>  >  >  >  >  >  【上高地観光完全ガイド】見どころとおすすめグルメ、おみやげ・ホテルまでまとめてご紹介

【上高地観光完全ガイド】見どころとおすすめグルメ、おみやげ・ホテルまでまとめてご紹介

目次

  • 上高地ってこんなところ ~一度は見たい絶景
  • ここが楽しい!上高地3つのキーワード
  • 上高地へのアクセス
  • 上高地バスターミナル ~上高地観光の起点
  • 知っておきたい基本情報 上高地Q&A
  • 上高地 主要スポット間の移動時間表
  • 上高地ハイキング おすすめの3コース
  • 上高地 おすすめリゾートランチ
  • 上高地 ホテルカフェの贅沢スイーツ
  • 上高地 人気おすすめ土産
  • 上高地 憧れの山岳リゾートホテルステイ
  • プロと歩いて新発見!ガイドツアー

【大正池〜河童橋】コース

山岳風景を楽しむ初心者向けコース

大正池バス停で降り、階段を下りていくと美しい水面に焼岳の姿を映す❶大正池がある。原生林と湿地の中に整備されたアップダウンのない木道を進むと、まもなく❷田代湿原&田代池に到着する。そこから自然研究路の「梓川コース」と「林間コース」に分かれるが、どちらも歩きやすくハイキング気分で散策できる。穂高連峰を一望できる❸田代橋・穂高橋を渡ると、まもなく❹ウェストン・レリーフに到着。ゴールには、穂高連峰と梓川の絶景で知られる❺河童橋が待っている。

コースDATA
【歩行時間】 約1時間
【歩行距離】 約3.7km
【体力】 ★☆☆
【テクニック】 ★☆☆
【トイレ】 5カ所

【Start】大正池バス停

大正池バス停で下車して河童橋へ向かうのがおすすめ。

【Start】大正池バス停

1.大正池

大噴火で姿を現した幻想的な池
青く澄んだ湖面に立ち枯れた木々が何本も伸びる、神秘的な光景が人気のスポット。大正時代、焼岳の噴火によって梓川がせき止められて一夜でできた。今も池の底にはかつての森が沈んでいるとされる。水面には、今も噴気口が活動している焼岳の姿が映る。

1.大正池
写真:123RF

大正池の上流に目を向けると、春先は雪を頂にのせた穂高連峰が見える

1.大正池

焼岳を望む大正池。土砂の流入により、年々面積が小さくなっている

1.大正池

朝もやの大正池を見るなら、上高地や沢渡に宿泊がおすすめ

大正池の朝もやを見よう!
朝夕と日中の気温差の激しい夏によく見られる大正池の朝もや。朝日が完全に昇る前の光景なので、暗いうちに出発しよう。早朝は寒いので防寒を忘れずに。

2.田代湿原&田代池

連なる穂高連峰を望む緑美しい湿原
枯れた水草などが積もり、長い歳月をかけてできたとされる田代湿原。穂高連峰を望める絶好の展望ポイントとしても知られる。池の正面に見える霞沢岳や六百山からの伏流水をたたえる田代池は、冬でも凍結しない。

2.田代湿原&田代池

水草の堆積や土砂の流れ込みで、田代池の大部分は湿原化している

2.田代湿原&田代池

原生林に囲まれ穂高連峰を望める田代湿原

続きを見る

上高地 おすすめリゾートランチ

リゾートホテルのランチで優雅な時間を過ごすのも、気軽な食堂で山気分を満喫できるのも上高地の楽しさ。信州の食文化の奥深さもわかる、とっておきメニューを堪能しよう!

アルペンローゼ

山小屋風レストランで伝統の味に触れる
スイスの山小屋のようなかわいらしいレストラン。安曇野産の食材を生かした洋食が好評。人気のオムライスは、卵を焼岳に、ソースを大正池に見立てた遊び心も楽しい。

アルペンローゼ

信州産地卵のオムライスとハッシュドビーフ
伝統のハヤシソースと信州地卵に、酸味のあるトマト風味のライスが絶妙にマッチ。

アルペンローゼ

木のぬくもりが感じられる店内

アルペンローゼ

住所
長野県松本市安曇上高地
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間15分、帝国ホテル前下車すぐ
営業期間
4月下旬~11月上旬
営業時間
11:00~14:30(L.O.)、17:30~20:00(L.O.、日帰り利用の場合は昼のみ)
休業日
期間中無休
料金
信州産地卵のオムライスとハッシュドビーフ=2950円/帝国ホテル伝統のビーフカレー=2600円/ 平均予算(昼):3000円, 平均予算(夜):5000円(サービス料別)

あずさ庵

厳選食材を名門ホテルの技で味わうという贅沢
シックな内装が気品を感じさせる上高地帝国ホテルの和食処。信州産地鶏“真田丸”を使った親子丼は肉の旨みと食感が秀逸。ほかに天ざる蕎麦膳もおすすめだ。

あずさ庵

信州地鶏真田丸 親子丼
しっかりとした肉質の信州産地鶏“真田丸”と濃厚な味のブラウンエッグがベストマッチ。

あずさ庵

赤い屋根が印象的なホテルの和食処

上高地帝国ホテル あずさ庵

住所
長野県松本市安曇上高地 上高地帝国ホテル
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間15分、帝国ホテル前下車すぐ
営業期間
4月下旬~11月上旬
営業時間
7:00~、8:00~、9:00~(最終入場、朝食)、11:30~14:00(L.O.、昼食)、17:30~、19:30~(最終入場、夕食)、日帰り利用の場合は昼のみ
休業日
期間中無休
料金
あずさ庵ざる蕎麦=1650円/あずさ庵特選松花堂弁当=5400円/信州地鶏真田丸親子丼=2400円/天ざる蕎麦膳=2700円/富山湾産白海老のかき揚げ丼=2700円/ 平均予算(昼):2600円, 平均予算(夜):2600円(サービス料別)

やまのらうんじ

ソファでくつろぐランチタイム
多くの文人に愛されてきた上高地温泉ホテルのロビーラウンジ。食べやすい中辛のカレーライスのほか、無料で提供されている“清水川の水”もおいしいと評判だ。

やまのらうんじ

ハンバーグチーズカレー
調理スタッフこだわりのオリジナルカレーにハンバーグ&チーズをトッピング。

やまのらうんじ

敷地内には温泉ホテルならではの足湯も設置

上高地温泉ホテル やまのらうんじ

住所
長野県松本市安曇上高地4469-1
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間、帝国ホテル前下車、徒歩7分
営業期間
4月下旬~11月中旬
営業時間
7:00~15:30(L.O.)、ランチは11:00~14:00(L.O.)、宿泊者は~20:30(閉店)
休業日
期間中無休
料金
ハンバーグチーズカレー=1250円/カレーライス=890円/リンゴのシブースト=430円/モンブラン=480円/コケモモの高原ジュース=690円/石清水コーヒー=470円/生ビール=860円/ 平均予算(昼):900円, 平均予算(夜):900円

上高地 ホテルカフェの贅沢スイーツ

散策で歩きまわった体を癒してくれるのは甘いもの。上高地のホテルには、パティシエが腕によりをかけて作った自信作がずらり。ゆっくりと自慢のスイーツを味わいましょう。

グリンデルワルト

マントルピースたたずむラウンジで伝統の味を
マントルピースが印象的な上高地帝国ホテルのロビーラウンジ。伝統のレシピを守るカスタードプリンは濃厚な味わい。湧き水で淹れたコーヒーや紅茶とのセットは1日20食限定。

グリンデルワルト

上高地帝国ホテルのカスタードプリンセット(1日20食限定)
信州の地卵を使用した濃厚なプリン。直径約10cmという大きさもうれしいサプライズ。

グリンデルワルト

カマンベールチーズケーキ
上高地帝国ホテルで一番人気のケーキ。帝国ホテルのパティシエがひとつひとつ漉して手作りしている。

グリンデルワルト

ウッディな吹き抜け空間が山岳リゾート気分を高めてくれる

グリンデルワルト

住所
長野県松本市安曇上高地 上高地帝国ホテル
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間15分、帝国ホテル前下車すぐ
営業期間
4月下旬~11月上旬
営業時間
8:00~17:00(L.O.)、17:00~22:00(L.O.、日帰り利用の場合は昼のみ)、ケーキセット、サンドイッチセットは10:00~16:00(L.O.)
休業日
期間中無休
料金
上高地帝国ホテルのカスタードプリンセット(1日20食限定)=1600円/カマンベールチーズケーキ=950円/スイスタルト=950円/ミックスサンドイッチセット=3000円/ 平均予算(昼):1500円, 平均予算(夜):2000円(サービス料別)

ロビーラウンジ

スタイリッシュな空間で味わう季節のケーキ
黄色と茶色を基調とした明るく開放的な上高地ルミエスタホテルのラウンジ。季節ごとにオリジナルケーキが登場。四季を感じさせてくれるケーキはテイクアウトも可能。

ロビーラウンジ

和栗のモンブラン
国産栗を使ったマロンペーストの中に渋皮煮が入っている。カシスジャム入りのタルトの酸味とマロンの甘さが絶妙。

ロビーラウンジ

アップルパイ
コンポートしたリンゴの食感が楽しめるアップルパイ。シナモンの香りがアクセントに。

ロビーラウンジ

天井も吹き抜けで開放的なラウンジ

上高地ルミエスタホテル ロビーラウンジ

住所
長野県松本市安曇上高地4469-1 上高地ルミエスタホテル 1階
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間、帝国ホテル前下車、徒歩8分
営業期間
4月下旬~11月中旬
営業時間
8:00~15:30(L.O.)、ケーキは9:00~
休業日
期間中無休
料金
和栗のモンブラン=756円/焼岳シュークリーム=540円/あんずのタルト=各540円/コーヒー=648円/カフェ・オ・レ=864円/アップルパイ=648円/ 平均予算(昼):1000円

上高地 人気おすすめ土産

定番の山グッズや、信州の恵み豊かなグルメアイテムなど、上高地のおみやげは多種多様。各ホテル自慢のオリジナル商品は、誰に送っても喜ばれること間違いなし。

大正池ホテル

大正池ホテル

星降るホテルビール
【湖畔のホテルの地ビールで乾杯!】
大正池ホテルが展開する“星降るホテル”シリーズの地ビール。切れ味の良さが特徴のケルシュなど3種類。

大正池ホテル

住所
長野県松本市安曇上高地
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで50分、大正池下車すぐ
営業期間
4月下旬~11月中旬
営業時間
イン15:00、アウト10:00(7:00~19:30)
休業日
期間中無休
料金
1泊2食付=17820円~(大正池に面した和室・洋室)、15120円~(大正池に面していない洋室)/星降るホテルビール=770円/

上高地帝国ホテル ギフトショップ

上高地帝国ホテル ギフトショップ

上高地帝国ホテルビーフカレー
【レトロなパッケージも人気の秘密】
欧風カレーに長野県産国産牛を合わせた伝統の味。開業当時をしのばせるレトロなパッケージも魅力的。

上高地帝国ホテル ギフトショップ

住所
長野県松本市安曇上高地 上高地帝国ホテル
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間15分、帝国ホテル前下車すぐ
営業期間
4月下旬~11月上旬
営業時間
8:00~20:00
休業日
期間中無休
料金
マフラータオル=1620円/フルーツガレット=1350円~/アルペンの便りクッキー=820円/プレートチョコレート アールグレイ&カフェ=1500円/マグカップ=1620円/マントルピースサブレ=1510円/上高地帝国ホテルビーフカレー=1200円/

上高地のおみやげ屋さん

上高地のおみやげ屋さん

ガーゼタオル
【幸せを呼ぶカッパ柄!?】
カッパと四つ葉のクローバーがキュートな“幸せカッパ”シリーズのミニタオル。ペンケースなどもある。

上高地のおみやげ屋さん

上高地チーズタルト
【1カットの食べきりサイズ】
濃厚な味わいが人気のベイクドチーズタルト。個包装で冷凍販売されているので、散策前に購入すれば、歩き疲れた頃には食べごろに。

上高地のおみやげ屋さん

上高地スティックケーキ
【スティック型&個包装がうれしい】
食べやすい形状の焼き菓子。クルミ、リンゴ、栗の3種類。個包装なので必要な数だけ買え、配るのにも便利。

上高地のおみやげ屋さん

上高地プリン
【散策途中のお楽しみ】
口あたりがなめらかで、バニラビーンズや卵の味もしっかりしている濃厚なプリン。散策の休憩にもどうぞ。

上高地のおみやげ屋さん

住所
長野県松本市安曇上高地4468
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間5分、終点下車すぐ
営業期間
4月下旬~11月中旬
営業時間
7:00~18:00
休業日
期間中無休
料金
上高地プリン=400円/上高地ソフトクリーム=400円/上高地カッパコロッケ=180円/上高地スティックケーキ=各260円/山賊弁当=990円/信州りんごのパウンドケーキ=2100円/カッパのぬいぐるみ=1440円/ガーゼタオル=550円(1枚)/五千尺ホテルオリジナル・クッキー5種類=各980円/ベイクド・チーズ・タルト=2550円/ブルーベリージャム=980円/信州豚おやき=300円/上高地チーズタルト=800円/安曇野産玉葱タルタルディップ=780円(プレーン)、830円(卵)/

上高地 憧れの山岳リゾートホテルステイ

上高地の魅力をより深く感じるために、ぜひともホテルステイを体験したい。優雅なディナーや、静寂のなかの散策など、宿泊してこその、とっておきの時間を過ごしてみよう。

五千尺ホテル

河童橋と穂高連峰を望む抜群のロケーション
上高地バスターミナルから徒歩5分

1918(大正7)年創業の老舗ホテル。河童橋に近く、梓川と穂高連峰を望む絶好のロケーションに建つ。館内は松本民芸家具が置かれ、シックで落ち着いた雰囲気。細部までこだわったインテリアなど、とくに女性からの人気が高い。

五千尺ホテル
五千尺ホテル

[ここに注目!]独自の食材圏にこだわった五千尺キュイジーヌ

松本市内の自社農園で採れた野菜をはじめ、山海の幸をアート作品のような一皿に昇華させている。

旬に合わせシーズン中に数度のメニュー変更がある

五千尺ホテル

住所
長野県松本市安曇上高地4468
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間10分、終点下車、徒歩5分
営業期間
4月下旬~11月中旬
営業時間
イン15:00、アウト11:00
休業日
期間中無休
料金
1泊2食付=24500円~/

山の旅舎 五千尺ロッヂ

木のぬくもりを感じる建物と名物バイキング
上高地バスターミナルから徒歩6分

梓川のほとりに建ち、木のぬくもりにあふれるホテル。和室の窓からは雄大な自然も眺められる。夕食は地元の食材を使ったバイキングで、和・洋・中のメニューが揃いボリュームも満点。

山の旅舎 五千尺ロッヂ

自然との一体感があるロビー

[ここに注目!]種類豊富なバイキング

夕食のバイキングは30種類以上のメニューが揃う。隔日で2パターンの料理が提供されるので連泊でも飽きることがない。シーズン中に数回のメニューリニューアルもある。

山の旅舎 五千尺ロッヂ

住所
長野県松本市安曇上高地4469-1
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間10分、終点下車、徒歩6分
営業期間
4月下旬~11月中旬
営業時間
イン15:00、アウト11:00
休業日
期間中無休
料金
1泊2食付=11880円~、15120円~(3名1室)、16200円~(和室)/

上高地アルペンホテル

梓川を見下ろす癒しの空間
上高地バスターミナルから徒歩10分

欧州風の外観と、吹き抜けのロビーが異国情緒を漂わせ、夕食は和風会席が自慢という、和洋の良さを上手に融合させているホテル。少し坂を上った場所にあるため眺望も抜群だ。日帰り入浴も人気が高い。

上高地アルペンホテル

坂の上なので展望浴場からの眺望も格別

上高地アルペンホテル

マントルピースのある広々としたロビー

[ここに注目!]地産地消の和風会席

信州和牛、信州サーモン、伝統野菜など地のもののおいしさを存分に生かした繊細な料理が味わえる。イワナやニジマスなどの川魚をはじめ、春や秋は山菜やキノコ、夏には旬の野菜など、四季折々の食材を堪能できる。

上高地アルペンホテル

住所
長野県松本市安曇上高地4469-1
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間10分、終点下車、徒歩10分
営業期間
4月下旬~10月下旬
営業時間
イン14:30、アウト9:30(ショップは7:00~20:00)
休業日
期間中無休
料金
1泊2食付=19440円~/1泊2食付(相部屋、ハイカーズベッド、平日)=9180円/外来入浴(7:00~10:00・12:00~14:00)=600円/天然醸造醤油=680円/だいだいドレッシング=680円/

プロと歩いて新発見!ガイドツアー

上高地をもっと深く知るには、ガイドウォークがおすすめ。各スポットについての詳細や、植物についての説明などを受けながら、興味深く散策できる。

プロと歩いて新発見!ガイドツアー

上高地ナショナルパークガイド

時間と希望に合わせたガイドメニュー
上高地の自然を十分満喫できるコースが用意されている。五千尺ホテル内に受付があるので、行ってみよう。

上高地ナショナルパークガイド

住所
長野県松本市安曇上高地4468 五千尺ホテル内
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間10分、終点下車、徒歩5分
営業期間
4月下旬~11月15日
営業時間
8:00~16:00(閉館)
休業日
期間中無休
料金
ガイド(1時間~応相談)=2592円(1名、1時間)/

上高地ビジターセンター

日替わりのガイドウォークがおすすめ
上高地の自然に精通したガイドが案内するコースは、ビジターセンターから大正池と明神池の日替わりの2コース。

上高地ビジターセンター

住所
長野県松本市安曇4468
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間5分、終点下車、徒歩8分
営業期間
4月中旬~11月中旬
営業時間
8:00~17:00(閉館)
休業日
期間中無休
料金
入館料=無料/絵葉書=50円~/ガイドウォーク=500円/

上高地白樺自然学校

ホテルが実施するガイドツアー
7月中旬〜8月中旬にはガイドツアーを毎日実施。早朝や夜出発のユニークなツアーも開催している。

上高地白樺自然学校

住所
長野県松本市安曇上高地4468 ホテル白樺荘内
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通上高地行きバスで1時間5分、終点下車、徒歩5分
営業期間
4月下旬~11月中旬
営業時間
ツアーにより異なる
休業日
期間中無休
料金
参加料=1000円~/

上高地エリアの問い合わせ先

●上高地インフォメーションセンター 【期間】4月中旬〜11月上旬 0263-95-2433
●アルプス観光協会 0263-94-2221
●松本市山岳観光課 0263-94-2307
●上高地タクシー共同配車センター 【期間】4月中旬〜11月上旬 0263-95-2350
●さわんど温泉観光案内所 0263-93-1800
●上高地観光アソシエーション www.kamikochi.or.jp

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

この記事の出典元は「まっぷる上高地」です。掲載した内容は、2017年8月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×