コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  茨城【結城紬】日本最古の絹織物をまるっと紹介

茨城【結城紬】日本最古の絹織物をまるっと紹介

by mapple

更新日:2018年1月20日

鎌倉時代より結城家の城下町として発展した結城市。街のそこここに古社寺や土蔵、格子戸の家が残り、落ち着いた雰囲気が漂う。国の重要無形文化財である結城紬が有名。2010年にユネスコの無形文化遺産にも登録された結城紬の魅力を徹底紹介。

アクセス

鉄道
秋葉原駅→結城駅
つくばエクスプレス快速・区間快速+関東鉄道常総線+JR水戸線(守谷駅・下館駅乗り換え)
●所要時間/1時間45分 ●料金/2310円

鉄道
東京駅→結城駅
JR宇都宮線快速・普通+JR水戸線(小山駅乗り換え)
●所要時間/1時間30分 ●料金/1490円


北関東自動車道 桜川筑西IC→結城駅前
国道50号・県道15・20号
●所要時間/35分


東北自動車道 佐野藤岡IC→結城駅前
国道50号・県道17号
●所要時間/40分

つむぎの館

結城紬のミュージアム
明治40(1907)年創業の老舗問屋「奥順」が営む結城紬の総合施設。日本国内で最大の品ぞろえを誇り、結城紬の制作工程や古文書などを紹介している。機織り体験などもできる。

結城紬のキホンを学ぶ!

結城紬が世界的にも認められる理由は、その独自の制作工程にある。まずは歴史をチェック。
つむぎの館に来たなら、まずは資料館へ行こう。結城紬の歴史や制作工程を学ぶことができる。続いて中庭を抜けて、明治期に建てられた結城 澤屋(P.93)へ。アーティスティックな商品は見るだけでも楽しい。その後は美しい結城紬がずらりと並ぶ陳列館を見てから、結の見世でみやげを探そう。

陳列館
多数ある結城紬を実際に見て触れよう

陳列館内部

結城澤屋
現代にマッチした商品を展示販売

資料館
資料館1階で見られる結城紬の歴史資料

機織り体験にチャレンジ!

織場館では結城紬の歴史ある製法の一部を少しだけ体験することができる。来館の記念に自分だけのオリジナルグッズを作ってみよう。

体験DATA(予約制)
所要時間:30分〜
体験料:2000円〜
メニュー:機織り、草木染め

1 糸を選ぶ

始める前に先生から手順の説明を受ける。次にコースターのアクセントとなる緯糸を選ぶ。色は常時10種類以上。

2 横糸をセット

コースター作りで使うのは初心者には難しい地機ではなく高機(たかはた)織機。先生の指導を受けながら、織り方を学ぶ。

3 機織り

機織り機にセットされている経糸に緯糸を通していく。足元をリズムよく動かし、トントンと打ち込む。

4 仕上げ

約30~45分織ったら、先生にコースターの房の部分の仕上げをお願いする。最後は、ハサミで切り離して完成。

完成!!
コースターはおみやげに持ち帰れます。色とりどりの横糸がベージュの縦糸と組み合わさってとてもすてき!

草木染め

時間があったらこちらも!
織場館では定期的に、季節ごとの素材を使った草木染めの染色体験もできる。(2000円〜)

おみやげ人気Best3

3位 結城紬 ストロールバッグ

和装にも洋装にも似合う一風変わったバッグ。男性が使っても重宝する。5400円〜

2位 結城紬 豆ランド がま口

伝統的な結城紬の柄が描かれた種類豊富ながま口。小銭入れ以外にも使えてねだんもお手ごろ。各1620円

1位 結城紬ショール

季節ごとに生地の風合いが違う新作が登場する人気商品。やわらかい手ざわりで保温性抜群。1万9440円〜

筆者:mapple

まっぷる茨城 大洗・水戸・つくば’18

発売日:2017年11月07日

Amazonで購入する

この記事の出展元は「まっぷる茨城 大洗・水戸・つくば’18」です。掲載した内容は、2017年4月〜8月の取材・調査によるものです。取材・調査後に飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×