>  >  >  >  >  > 

【足助】紅葉の香嵐渓さんぽ♪見どころをチェック!

まっぷるマガジン

更新日:2019年2月23日

この記事をシェアしよう!

【足助】紅葉の香嵐渓さんぽ♪見どころをチェック!

日本有数の紅葉の名所として知られる香嵐渓。モミジの開祖三栄和尚が“美しい自然をより美しく”との願いを込めて植樹した参道や巴川の渓谷美を堪能しよう。

香嵐渓

4000本のモミジが色づく絶景
山々に囲まれた香嵐渓では、四季折々の自然美を楽しむことができる。なかでも、巴川沿いから香積寺にかけて約1kmにわたり、4000本ものモミジが紅葉する秋の風景は圧巻。【見る】

香嵐渓

待月橋
巴川にかかる、香嵐渓のシンボルともいえる赤い橋は、絶好の撮影スポット

香嵐渓

住所
愛知県豊田市足助町飯盛地内
交通
名鉄豊田線浄水駅からとよたおいでんバス百年草行きで1時間、香嵐渓下車、徒歩8分

 ↓ 徒歩6分

香積寺

香嵐渓発祥の寺へ
1427(応永34)年に創建された曹洞宗の古刹。江戸時代初期、三栄和尚が経を詠むごとにカエデや杉を植えたのが香嵐渓の紅葉の始まりと伝えられている。【見る】

香積寺

香積寺

住所
愛知県豊田市足助町飯盛39
交通
名鉄豊田線浄水駅からとよたおいでんバス百年草行きで1時間、香嵐渓下車、徒歩10分

 ↓ 徒歩6分

三州足助屋敷

山里の暮らしを体験!
茅葺き屋根の母屋や土蔵を利用し、明治から昭和30年ごろまでの農家の暮らしを再現。わら細工、番傘作りなど職人の仕事風景を見学できるほか、はたおりや紙すき体験も楽しめる。【見る】

三州足助屋敷

重厚感ある茅葺き屋根

三州足助屋敷

職人の仕事を間近で見ることができる

桧茶屋

炭火で焼いている五平餅や鮎の塩焼きなど、山里の素朴な味を楽しめる食事処。予約をすれば10名以上で五平餅作り体験(11月以外)もできる。【食べる】【買う】

桧茶屋

【食事はココで】
五平餅 300円、鮎の塩焼き 500円

桧茶屋

【おみやげCheck】
天日干しした手作り梅干し 380円

三州足助屋敷

住所
愛知県豊田市足助町飯盛36
交通
名鉄豊田線浄水駅からとよたおいでんバス百年草行きで1時間、香嵐渓下車、徒歩10分

ライトアップを見に行こう

もみじまつりが開催される11月1日からは毎晩ライトアップを実施。

●見ごろ
11月中旬~下旬
●もみじまつり期間
11月1日〜11月30日
●ライトアップ
11月1日~11月30日/日没~21:00

ライトアップを見に行こう
ライトアップを見に行こう

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください