コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【奥飛騨温泉郷】大自然と調和した爽快な露天風呂が魅力!

【奥飛騨温泉郷】大自然と調和した爽快な露天風呂が魅力!

by mapple

更新日:2018年6月25日

奥飛騨温泉郷は平湯、福地、新平湯、栃尾、新穂高からなる。平湯温泉は古くから湯治場として栄えた温泉街。新穂高温泉は渓流沿いの野趣あふれる露天風呂が多いほか、北アルプスの登山口として賑わう。

奥飛騨温泉郷

温泉データ

源泉:約140か所

泉質:単純温泉、炭酸水素塩泉など、〜98℃

効能:リウマチ、慢性胃腸病、皮膚病など

色・匂い:無色透明、ほのかな硫黄臭

アクセス

平湯温泉
車:長野自動車道松本ICから国道158号・安房トンネルで約48km、中部縦貫自動車道高山ICから国道158号で約38km

電車:JR松本駅から濃飛バスまたはアルピコ交通バス高山行きで1時間30分、JR高山駅からは濃飛バス新穂高温泉行きで1時間

問い合わせ

奥飛騨温泉郷観光協会 0578-89-2614

温泉地トピックス

新穂高ロープウェイを乗り継いで大パノラマを眺めよう

視界の良い全面ガラス張りの第1ロープウェイと、日本初の2階建てゴンドラの第2ロープウェイを乗り継ぐと、標高2156mの西穂高口駅へ到着する。天候が良ければ、槍ヶ岳や笠ヶ岳など、北アルプスの名峰を眺められる。

山頂駅の西穂高口駅にある展望台。周辺には約10分ほどの散策路もある

新穂高の湯

新穂高温泉
眼前に川が流れる爽快な湯船を楽しむ

蒲田川の河畔にある混浴の公共露天風呂。湯船は巨石を配したダイナミックな造りで、入浴しながら雄大な山々を眺められる。水着やバスタオルの着用も可能で、脱衣所も用意されている。

巨大な岩石が川と浴槽を分かつ

深山荘

新穂高温泉
渓流と一体となった開放感抜群の露天風呂

国立公園内にあり、北アルプスを望む豪快なロケーションの大露天風呂が自慢の宿の立ち寄り湯。蒲田川に面して3段の湯船が設けられ、一番下の混浴露天はまるで川と一体となっているかのよう。水着や専用の湯浴み着の着用もO Kで、女性も安心して入浴できる。

混浴露天風呂からは抜戸岳や焼岳など北アルプスを望む

荒神の湯

栃尾温泉
渓流と山々の絶景を眺めながら開放感抜群の湯で癒される
蒲田川の河原にある共同露天風呂。脱衣所だけの素朴な無人温泉で、自然のなかでの湯浴みを満喫できる。夜は満天の星を眺めながら楽しめる。

岩造りの露天風呂は男女別なので入りやすい

平湯の湯平湯民俗館

平湯温泉
露天風呂で湯浴みを楽しみ古民家でくつろぐ
飛騨の昔を伝える資料館と敷地内に露天風呂も備えた施設。風格のある合掌造りの古民家が資料館になっている。露天風呂は素朴な趣のある造りだ。

岩組みの湯船に薄い茶色を帯びた湯があふれている

筆者:mapple

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×