「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  【姫路城】見学ルート!見どころを押さえて歩こう!

【姫路城】見学ルート!見どころを押さえて歩こう!

重要文化財 りの門・太鼓櫓

りの門は秀吉の義弟、木下家定時代のものと伝わる。この門の横に建てられている、時や戦の合図を告げるための太鼓櫓も見学しよう。

重要文化財 りの門・太鼓櫓

二の丸に入る手前にある櫓と門

いろいろな形が見られる狭間

狭間は、城を守る城兵が矢や鉄砲を敵に撃ちかけるため、壁に開けられた穴。丸や三角、四角など穴の形がさまざまな点がおもしろい。

いろいろな形が見られる狭間

多彩な形の狭間が城郭内の壁で見られる

お菊井戸

りの門をくぐると、少しひらけた二の丸に出る。スペースの中ほどに怪談「播州皿屋敷」が伝わる「お菊井戸」があるので見学を。

重要文化財 リの一渡櫓・二渡櫓

石落としや狭間を備えた櫓。リの一渡櫓には明治・昭和・平成時代に造られた大天守のしゃちほこが展示されている。

重要文化財 リの一渡櫓・二渡櫓

近年改修工事を終えて美しくよみがえった櫓

重要文化財 リの一渡櫓・二渡櫓

リの一渡櫓で3つの時代のしゃちほこを見学

重要文化財 ぬの門

二の丸から「いの門」方面をつなぐ門。豪華に装飾された二重の櫓門で、全国で現存するのは姫路城だけという。

重要文化財 ぬの門

鉄板張りの脇戸付き二重櫓門

人の顔のような鏡石

二の丸から「ぬの門」を抜けた右手にある石垣に、よく見ると人の顔のように積まれた「鏡石」がある。別名「人面石」ともいわれ、呪術的な意味で積まれたとも。

人の顔のような鏡石

近くで見るととても巨大な石

るの門

ぬの門と三国堀を近道で結ぶ門。メインの見学ルートからは外れているが、石垣を切り開いて造られたような狭く珍しい門なので歩いてみるのもおすすめ。

るの門

ぬの門を出て左手にある急な石段を降りていく

るの門

別名「穴門」ともいわれる

石垣の稜線で築城の時代の違いがわかる

るの門を出てすぐ左手にある石垣で、まっすぐにカットしたような稜線の風景が見られる。稜線の右は秀吉時代、左は池田時代に積まれたものだ。

石垣の稜線で築城の時代の違いがわかる

長い時をかけて石垣が積まれた証拠

筆者:mapple

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×