コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【伊勢神宮外宮】お参りモデルコースをチェック!

【伊勢神宮外宮】お参りモデルコースをチェック!

by mapple

更新日:2018年3月23日

神々の食事を司る神様である豊受大御神を祀っている。内宮へ参拝する前に外宮へおまいりするのが習わし。参拝後はせんぐう館で「式年遷宮」について学ぼう。

お参りモデルコース

所要約60分

1.表参道火除橋

堀川に架かる小さな橋、火除橋からおまいりが始まる。この橋を渡ると神域に入る。橋から先、外宮内は左側通行。

徒歩すぐ

2.手水舎

おまいり前に必ず立ち寄り、ここで穢れを祓う。手水は神聖な場所に入るための「禊」を簡略にしたもの。

徒歩すぐ

3.表参道

2つの鳥居が続く参道。遷宮で一新された鳥居と参道の木々の緑とのコントラストが美しい。鳥居の前では一礼を。

徒歩8分

4.正宮

最奥に、豊受大御神が鎮座する御正殿が建っている。参拝は外から2番目の外玉垣南御門の前から行なう。

徒歩7分

5.多賀宮(たかのみや)

豊受大御神の荒御魂である豊受大御神荒御魂を祀る別宮。外宮の別宮のなかでも最も格式が高い宮だ。

徒歩すぐ

6.土宮(つちのみや)

古くから外宮の地、山田原の鎮守の神として祀られていた大土乃御祖神。外宮鎮座以後、外宮宮域の地主神となった。

徒歩すぐ

7.風宮(かぜのみや)

風を司る級長津彦命と級長戸辺命を祀る。鎌倉時代の元寇の際、神風を吹かせて敵を撃退したという。

徒歩3分

8.神楽殿

御神楽や御饌をあげる、入母屋造の建物。一角にお神札授与所があり、授与のほか、祈祷も受け付けている。

徒歩8分

9.せんぐう館

「式年遷宮」の祭りや歴史をわかりやすく紹介。外宮正殿の原寸大模型など、約200点が展示されている。

ここも注目!

亀石

別宮の参拝へ向かう御池に架かる大きな一枚岩の石橋。その姿形が亀に似ているので亀石と呼ばれている。

まが玉池

装飾具の勾玉(まがたま)の形をした池。5月下旬〜6月上旬までハナショウブが池沿いに咲く。

筆者:mapple

まっぷる伊勢志摩’19

発売日:2018年02月16日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる伊勢志摩’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×