>  >  >  >  >  > 

【和歌山ラーメン】人気おすすめ店をチェック!

まっぷるマガジン

更新日:2018年10月20日

この記事をシェアしよう!

【和歌山ラーメン】人気おすすめ店をチェック!

和歌山のグルメといえば外せないのがラーメン。ご当地ラーメンブームの走りともいえる和歌山ラーメンを、定番から話題の店まで楽しもう。

和歌山ラーメンって?

和歌山市内中心部を走っていた路面電車に沿って軒を連ねていた屋台が始まり。地元では主に「中華そば」と呼ばれ、スープは大きく醤油系と豚骨醤油系の2種類にわけられる。

スープ
昔ながらの屋台発祥の醤油+鶏ガラとまろやかな醤油+豚骨の2つのスープが主流。


ストレートでやや細麺がスタンダート。黄色でコシがあるのも特徴。


チャーシュー、かまぼこ、メンマ、ネギと昔ながらの具材が使われている。

サイド
和歌山ラーメンに欠かせないのが早寿司と呼ばれる鯖の押し寿司。ゆで卵と一緒に卓上に並ぶことが多い。

お会計
伝票がない店では、お会計は自己申告制。食べたものを伝えてお金を支払おう。

山為食堂

味の追求を続ける老舗

創業五十余年を数える。豚骨をじっくり煮込んでとるスープは和歌山には珍しくまったりとしたもので、太めの麺との相性もばっちりだ。

山為食堂

まったりとしたスープにとろとろチャーシュー

中華そば 850円
麺 ストレート、太麺
スープ 豚骨、醤油
ゆで加減 好みに応じる

山為食堂

老舗らしい暖簾が掛かる風情ある店構え

本家アロチ丸高中華そば

60年以上の歴史を誇る

先代が屋台から始めて60年以上の歴史を誇る。豚骨のみでていねいにとるスープはすっきりとした仕上がり。チャーシューも絶品だ。

本家アロチ丸高中華そば

すっきりとしたスープはこれぞ老舗の味!

中華そば 600円
麺 ストレート、細麺
スープ 豚骨、醤油
ゆで加減 好みに応じる

本家アロチ丸高中華そば

昔ながらの雰囲気も楽しみたい

井出商店

遠方からの客も絶えない人気店

和歌山ラーメンが全国区になるきっかけとなった老舗。豚骨ベースに隠し味としてチャーシューを煮込んだ醤油を入れたスープはさすがの味だ。

井出商店

濃厚なのに後味爽やかなスープ

中華そば 700円
麺 ストレート、細麺
スープ 豚骨、醤油
ゆで加減 好みに応じる

井出商店

黄色い大きな看板が印象的

正善

家庭的な雰囲気の店

スープは豚骨と地鶏のガラを使い、ていねいにアクとりしながら煮込んでいる。トロリと濃厚なスープだが、口にすると意外にやさしい味だ。

正善

12時間以上煮込んだスープが自慢

特中華そば 750円
麺 ストレート、細麺
スープ 豚骨、醤油
ゆで加減 かため

麺屋ひしお

旨みたっぷり極上の醤油ラーメン

醤油の故郷、湯浅で創業130年の歴史を持つ「丸新本家」の醤油のおいしさに魅せられた店主が、この醤油でラーメンを作りたいという強い思いからオープン。紀州湯浅吟醸醤油を使ったラーメンは、醤油の旨みと香りがしっかりと生きた、コクがある極上の一杯。

麺屋ひしお

醤油の旨みと魚介の風味が共存する

紀州湯浅吟醸醤油ラーメン 680円
麺 ちぢれ、中太麺
スープ 豚骨、醤油
ゆで加減 好みに応じる

元車庫前丸宮中華そば

長年にわたり受け継がれる味

和歌山中華そばの車庫前系の元祖として名高い。ゲンコツでとった後味すっきりのスープと自家製麺が、絶妙のバランスを保っている。

元車庫前丸宮中華そば

屋台から始まり半世紀!秘伝の素ダレと豚骨スープ

中華そば 650円
麺 ストレート、極細
スープ 豚骨、醤油
ゆで加減 好みに応じる

元車庫前丸宮中華そば

丸宮のマークが目立つ国道42号沿いの店

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる和歌山 白浜・高野山・熊野古道」です。掲載した内容は、2018年1月~2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください