>  > 

分散型旅行でお得に旅行を楽しむ! おすすめは平日旅行 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2020年12月25日

この記事をシェアしよう!

分散型旅行でお得に旅行を楽しむ! おすすめは平日旅行

観光庁は12月4日、年末年始の帰省シーズンを前に「分散型旅行」を促進するキャンペーンを始めました。
分散型旅行とは「時間と場所を分散する、新しい旅のスタイル」で、新型コロナウイルス感染症対策として提言されています。

今回は、この「分散型旅行」を徹底解説。
12月から続々始まっている、平日に旅行すれば割引になるお得なキャンペーンもあわせて紹介します!

次の旅行は、平日に休みを取って、お得で安全に楽しんでみませんか?

※記載した内容は2020年12月12日現在の情報をもとにしています。新型コロナウイルス感染流行の状況次第で、情報は変更となる場合があります。最新の情報は政府発表や各旅行会社のアナウンスをご確認ください。

分散型旅行のイメージを動画でご紹介!

【宿泊編】

GoToトラベル公式サイト「分散型旅行」特集ページより

分散型旅行って?

分散型旅行って?

観光庁はGo Toトラベルの公式サイトに「分散型旅行」の特集ページを開設し、イメージ動画などにより協力を呼びかけています。

 

分散型旅行とは

■時間や場所をバラバラ(=分散)にして混雑を避ける旅

■週末や連休を避け、人気の観光地だけではなく各地にある魅力的な場所を訪れ、ゆっくり旅を楽しむこと

■今まで日中に訪れていた観光地の「朝」や「夕方」「夜」等の景色を楽しんでみること

>>GoToトラベル公式サイト「分散型旅行」特集ページより

観光庁の特集ページでは、平日旅行にポイント付与など、民間企業の独自キャンペーンも紹介しています。

「時期」や「場所」を分散させるアイデアとして、混雑をしているところは割引率を低くする、あるいはクーポン券の発行量なども、混み具合によって調整する「ダイナミックプライシング」も検討中です。

実現されれば特集ページに発表されるので、チェックしておきましょう。

分散型旅行のメリット

分散型旅行のメリット
写真:123RF

■人が少なくて広々、のんびりできる
平日に旅行すれば、どこへ行ってもすいています。
アトラクションもトイレも行列に並ぶ必要はありません。
紹介した動画のように、露天風呂が貸切状態なことも珍しくありません。
土日に旅行するよりも、圧倒的にぜいたく感があります。

■交通費、宿泊費が安い
平日ならホテルや旅館、新幹線などの予約も取りやすく、料金が安くなります。

■コロナ感染リスクが低い
観光庁が分散型旅行をすすめる最大のポイントです。
密を避けられる「分散型旅行」なら、経済を動かしながら感染拡大を抑えることができます。

分散型旅行のポイント

分散型旅行のポイント
写真:123RF

少人数の旅行

一度に大人数が集まる団体旅行では、3密が発生しやすくなります。
せっかく人出の少ない旅行先を選ぶなら、この機会に、ご家族や恋人と、ゆっくりした時間を過ごしたいですね。もちろん一人旅もおすすめです。

人混みを避けた日程で

混雑が予想される人気シーズンや週末を避け、平日に出かけましょう。
平日といっても、月~木曜日がおすすめ
金曜は、平日のなかでは最も混んでいて宿泊費も割高。「金土で旅行して日曜は翌日出勤に備える」人も多いためです。

逆に、日曜の宿泊はお得。翌日に会社・学校が控えているので予約が少なく、平日と同じくらい安くなっているところがほとんどです。平日2日続けて有休を取ることが難しくても、日曜宿泊なら有休は月曜日だけですみます。

このあと紹介する、旅行会社が「平日がお得」と宣伝するキャンペーンも、金曜泊が含まれていないもの、日曜泊が含まれているものなど、「平日」としている曜日がキャンペーンによって違うので、注意しましょう。

旅行会社のキャンペーンで指定されている宿以外でも、予約サイトで「平日限定」「日曜限定」と入力して検索すると、通常より安く泊まれるプランや、食事に特別なサービスがついている宿が見つかります。

人気の観光地を避ける

人気観光地はたしかに魅力的ですが、混雑が心配です。
コロナ感染が心配な時期は、いつもは目を向けていなかった旅行先を開拓してみましょう。

土産物店やレストランは少ないけれど、心癒やされる紅葉がいっぱいの森で、他の観光客の姿もなく二人きりで散歩したり、愛犬とたわむれたり。とてもぜいたくな旅ですね。

食事の時間をずらす

宿の外で食事を取るなら、昼食は11時または13時など、ピークの時間帯の前後にずらすと感染リスクが格段に減るうえに、ゆったりと過ごせます。
お昼は12時から!という思い込みを捨てましょう。

旅先の状況をチェック

都会から離れた、のんびりした地域だと思っていても、たまたまコロナのクラスターが発生し、お店が時短営業になっていることもあります。

予約時と出かける前に、目的地の最新の感染情報を、各都道府県や市区町村の公式ウェブサイト、ホテルのお知らせなどで確認しておきましょう。
自治体独自のお得なキャンペーン情報が載っていることもあるので、あわせてチェックしておくとよいですね。

平日がお得に! 分散型旅行キャンペーン

平日がお得に! 分散型旅行キャンペーン
写真:123RF

ポイント付与による平日の利用促進など、旅行需要の分散につながる民間企業のキャンペーンを紹介します。

日本旅行「平日がお得!Wチャンスキャンペーン」

 
平日なら最大20%OFF+Go Toトラベル(最大35%補助)で最大55%割引とダブルでお得です。

宿泊日:2020年12月8日(火)〜2021年1月31日(日)の平日
(12月31日〜1月3日・土日祝除く)
※予約数が上限に達し次第販売終了
宿泊先:日本旅行おすすめの国内約100施設

詳しい内容は>>【日本旅行 平日がお得!Wチャンスキャンペーン】

じゃらん「Go To トラベル」平日旅行推進キャンペーン

 
平日に「Go Toトラベルクーポン」を利用して予約・宿泊すると通常のポイント加算に追加で5%分をボーナスも加算されます。

宿泊日:2020年12月21日(月)~24日(木)、2021年1月4日(月)~7日(木)、1月12日(火)~14日(木)
宿泊先:「じゃらん国内宿・ホテル」および「じゃらんパック」

詳しい内容は>>【じゃらん平日旅行推進キャンペーン】

一休.com「平日割」

 
高級旅館・ホテルの予約で人気の一休.com。Go Toトラベル(最大50%)+一休ポイント最大5%+平日割5%(下記宿泊日を含む予約に付与)で最大60%お得になります!

宿泊日:2020年12月21日(月)~24日(木)、2021年1月4日(月)~7日(木)、1月12日(火)~14日(木)
宿泊先:全国
※平日割はGo Toトラベル対象外の宿泊施設や、デイユースプランも対象

詳しい内容は>>【一休/平日割】

ANAトラベラーズ「平日旅行応援」

 
ホテル内レストランでの夕食が無料になるプランや、ホテルク内のレストランやアクティビティに利用できるクレジット付きプランを販売。
Go To トラベルと併用できます。

対象期間:2020年11月17日〜2021年4月28日の平日(日曜~金曜)宿泊
(土曜日および12月25日~1月3日、1月10日を除く)

詳しい内容は
>>【平日旅行応援/ANAトラベラーズ】

JALダイナミックパッケージ「分散型旅行/JALパック」

 
JALパックは、分散型旅行キャンペーン第1弾として、分散型旅行を実施した方を対象に、国内線往復航空券が当たるキャンペーンを実施しています。

搭乗日:2020年12月4日(金)~2021年1月28日(木)の月曜~木曜
(2020年12月28日(月)~31日(木)、2021年1月11日(月)は除く)
対象者:専⽤ページ(下記)から応募したJALマイレージバンク会員
対象路線:JALグループ国内線 全路線

詳しい内容は>>【分散型旅行/JALパック】

JR

 
JRは各社とも、分散型の旅行をするとお得なプランが用意されています。

■JR北海道 >>公式サイト
Go To HOKKAIDO乗り放題バス
全北海道へ分散化。Go Toトラベル地域共通クーポン券利用者が対象。

冬のひがし北海道キャンペーン
冬の穴場である道東へ分散化し、SL冬の湿原号(釧路・標茶間)や流氷物語号(網走・知床斜里間)を運行。

■JR東日本 >>公式サイト
多方面に分散型旅行の推進
平日に旅行することで混雑や密を避けながら旅を楽しむ「平日旅」を提案。また旅先からテレワークをして休暇も楽しむワーケーションの商品も販売。

■JR東海 >>公式サイト
ひさびさ旅は、新幹線!~旅は、ずらすと、面白い~
時間、場所、旅先での移動手段、行動等を「定番」から“ずらす”旅を「ずらし旅」とし、分散化の旅プランを提案。

■JR西日本 >>公式サイト
山陽新幹線 直前割50
乗車日3日前から前日までの購入で、こだま号等の指定席が半額。混み合う「のぞみ」「みずほ」「さくら」から、空いている「こだま」と一部の「ひかり」の指定席に分散させています。

ICOCAポイント「時間帯指定ポイント」
一定条件でICOCAポイントを付与することで京阪神エリアの特定区間における通勤、通学時間帯を避けた分散型の乗車を推進。

旅行商品「ひとり旅」シリーズ
分散型の「ひとり旅」を訴求した旅行プランがおすすめです。

■JR四国 >>公式サイト
おでかけ。四国家キャンペーン
「あなたにぴったりの四国旅」というテーマで四国内での分散型旅行を推進。

リゾートワークス

 
ワーケーションを通じて分散型旅行を促進するリゾートワークスは、会員制リゾート施設での平日1泊2日のワーケーション(1泊5万円以上の部屋も)へ毎日最大10名を招待しています。

対象者:Twitterアカウントをお持ちの方でIzuko利用後に簡易アンケート等にご協力いただける方
応募方法:リゾートワークス代表のアカウントをフォロー >>アカウントはこちら
宿泊施設:伊豆・静岡エリア。施設やIzukoの詳細は>>こちら

今後もキャンペーンは増える予定。お得な情報をチェックしよう

 
他にも、エスツアーズ「平日限定 宮崎ゴルフ宿泊パックなど、分散型旅行を応援する企業があり、今後も増えていく予定です。

詳しくは【分散型旅行 応援企業一覧】または観光庁分散型旅行特集ページに追加発表される予定です。旅行前には最新のお得な情報をチェックしましょう。

分散型旅行、どこに行けばいい?

分散型旅行、どこに行けばいい?
写真:123RF

国立公園へ行こう

観光庁「分散型旅行」特集ページでは、各地の「国立公園」をすすめています。
国立公園は敷地が広大なため、密を気にすることなく大自然を満喫できます。

国立公園の楽しみ

■登山、ハイキング、スキー、キャンプ、カヌー、バードウォッチング、シュノーケリング…ビジターセンターや自然観察会など、自然を楽しむための環境が整っている

■国立公園と日本の歴史は切り離せない縁があり、歴史・文化を訪ねる旅も楽しめる

■国立公園には多くの温泉地がある

■休暇中に長期滞在し、空いた時間で仕事をする「ワーケーション」にも最適

ペットと泊まれる宿も多く、自然の中を一緒に散歩したり、宿にある広いドッグランで自由に走らせることができる

 

代表的な国立公園

  • 阿寒摩周国立公園(北海道)
  • 十和田八幡平国立公園(青森・秋田・岩手県)
  • 日光国立公園(福島・栃木・群馬県)
  • 伊勢志摩国立公園(三重県)
  • 大山隠岐国立公園(鳥取・島根・岡山県)
  • 阿蘇くじゅう国立公園(熊本・大分県)
  • 霧島錦江湾国立公園(宮崎・鹿児島県)
  • 慶良間諸島国立公園(沖縄県)

>>特集ページでは、上記国立公園の宿泊施設を紹介しています。

他にも、日本には「国立公園」が北海道から沖縄まで、合計34あります。
>>「日本の国立公園」(日本旅行)

宿泊施設を探すには、旅行予約サイトで「国立公園」と入力して、検索してみましょう。

密を避けられる宿へ泊まろう

国立公園でないところでも、一棟貸しや、部屋数の少ない宿、貸切温泉のある宿や露天風呂付きの部屋などは、感染リスクが低く、のんびりできるでしょう。
旅行予約サイトで「隠れ家」「一棟貸し」「離れ」などで検索すると、たくさん見つかります。

マイクロツーリズムで楽しもう

自宅から1~2時間圏内を旅先に選ぶのが「マイクロツーリズム」です。
近くにあるのに、思えば一度も行ったことがない、気になっていた場所。
誰にもひとつは心に浮かびそうです。

きれいな景色、特産・伝統工芸、体験教室。
移動距離を減らすことで感染リスクも減らし、安心、安全に過ごしながら地元の魅力を見直すきっかけになり、地域経済にも貢献できます。

旅行するなら平日が断然お得! 今こそ有休を取ろう

旅行するなら平日が断然お得! 今こそ有休を取ろう
写真:123RF

2019年から、年5日の有給休暇の取得が義務づけられましたが、平日の旅行割引が始まった今、旅行のために有休を取るチャンスではないでしょうか?

有休が取りづらいといわれる日本ですが、今回の「分散型旅行」は国が推し進めているのですから、企業も考慮せざるを得ません。
ワ―ケーション(リゾート地など、普段の職場とは異なる場所で働きながら休暇を過ごす)を利用するのもよいですね。

特に紅葉シーズンは、混雑を避けることで風情のある景色をゆっくりと楽しめます。
このチャンスに、有休を利用して、平日に休みを取って旅行してみませんか?

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください