>  >  >  >  >  > 

【奥飛騨温泉郷】立ち寄りの湯♪気軽に楽しめる!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2018年8月4日

この記事をシェアしよう!

【奥飛騨温泉郷】立ち寄りの湯♪気軽に楽しめる!

数多くの源泉が湧く奥飛騨では、さまざまな湯に立ち寄るのも楽しみのひとつ。泉質の違いとともに、素朴な風情や眺望など、それぞれのロケーションを満喫したい。

ひらゆの森

1万5000坪もの広大な敷地に16の露天風呂を備える温泉施設。源泉かけ流しで湯あみを楽しめる。ドライヤーやロッカーなど設備も充実しており、メニュー豊富な食事処もうれしい。

ひらゆの森

原生林に囲まれた空間に男湯7・女湯9もの湯船がある

ひらゆの森

岩風呂、檜風呂、打たせ湯など趣向を凝らした湯が飽きさせない

ひらゆの森

広い洗い場もある吹き抜けの大浴場

ひらゆの森

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで58分、平湯温泉バスターミナル下車、徒歩3分
料金
1泊2食付=8100~11880円/外来入浴(10:00~20:30、年3回不定休)=500円/外来入浴食事付(10:00~21:00、食事は11:00~、レストラン利用、年3回不定休、予約不要)=料理により異なる/

新穂高の湯

奥飛騨の最奥、蒲田川が流れる旧中尾橋の下にある、天然の巨岩でできた共同露天風呂。男女混浴のため、水着やバスタオルも使用できる。飲食の持ち込みや石けんの使用は不可。

新穂高の湯

新緑を間近に感じながら豪快に湯あみができる

新穂高の湯

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間36分、中尾高原口下車すぐ
料金
入浴料=300円程度(清掃協力金)/

荒神の湯

蒲田川の河川敷にある公共露天風呂。渓流の瀬音と雄大な山々を眺めながら爽快な湯あみが楽しめる。無色透明の単純温泉で、湯上りはしっとり。湯船は男女別で脱衣所もある。

荒神の湯

川沿いにあるため、眺めがよく開放感がある

荒神の湯

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間18分、栃尾診療所前下車すぐ
料金
入浴料=寸志(200円程度)/

アルプス街道平湯

平湯温泉バスターミナル内にある日帰り温泉施設。内湯と露天風呂に無料の休憩室を併設し、館内には飛騨のみやげがそろうショップやレストランもある。

アルプス街道平湯

露天風呂からは北アルプスの笠ヶ岳を望める

昔ばなしの里 石動の湯

囲炉裏を囲んで食事ができる「五平餅村」や化石の展示館、露天風呂と内湯を備えた共同浴場「石動の湯」がある施設。素朴な山里の風情に浸れる。

昔ばなしの里 石動の湯

木のぬくもりを感じる内湯

昔ばなしの里 石動の湯

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地110
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間10分、福地温泉下車すぐ
料金
入浴料=300円、小学生未満無料/

ひがくの湯

日帰り入浴とメニュー豊富な食事、鉄道ジオラマの操作(10分300円)が楽しめる。「登山の湯・内海の湯」(男性専用)は、特に開放感抜群と好評だ。

ひがくの湯

温泉は男女ともに露天風呂のみ

ひがくの湯

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾442-7
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間28分、国立公園口下車すぐ
料金
入浴料=大人700円、小学生500円/(障がい者手帳持参で本人・介護者1名入浴料200円引)

中崎山荘 奥飛騨の湯

新穂高温泉発祥の宿がリニューアルしてできた日帰り温泉施設。自家源泉から注ぐ硫黄泉の湯は、露天風呂と内湯で楽しめる。館内には食事処も併設。

中崎山荘 奥飛騨の湯

内湯は奥飛騨温泉郷では珍しい白濁した硫黄泉

中崎山荘 奥飛騨の湯

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂710
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間32分、新穂高温泉下車すぐ
料金
入浴料=大人800円、小人(5~12歳)400円/入浴料(風呂の日、毎月26日)=大人500円、小人200円/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください