コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  神戸観光の玄関口【三宮・元町】周辺をチェック!

神戸観光の玄関口【三宮・元町】周辺をチェック!

by mapple

更新日:2018年2月14日

散策の起点となるターミナル駅三宮、そしてその西に隣接する元町。ともに多くの店が集まる繁華街なので、旅行中に立ち寄る機会も多い。

三宮~元町 攻略ポイント5

神戸観光を制するためにまずは三宮から元町を知ろう!

ショッピングビルやオフィスビルが林立する三宮駅周辺

ステンドグラスが目印の元町商店街の東入口

全長1.2kmの元町商店街

JR元町駅前

1.神戸観光の拠点は三宮(三ノ宮)駅

神戸市内はもちろん、大阪・京都へのアクセスの拠点となるのは、三宮(三ノ宮)駅。6つの路線の駅やシティー・ループ、市バスの乗り場も集まっている。ちなみに、新幹線の発着駅である「新神戸」駅とJR「神戸」駅はまったく別の位置にあるので注意。

大阪や京都から神戸へのアクセスとして活躍するJR神戸線

2.〝さんのみや"駅は 6つもあるの?

JRの「三ノ宮」駅をはじめ、阪急、阪神、地下鉄西神・山手線、地下鉄海岸線、ポートライナー各線の「三宮」駅と合計6つの三宮駅が周辺に集まっている。目的地まではどの路線が便利か事前にチェックしよう! JRのみ「三」と「宮」の間に「ノ」が入る。

三宮各駅は少しずつ離れた場所にあるので、注意して利用しよう

3.三宮~元町は徒歩圏内

三宮駅~元町駅はJRや阪神で電車移動もできるが、じつは徒歩でも15分ほど。駅間の高架下には、全400mの商店街「ピアザKOBE」があり、店を見ながら歩くのも楽しく、雨天の移動にも最適。

4.知ってて便利!山側・海側

道に迷って神戸の人に方向を聞くと、よく耳にする「山側」と「海側」。これは、JR線より北側=「山側」、南側=「海側」のこと。覚えておけば、地図を確認するときや人に道を尋ねるときに便利。

5.神戸市総合インフォメーションセンター「インフォメーション神戸」

観光情報はココでチェック
JR三ノ宮駅の東改札口を海側に出てすぐにある神戸市総合インフォメーションセンター「インフォメーション神戸」。街歩きで困ったことや、知りたいことがあるときに頼りになる、トラベラーの駆け込み寺。

シティー・ループを活用しよう!

街歩きの強い味方!
神戸の街を走る循環バス。主要な観光スポットをめぐり、車内ではガイドさんが観光案内をしてくれるので、エリアクルーズにぴったり!
●所要時間一周約1時間 ●運賃1回乗車260円

レトロでかわいいバスに乗ろう♪1日乗車券660円3回以上乗り降りするなら断然お得!

ショッピングビル&施設

待ち合わせも!買い物も!グルメも!おまかせの

ミント神戸

好感度なショップが集う複合ビル
洗練されたショップが集結する、カップルでも楽しめる複合商業施設。ファッション、グルメ、映画館など多彩なラインナップが魅力的。1階はバスターミナル。

神戸マルイ

若者から大人まで楽しめるショッピングビル
約60の人気ブランドがそろうファッションビル。1階から5階まで女性に評判の高いアパレルブランドやシューズ、バッグなどの旬のショップが集まり、常に大賑わい。

さんちか

昭和40(1965)年開業の地下ショッピングセンター
三宮駅前から南方面(海側)へ南北にのびる地下ショッピングセンター街。「○番街」と表示された9つに分かれたブロックにはファッションから雑貨、グルメまで120もの人気ショップが集結。

神戸・三宮センター街

神戸で一番賑やかな商店街
三宮駅前からすぐの海側を元町方面へ東西に続く商店街。高くて広いアーケードには最新ファッションや雑貨、グルメなど、さまざまなショップが軒を連ねていてる。

筆者:mapple

まっぷる神戸’18

発売日:2017年12月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる神戸’18」です。掲載した内容は、2017年8~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×