「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【龍野】閑静なしょうゆの里!播磨の小京都を町歩き♪

【龍野】閑静なしょうゆの里!播磨の小京都を町歩き♪

【龍野】閑静なしょうゆの里!播磨の小京都を町歩き♪

by mapple

更新日:2019年1月26日

脇坂藩の城下町として栄えた龍野。「播磨の小京都」と呼ばれる美しい町は、武家屋敷跡と醤油蔵が印象的だ。町並みと、龍野淡口醤油の名産品を楽しむ旅にでかけよう。

龍野藩主脇坂家の菩提寺、如来寺(左)には三木露風の歌碑と筆塚がある

懐かしい風景が町のあちこちに

町を流れる浦川

龍野醤油を知るにはうすくち龍野醤油資料館へ

【地域ブランド】龍野淡口醤油

特許庁の地域ブランド商標を取得した「龍野淡口醤油」。淡口醤油は江戸時代に龍野で誕生した。酒造りの失敗から生まれたともいわれ、酒造で醤油造りも行うところが多かったという。原料は通常の醤油と同じ大豆、小麦、塩、水だが、もろみに甘酒を加える製法の特徴がある。しかし、他の土地で同じ製法で造っても、薄い色の醤油にはならないという。播州平野でとれる大豆と小麦、赤穂の塩に加え、超軟水の揖保川の水質があってこそ、龍野淡口醤油ができるのである。

そうめん「揖保乃糸」も有名

そうめん「揖保乃糸」も有名

おいしい醤油を使っただしでいただく播州そうめん「揖保乃糸」も龍野の名産品

醤油に出会う社会見学

カネヰ醤油

伝統の味を守りつつ、新しい味を作る
脇坂藩のゐ蔵を譲り受け、1869(明治2)年に創業。淡口醤油の伝統を守りつつ、現代の味覚に合う新しい商品の開発にも力を入れる。本醸造醤油に昆布とカツオ節を漬けこんだ風味しょうゆ「うまみ」が有名。

カネヰ醤油
カネヰ醤油
カネヰ醤油

風味しょうゆ「うまみ」700㎖ 1296円
本醸造醤油に昆布とカツオ節を漬け込んだまろやかな醤油。かけ醤油として人気がある。

カネヰ醤油

本醸造しょうゆ1ℓ 594円
古来の製法で造られた本醸造醤油。淡口。

カネヰ醤油

濃口

カネヰ醤油

菜もろみ 140g 216円
醤油の搾汁前のもろみに、ショウガなどを加えて食べやすく調味したもの。キュウリやセロリなどにつけて。

カネヰ醤油

裏口横にあるしょうゆともろみの自動販売機

カネヰ醤油

ロゴはゐ蔵を表したもの。四角が珍しい煙突は1882(明治15)年ごろ建てられた

カネヰ醤油の詳細情報


住所
兵庫県たつの市龍野町上川原81
交通
JR姫新線本竜野駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:00
休業日
土・日曜、祝日GW休、8月13~17日休、12月29日~翌1月4日休

うすくち龍野醤油資料館

龍野醤油の歴史を知るならココヘ
ヒガシマル醤油の本社社屋と醤油蔵だった建物で、昭和初期までの麹室や仕込蔵などを再現している。道具類や製法などを紹介し、醤油製造全般にわたる資料や文献も数多く集めている。

うすくち龍野醤油資料館

醤油蔵だった建物を絵画展示場として公開している

うすくち龍野醤油資料館

レンガ造り風の建物は国登録有形文化財。兵庫県重要有形民俗文化財に指定された貴重な道具や資料もある

うすくち龍野醤油資料館の詳細情報


住所
兵庫県たつの市龍野町大手54-1
交通
JR姫新線本竜野駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休年末年始休

筆者:mapple

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×