑摘みサブレ=1000円(12枚入り)/

結城澤屋

新スタイルの結城紬を提案 結城/着物・和装小物
結城紬の老舗「奥順」がプロデュースする着物屋。伝統を守りつつ、今の価値観に沿う新しい着物やアイテムを取りそろえている。限定品も多数用意。

結城澤屋

現代に合った着物がコーディネイトできる

結城 澤屋

住所
茨城県結城市結城12-2
交通
JR水戸線結城駅から徒歩15分
料金
着物(仕立て代込)=184000円~/帯揚げ=8640円~/帯留め=4370円~/
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください