>  >  >  >  >  >  【奥飛騨温泉郷】新穂高ロープウェイで絶景スポットへ!

【奥飛騨温泉郷】新穂高ロープウェイで絶景スポットへ!

【奥飛騨温泉郷】新穂高ロープウェイで絶景スポットへ!

360度の大パノラマが展望できる西穂高口展望台まで、約11分の空中散歩。槍・穂高連峰の眺望を満喫しよう。
途中下車して森林散策を楽しんだり、ソフトクリームや飛騨牛串焼きなど名物を堪能するのおすすめです。

目次

  • 新穂高ロープウェイについて知ろう
  • 【第1ロープウェイ・出発点】新穂高温泉駅からスタート!
  • 【第1ロープウェイ・終点】鍋平高原駅
  •  ちょっと立ち寄り♪鍋平高原でプチハイキング
  • 【第2ロープウェイ・出発点】しらかば平駅
  •  ちょっと立ち寄り♪新穂高ビジターセンター「山楽館」
  • 【第2ロープウェイ・終点】西穂高口駅が終点!

新穂高ロープウェイについて知ろう

標高2156m地点まで駆け上がるロープウェイ。日本初の2階建てゴンドラで雲上まで行けます。

【新穂高ロープウェイMAP】 ※拡大できます

料金と運行時間を知ろう

【料金表】

料金と運行時間を知ろう

※大人:13歳以上 小人:6歳以上12歳以下
※2020年7月20日以降は料金が変更になる場合あり

【時刻表】

※第1・第2ロープウェイは、上り・下り便同時発車
※第1ロープウェイ 始発以降、毎時00・30分発(30分間隔)
※第2ロープウェイ 始発以降、毎時15・45分発(30分間隔)
※通常時、第1・第2ロープウェイ通しの片道所要時間は約25分(乗り継ぎ時間含む)

2階建てゴンドラがリニューアル!

2020年7月15日リニューアル
新穂高ロープウェイ開業50周年に合わせて、日本唯一の2階建てゴンドラをリニューアル。ガラス面積の拡大や防曇・防凍ガラスの導入によりクリアな視界を確保。車内への案内モニターも搭載され、より快適に利用できる。
※リニューアル工事のため、2020年7月14日まで第1・2ロープウェイ共に運休

新穂高ロープウェイ

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷 新穂高
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間40分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:00(上り最終、時期により異なる)
休業日
荒天時(点検期間休)
料金
第1・2ロープウェイ連絡=大人1600円(片道)、大人2900円(往復)、小学生800円(片道)、小学生1450円(往復)/第2ロープウェイ=大人1500円(片道)、大人2800円(往復)、小学生750円(片道)、小学生1400円(往復)/(各種障がい者手帳持参で半額)

【第1ロープウェイ・出発点】新穂高温泉駅からスタート!

ここからスタート
ここが第1ロープウェイの出発点。喫茶店やみやげ店のほか、足湯もある。みやげ店では、限定の商品が充実している。

【第1ロープウェイ・出発点】新穂高温泉駅からスタート!

標高1117mの位置にある。大型の駐車場も完備している

山麓駅ショップ

豊富な品揃えのみやげ店。山麓駅ショップ限定をはじめ、ご当地限定のおみやげなどが揃う。飛騨の地酒や安曇野ワインなども。

山麓駅ショップ

喫茶 笠ヶ岳

駅1階にある喫茶店では、ソフトドリンクや軽食などが用意されている。前面ガラス張りの明るい席でひと休みしよう。

喫茶 笠ヶ岳

わさびソフトクリーム400円

足湯

駅の前にある、かけ流しの温泉。気軽に楽しめるとあって、多くの人で賑わっている。散策後のリフレッシュにおすすめ。

足湯

【第1ロープウェイ・終点】鍋平高原駅

第1ロープウェイの終点の駅。さまざまな施設が揃うしらかば平駅へは徒歩で行こう。気軽な散策や本格的なハイキングコースの起点にもなっている。

【第1ロープウェイ・終点】鍋平高原駅

標高1305mに位置する鍋平高原駅。しらかば平駅までは徒歩すぐ

ちょっと立ち寄り♪鍋平高原でプチハイキング

歩行距離およそ2.3kmの自然散策路があり、春はニリンソウ、夏はササユリやヤナギランなど、季節の花が楽しめる。また、鍋平高原駅周辺には、高山植物が咲く山野草ガーデンがあり、気軽に散策できる。

ちょっと立ち寄り♪鍋平高原でプチハイキング

信じられないほど曲がりくねった木

ちょっと立ち寄り♪鍋平高原でプチハイキング

山野草ガーデンには色とりどりの花が咲く

鍋平高原

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間40分、終点で新穂高ロープウェイ鍋平高原行きに乗り換えて4分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

【第2ロープウェイ・出発点】しらかば平駅

鍋平高原駅から徒歩2分のところにあり、第2ロープウェイの出発地点となる駅。乗り継ぐには、鍋平高原駅からしらかば平駅まで歩いて第2ロープウェイへ。

【第2ロープウェイ・出発点】しらかば平駅

第2ロープウェイ乗車はここから。標高1308mにある

レストラン「あるぷす」

飛騨豚を使ったみそカツ丼、飛騨牛カレーなど、飛騨産の食材を使用したメニューが並ぶ。緑が見える窓際の席でくつろごう。

レストラン「あるぷす」

郷土料理の飛騨牛朴葉味噌ステーキ定食1700円

レストラン「あるぷす」

温泉たまご1個100円

テイクアウト「パノラマ」

飛騨牛を使ったフードをはじめ、軽食やドリンクが揃うテイクアウト専門店。買ったあとは、屋外にあるテーブル席で。

テイクアウト「パノラマ」

飛騨牛串焼き800円はジューシーで美味

テイクアウト「パノラマ」

飛騨牛コロッケ280円はアツアツ

アルプスのパン屋さん

駅2階にあるベーカリーショップ。あんこ入りクロワッサンをはじめ、焼きたてのパンにファンが多い。

アルプスのパン屋さん

あんこ入りクロワッサン280円など

しらかば平駅の足湯

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間40分、終点で新穂高ロープウェイ鍋平高原行きに乗り換えて4分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:00(閉館、時期により異なる)
休業日
無休
料金
無料(新穂高ロープウェイ乗車券代別)

ちょっと立ち寄り♪新穂高ビジターセンター「山楽館」

北アルプスの山々や自然について展示解説したり、ガイドウォークなどイベントも開催するビジターセンター。露天風呂を併設。

ちょっと立ち寄り♪新穂高ビジターセンター「山楽館」

しらかば平駅の広場にある施設。散策前にぜひ立ち寄ろう

新穂高ビジターセンター「山楽館」 神宝乃湯

ビジターセンター内にある、温泉露天風呂。かけ流しの温泉を、目の前に広がる北アルプスの山々を眺めながら楽しむことができる。

新穂高ビジターセンター「山楽館」 神宝乃湯

利用料金は大人600円。露天風呂は男女2カ所ずつ

新穂高ビジターセンター山楽館

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷 新穂高
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間40分、終点で新穂高ロープウェイ鍋平高原行きに乗り換えて4分、終点下車徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:30(閉館、時期により異なる)、入浴時間は9:30~15:00(受付)
休業日
不定休、ロープウェイの休みに準じる
料金
入館料=無料/入浴料=大人600円、小学生400円/

【第2ロープウェイ・終点】西穂高口駅が終点!

ここが終点
ロープウェイの終点。ここまで来ると、出発地点からの気温差が8℃ほどあるので、防寒対策も忘れずに。約10分ほどの散策路もある。

【第2ロープウェイ・終点】西穂高口駅が終点!

駅周辺には、千石園地が広がり、手軽な散策が楽しめる

【第2ロープウェイ・終点】西穂高口駅が終点!

展望台に設置された山びこポスト

山頂駅ショップ

山頂駅3階にあるおみやげ店。ここで切手と木のはがきを買って、屋上のポストから投函してみるのも楽しい。

山頂駅ショップ

売店で買える木のはがき380円

山頂駅ショップ

山頂駅限定の雲海餅。10個入り720円

レストランマウントビュー

山頂駅4階にあるセルフ形式の眺望レストラン。

レストランマウントビュー

アップルパイとコーヒーのセット900円

山頂展望台

標高2156mの別世界。目の前に広がる雄々しい穂高連峰は、四季を通してさまざまな姿を見せる。

山頂展望台

ハイライトはこの大パノラマ!

筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる上高地」です。掲載した内容は、2017年8月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×