>  >  >  >  >  >  【五稜郭周辺】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

【五稜郭周辺】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

【五稜郭周辺】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

+αの楽しみ方

地元市民で賑わうグルメスポット
電停五稜郭公園前の周辺は、地元市民が集う繁華街。昼間は休憩にピッタリのオシャレなカフェでのんびり。夜はネオンがきらめく本町周辺で、地元民御用達の居酒屋に足を運ぼう。また、芸術や文化が息づく街でもある五稜郭。美術館や資料館も要チェック!

+αの楽しみ方

五稜郭公園へ向かう途中の道では、多くのパブリックアートが見られる

手打ち蕎麦きたわせ

風味がいい手打ちそば
北海道の中でもいちばんできのいい産地のそば粉を、ツユはていねいに煮出した出汁を使うこだわりのそば店。五稜郭に支店もある。

予算 昼1000円

手打ち蕎麦きたわせ

天使の海老天せいろ1600円はエビと季節野菜の天ぷら付き

手打ち蕎麦きたわせ

住所
北海道函館市松陰町10-16
交通
JR函館本線函館駅から市電湯の川行きで20分、杉並町下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:30(閉店)、17:30~21:00(閉店)
休業日
火曜
料金
天使の海老天せいろ=1600円/薬膳スープカレー蕎麦=1800円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1500円

四季 粋花亭

珍しい地魚料理が人気
四季折々の旬の素材を使った料理に定評があり、献立はその日の仕入れ次第で毎日替わる。メニューは3種類そろうコース料理のみ。前日までに予約しよう。

予算 夜4000円〜

四季 粋花亭

お刺身盛り合わせなど、コース料理は全6品

四季 粋花亭

住所
北海道函館市本町20-6
交通
JR函館本線函館駅から市電湯の川行きで17分、五稜郭公園前下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
18:00~21:30(閉店22:00、要予約)
休業日
水曜(年末年始休)
料金
コース=4536円/コース=5940円/ 平均予算(夜):6000円

くずし割烹 和のふ

割烹料理を気軽にいただく
函館はもちろん、各地の旬の食材にこだわり、和の落ち着いた心地よい雰囲気で割烹料理を気軽に楽しめる。

予算 夜6000~7000円

くずし割烹 和のふ

月替り会席コースの一例。1名から利用可

くずし割烹 和のふ

一人でも利用しやすいカウンター席もある

くずし割烹 和のふ

住所
北海道函館市梁川町22-19
交通
JR函館本線函館駅から市電湯の川行きで17分、五稜郭公園前下車、徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
17:30~22:00(閉店22:30)
休業日
日曜、祝前日の場合は翌日休(年末年始休(要問合せ))
料金
匠のだし巻玉子=830円/お造り(1人前)=2300円/自家製胡麻豆腐=550円/ 平均予算(昼):要問合せ円, 平均予算(夜):6000円

creative dish goen

ジャンルにとらわれない料理の数々
ジャンル多彩なオリジナル料理&お酒を楽しめる大人の居酒屋。ランチも実施しており、数種盛合せのワンプレートが人気。昼、夜違う雰囲気を楽しめる。

予算 昼1000円、夜3500円

creative dish goen

goenのランチプレート1200円

creative dish goen

隠れ家的雰囲気があるお店

creaitive dish goen

住所
北海道函館市本町22-11 グリーンエステート 1階
交通
JR函館本線函館駅から市電湯の川行きで17分、五稜郭公園前下車、徒歩3分

Dining Kitaichi 味彩食堂

懐かしの大衆食堂の味を再現
塩ラーメンで人気のある「函館麺厨房あじさい」の系列店。あじさいの前身店と洋食店「北一食堂」の味を再現した大衆食堂メニューが味わえる。

予算 昼800円、夜1500円

Dining Kitaichi 味彩食堂

「函館麺厨房あじさい本店」と同じ建物

Dining Kitaichi 味彩食堂

ナポリタン 650円

Dining Kitaichi 味彩食堂

住所
北海道函館市五稜郭町29-22
交通
JR函館本線函館駅から市電湯の川行きで17分、五稜郭公園前下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
10:30~20:25(L.O.)
休業日
第4水曜(時期により異なる)
料金
ナポリタン=650円/味彩ザンギ=450円/ 平均予算(昼):800円, 平均予算(夜):1500円

遺愛学院旧宣教師館

当時の姿そのままに残る女学校
明治16(1883)年に東京以北で初めて建てられた女学校。構内には、女性宣教師の住宅として使われていた洋館が当時のままに保存されている。国の重要文化財に指定されている。

所要10分

遺愛学院旧宣教師館

国指定の重要文化財である

遺愛学院旧宣教師館

住所
北海道函館市杉並町23-11
交通
JR函館本線函館駅から市電湯の川行きで20分、杉並町下車すぐ
営業期間
通年(内部一般公開は7月下旬の2日間)
営業時間
見学自由(内部見学は9:00~17:00)
休業日
無休
料金
情報なし
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる函館 大沼・松前・江差'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×