コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【北アルプス】一度は見たい!絶景スポットをチェック!

【北アルプス】一度は見たい!絶景スポットをチェック!

by mapple

更新日:2018年9月22日

日本有数の山岳リゾートとして名高い上高地や、名峰・乗鞍岳の麓に広がる乗鞍高原は、北アルプスの穂高連峰や乗鞍岳を望む絶好のスポット。周辺に湧く乳白色の名湯・白骨温泉や奥飛騨温泉郷も、山並みを楽しめる温泉地だ。山々がつくり出した絶景スポットを紹介しよう。

上高地

雄大な山々と清流に癒される日本屈指の山岳リゾート
壮大な穂高連峰や透き通った美しさの梓川、幻想的な大正池や明神池、自然の息吹を感じる原生林などの景色が魅力的な上高地。山岳リゾートとして発展してきた上高地を、ハイキングをしながらゆっくりと満喫したい。

ベストシーズン
5月下旬~6月上旬:新緑
7~8月:花
10月上旬~下旬:紅葉

河童橋

梓川に架かる吊り橋は上高地のシンボル
梓川に架かる河童橋は上高地を代表する名所。芥川龍之介の小説『河童』にも登場する。カラマツ材で造られた長さ約36mの吊り橋からは上流に穂高連峰、下流に焼岳が望める。

穂高連峰に残雪の残る新緑の時季(5月下旬〜7月中旬)がおすすめ

大正池

立ち枯れの木々が絵になる幻想的な池
1915(大正4)年の焼岳の噴火によって誕生した大正池。立ち枯れの木々が水面から突き出す光景は、一夜にして水没した林を物語っている。早朝に見られる朝もやに包まれた池も幻想的で美しい。

自然の美しさもすさまじさも感じられるスポット

清水川&梓川

上高地の中心を流れる梓川は槍ヶ岳が源流。川底まで見えるほど透明度が高い。湧き水が流れる清水川は上高地の飲料水として使われるほどきれいでおいしい水。

水温が6℃ほどに保たれている清水川の川風は涼しい

河童橋の下にはエメラルドグリーンに輝く梓川が流れる

田代池

湿原化が進んでいく静寂の池
霞沢岳などの伏流水がたたえられてできた浅い池。湧き水なので水温が一定で、夏は冷たく、冬は全面凍結しない。少しずつ土砂が流れ込み、埋まりつつあるといわれている。

水面が茶色く見えるのは堆積した土砂のため

明神池

穂高神社の神域に広がるパワースポットの池
明神池は一之池と二之池からなるヒョウタン形の池の総称。穂高神社奥宮が池畔にあり、「鏡池」「神池」とも呼ばれている。池からは尖った山容が印象的な明神岳が見える。

イワナが泳ぐ姿も見られる澄んだ一之池

岳沢湿原

六百山を望む花咲く湿原
河童橋から明神方面へ徒歩15分のところにある、湧き水をたたえた湿原。ニッコウキスゲやレンゲツツジが湿原周辺を鮮やかに彩る6〜7月にぜひ訪れたい。

デッキから六百山を望む

穂高神社奥宮

日本アルプスの総鎮守
長野県安曇野市にある穂高神社の奥宮。日本アルプスの総鎮守であり、海陸交通守護の神でもある穂高見命が祭神。嶺宮は奥穂高岳の山頂に祀られている。

木立の中に現れる穂高神社奥宮の鳥居

多くのハイカーや登山客が参拝に訪れる

梓川右岸歩道

五感を研ぎ澄まして歩く散策路
梓川右岸歩道は河童橋から明神池へ向かうハイキングルート。起伏に富んだ木道は歩きやすく、原生林や小川に横たわる苔むした木々などを眺めながら森林浴が楽しめる。

森の中を流れる小川のせせらぎも楽しみたい

明神橋

雄大な明神岳を眺める眺望抜群の橋
梓川上流に架かり、河童橋~明神橋コースの折り返し地点となる橋。名峰・明神岳の眺めが見事で、記念撮影のスポットとして人気がある。

明神橋越しのアングルで眺める明神岳も美しい

徳沢

ハルニレの木が点在する草原
北アルプスへの登山基地である徳沢の草原は以前は牧場だった場所。そこに建つ「氷壁の宿 徳澤園」は、井上靖の小説『氷壁』の舞台になった宿として人気がある。

登山基地の徳沢キャンプ場には色とりどりのテントが並ぶ

5月中旬にはニリンソウの群生が咲き誇る

「氷壁の宿 徳澤園」の食堂で休憩もできる

上高地の動植物

マイカー規制で自然が守られてきた上高地。原生林の中に点在する巨木や足元に可憐な花を咲かせる草花、優雅に泳ぐマガモやオシドリ、美声を響かせる野鳥など、時折立ち止まりながら上高地の息吹を感じよう。

梓川右岸歩道に覆いかぶさるようなイチイの大木

小梨平などに多いカラマツの紅葉は輝くような黄金色に染まる

7月中旬から8月上旬にかけて咲くシシウド

上高地ルミエスタホテルの前で咲くシナノナデシコ

上高地では野生のサルを見かけることも

大正池や梓川でよく見られるマガモ

乗鞍

標高1500mに広がる高原や豪快な滝から標高3026mの山頂まで移り変わる景色を堪能
名峰・乗鞍岳の麓に広がる乗鞍高原は、ハイキングや滝巡り、シャワークライミングなどアクティビティが充実。標高2702mの高山植物の宝庫、畳平からは乗鞍岳への登山も楽しめる。山頂から見渡す日本の名山の数々は圧巻の風景だ。

ベストシーズン
7~8月:高山植物
9月下旬~10月下旬:紅葉

乗鞍三滝

豪快に流れ落ちる乗鞍高原を代表する三名滝
落差40m、幅15mで最も迫力のある番所大滝、2カ所から眺められる善五郎の滝、日本の滝百選に選ばれた三本滝は、乗鞍高原でぜひ訪れたいベスト3の滝。滝巡りをしながら散策を楽しもう。

乗鞍三滝でいちばん規模の大きい番所大滝

滝見台から見た善五郎の滝。背後には乗鞍岳が見える

溶岩を滑るように落ちるクロイ沢の滝。三本滝は3つの滝の総称

一の瀬園地

池や滝を巡る花咲くハイキングコース
乗鞍高原中央部にある標高1500mの一の瀬園地は、白樺林や池、滝などが点在する。遊歩道が整備されているので2時間30分ほどで一周することができる。周辺にはサイクリングコースもある。

木々や山、空までもが鏡のように水面に写る美しさ

畳平

標高2700m地点を彩るお花畑
乗鞍高原や平湯温泉からシャトルバスで行く畳平は、乗鞍岳登山の玄関口。登山客だけでなく、高山植物を目当てにお花畑の散策に訪れる人も多い。7月中旬~8月上旬が見ごろ。

高山植物はお花畑を一周できる木道から楽しめる

畳平のご来光

乗鞍高原や平湯温泉から畳平までは「ご来光バス」が運行している。乗鞍に宿泊するのなら、早起きしてご来光を眺めるのもおすすめ。大黒岳や富士見岳に登ってご来光を拝もう。

早起きしてみる価値のあるご来光

乗鞍の紅葉

紅葉は9月中旬に乗鞍岳大雪渓のナナカマドから始まる。畳平付近は9月下旬~10月上旬に見ごろを迎え、高原は10月上旬頃から色づき始める。標高差があるので1カ月ほど楽しめる。

乗鞍エコーラインの紅葉。マイカー規制されているのでバスから楽しもう

乗鞍岳

3000m級の名山から眺める大パノラマ
日本百名山に選ばれている標高3026mの乗鞍岳(剣ヶ峰)は、標高2702mの畳平が出発地点となるので登りやすい。山頂から眺める、山々が織りなす壮大な風景は登った人へのご褒美だ。

富士見岳山頂から見た主峰剣ヶ峰。手前の雪渓が残る不消ヶ池は神秘的だ

乗鞍岳山頂からは北アルプスのほぼ全容を眺められる

奥飛騨温泉郷

北アルプスを望む山間に湧く個性豊かな5つの温泉地
平湯温泉・福地温泉・新平湯温泉・栃尾温泉・新穂高温泉の5つが集まる奥飛騨温泉郷。開放的な大露天風呂や古民家宿の木造の湯船などがあり、湯巡りもおすすめだ。新穂高ロープウェイでは絶景の空中散歩を楽しみたい。

ベストシーズン
5月:新緑
10月上旬~下旬:紅葉
12月下旬~2月:冬まつり

大露天風呂

野趣あふれる新穂高温泉の湯船
奥飛騨温泉郷の最奥に位置する新穂高温泉は、野趣に富んだ大露天風呂を持つ宿が揃う。新穂高温泉近くを流れる蒲田川沿いには大露天風呂が多く、山々や清流を眺めながら開放的な湯浴みが楽しめる。

水明館 佳留萱山荘の混浴大露天風呂は広さ約250畳を誇る

川の流れを間近に感じる新穂高の湯の混浴露天風呂

自然のなかの足湯

山を眺めながら浸かる足湯をはじめ、店先や平湯バスターミナル、新穂高ロープウェイ乗り場まで湯量豊富な奥飛騨温泉郷には足湯が点在している。奥飛騨の湯を存分に堪能しよう。

標高1308mの新穂高ロープウェイのしらかば平駅前の足湯

栃尾温泉の緑豊かな河川公園に造られた蛍の湯

新穂高ロープウェイ

2階建てロープウェイで空中散歩
山麓の新穂高温泉駅と標高2156mの西穂高口駅を2つのロープウェイがつなぐ。山頂展望台からは晴れていれば槍ヶ岳や笠ヶ岳など、雄大な北アルプスを眺められる。

日本唯一の2階建てロープウェイで絶景の山頂展望台へ

白骨温泉

四季の移ろいを楽しめる山中に湧く白濁の名湯
標高1400mの山深い地に乳白色の湯が湧く白骨温泉。鎌倉時代にはすでに湧出していたという歴史ある温泉地だ。弱酸性の湯は肌にやさしく、飲泉も可能。温泉宿では朝食に温泉粥が味わえ、温泉を存分に堪能できる。

ベストシーズン
7~8月:夏の温泉
10月中旬~下旬:紅葉

乳白色の温泉

全国から温泉ファンが訪れる憧れの真っ白な湯
白骨温泉は「3日入れば、3年風邪をひかない」と昔から伝わる温泉。とくに胃腸病に効果があるといわれている。泡の湯旅館の大露天風呂は混浴だが、女性でも入りやすい配慮がされている。

白骨温泉の湯船は温泉の成分が結晶したものが覆うため、湯も湯船も白い

泡の湯旅館の混浴大露天風呂。白骨温泉を代表する露天風呂だ

小梨の湯 笹屋の風呂。緑に囲まれて入浴できる

温泉街の四季

自然に包まれた温泉街はどの季節に来ても癒される。新緑の美しい春、夜風が涼しい夏、山全体が黄色く色づく秋、水墨画のような雪景色になる冬など何度でも訪れたくなる。

by fotolia - ©tenjou

カラマツやカエデ、ミズナラが多く、10月は山々が黄色や赤に染まる

by fotolia - ©kn_setouchi

真っ白な雪に包まれた静寂の温泉街。雪見風呂も楽しめる

筆者:mapple

まっぷる上高地 乗鞍・奥飛騨温泉郷

発売日:2018年03月07日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×