>  >  >  >  >  >  【奥飛騨温泉郷】おすすめスポット&基本情報をチェック!

【奥飛騨温泉郷】おすすめスポット&基本情報をチェック!

【奥飛騨温泉郷】おすすめスポット&基本情報をチェック!

奥飛騨温泉郷は日本第3位の豊富な湯量を誇る、5つの温泉地の総称。個性的な湯船が多く、気軽に湯巡りが楽しめる。絶景スポットのロープウェイもおすすめ。

ここが楽しい!3つのキーワード

➀5つの温泉地ではしご湯ができる

個性あふれる5つの温泉地が集まっている奥飛騨温泉郷。泉質や雰囲気も温泉地ごとに異なるので、1カ所だけというのはもったいない。宿泊や立ち寄り湯をどこにするのか考えながら、自分に合った温泉地を見つけよう。

➀5つの温泉地ではしご湯ができる

➁山岳風景に感動!2階建てロープウェイ

北アルプスの絶景を空から眺められるのが、新穂高ロープウェイ。日本初の2階建てゴンドラから望む360度の眺望は見事。ロープウェイ駅周辺には、ハイキングコースや立ち寄り露天風呂もあるのでゆっくり楽しもう。

➁山岳風景に感動!2階建てロープウェイ

新穂高ロープウェイ

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷 新穂高
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間40分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:00(上り最終、時期により異なる)
休業日
荒天時(点検期間休)
料金
第1・2ロープウェイ連絡=大人1600円(片道)、大人2900円(往復)、小学生800円(片道)、小学生1450円(往復)/第2ロープウェイ=大人1500円(片道)、大人2800円(往復)、小学生750円(片道)、小学生1400円(往復)/(各種障がい者手帳持参で半額)

➂平湯農家直販市場で買物

新鮮野菜が格安で手に入る人気の直販市場。平湯バスターミナルからも近く、朝の散歩がてらに訪れるのもいい。

➂平湯農家直販市場で買物

平湯農家直販市場

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1 ひらゆの森駐車場
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで58分、平湯温泉バスターミナル下車、徒歩3分
営業期間
4月下旬~11月上旬
営業時間
8:00~14:00、夏期は7:00~15:00
休業日
期間中無休
料金
時価

新穂高温泉

勇壮な北アルプスを望む大露天風呂天国
エリアの川沿いを中心にさまざまな湯が湧出する新穂高温泉。泉質が豊富で、宿の数も奥飛騨で最も多い。ロープウェイがあり、北アルプスの登山口としても知られる。

新穂高温泉

北アルプスが一望できる新穂高ロープウェイ。約25分で、別天地まで連れていってくれる

新穂高温泉

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷 神坂、中尾ほか
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間28分、国立公園口下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

栃尾温泉

温泉を利用した南国フルーツも話題
無色透明の単純温泉が湧く温泉地。家庭的な民宿など素朴な宿が多い。近年は温泉熱を利用したドラゴンフルーツや、バナナの栽培なども話題になっている。

栃尾温泉

蒲田川沿いの河川敷に設けられた荒神の湯。脱衣所のみの素朴な無人温泉だ

栃尾温泉

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷 栃尾
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間17分、栃尾温泉下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

新平湯温泉

円空ゆかりの温泉地は個性的な宿が揃う
奥飛騨温泉郷最大の規模を誇る新平湯は湯量が豊富。クマ牧場や、仏師円空上人が晩年湯治のために逗留した禅通寺などの見どころもおすすめ。

新平湯温泉

ツキノワグマなど、約100頭のクマに出会える奥飛騨クマ牧場

新平湯温泉

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根、ほか
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間14分、新平湯温泉下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

福地温泉

「天皇泉」とも呼ばれる山里の素朴な温泉地
平安時代、村上天皇がお忍びで療養に訪れていたといわれるほどの湯処で、山あいのひなびた雰囲気が漂う。人気の朝市もあるので、掘り出し物が見つかるかも。

福地温泉

自然のなかで楽しめる元湯 孫九郎

福地温泉

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間10分、福地温泉上下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

平湯温泉

奥飛騨温泉郷の入口で観光の拠点になる温泉地
かつて武田信玄の軍勢が飛騨に攻め入る際、サルが湯だまりで傷を癒している姿を見て、家臣たちが英気を養ったという言い伝えが残っている歴史ある温泉地。

平湯温泉

宿や食事処で飛騨牛を食べられるところが多いのでぜひ味わって

平湯温泉

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで58分、平湯温泉バスターミナル下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

奥飛騨観光の起点は「平湯バスターミナル」

奥飛騨温泉郷の入口となるのが平湯温泉。アルプス街道平湯の1階にあるバスターミナルからは奥飛騨温泉郷のほか、上高地や乗鞍、高山、松本方面へ路線バスや特急バスが発着する。建物内にはレストランやみやげ店、日帰り入浴施設もある。

奥飛騨観光の起点は「平湯バスターミナル」

観光施設としても楽しめるバスターミナル

奥飛騨温泉郷巡りは路線バスを使おう!

奥飛騨温泉郷内の移動には、平湯温泉と新穂高温泉を結ぶ濃飛バスの路線バスを利用するが、1泊するなら平湯バスターミナルで販売している「奥飛騨温泉郷2日フリー乗車券」がおすすめ。大人1540円で平湯温泉から新穂高ロープウェイ間が2日間乗り放題となる。通年販売。

奥飛騨温泉郷巡りは路線バスを使おう!

奥飛騨温泉郷の問い合わせ先

●奥飛騨温泉郷観光協会 0578-89-2614
●奥飛騨温泉郷総合案内所 0578-89-2458
●平湯温泉観光案内所 0578-89-3030
●奥飛騨温泉郷の観光情報 www.okuhida.or.jp
●高山市観光情報 kankou.city.takayama.lg.jp

平湯バスターミナル

住所
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで58分、平湯温泉バスターミナル下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
6:00~18:30(冬期は7:00~17:00)
休業日
無休
料金
情報なし
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる上高地」です。掲載した内容は、2017年8月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×