トップ > 国内 > 

新幹線半額キャンペーンが2021年12月まで延長に! JRや私鉄などの格安きっぷ、お得な割引をご紹介 写真:123RF

この記事をシェアしよう!

新幹線半額キャンペーンが2021年12月まで延長に! JRや私鉄などの格安きっぷ、お得な割引をご紹介

新幹線が半額で乗れるキャンペーン(2021年9月まで)が、12月15日まで延長されることになりました!

半額割引のほかにも、直前予約で割引率の高いもの、ホテルとセットのもの、家族向けのものなど、新幹線のキャンペーンがたくさんあります。
これら新幹線のお得なきっぷを中心に、全国の格安きっぷ、フリーパスをご紹介しますので、旅行前にぜひチェックしてみてください。

※料金や運行時間は時期や社会情勢により異なることがあります。おでかけの際には各社の公式ホームページをご確認ください

新幹線が半額に! 新幹線のお得な割引いろいろ

新幹線が半額に! 新幹線のお得な割引いろいろ
写真:123RF 秋田新幹線

JR東日本「お先にトクだ値スペシャル」【20日前の予約で半額に】
12月15日まで延長決定!

「えきねっと」会員のみが購入できる、インターネット予約限定のお得きっぷです。2020年8月~2021年9月までの期間限定で販売されていましたが、東北6県の自治体とJR6社が行う「東北デスティネーションキャンペーン」の一環として、北海道・東北・山形・秋田新幹線、羽越本線・奥羽本線特急のサービスの延長・拡大が発表されました。

乗車日の20日前までに予約をすれば、普通車指定席が通常の約半額。2021年4月1日からは、グリーン車やグランクラスも割引の対象となりました!

お先にトクだ値スペシャル
【価格】20日前の予約で通常の約半額
【設定区間】JR東日本が設定した区間(対象列車および出発地により異なる)
【利用条件】20日前までにインターネットで予約
【発売期間】乗車日1ヶ月前の午前10時~20日前の午前1時40分まで発売
【有効期間】2021年12月15日まで

詳細は>>JR東日本公式サイト:えきねっとトクだ値

JR東海 ずらし旅【往復乗車券+ホテルが安い!】9月末まで

JR東海 ずらし旅【往復乗車券+ホテルが安い!】9月末まで
画像提供:JR東海

JR東海が提案する新しい旅の形が「ずらし旅」。

みんなが行く時期、みんなが行く場所をあえて「ずらす」ことにより、旅はもっと気楽で自由で安全なものになります。そんな「ずらし旅」をより楽しめるように、提携旅行会社から、お得な特典や特別な体験付きのさまざまなプラン商品が販売されています。一例を見てみましょう。

■限定のぞみ・ひかり号で行く!ずらし旅!(商品の一例)
【価格】大人1名24,800円(選べる体験クーポン付き)
【宿泊先】リーガロイヤルホテル(大阪・中之島)
東京・品川発着/1泊2日/禁煙セミダブル/2名1室/食事なし/新幹線指定席利用

通常であれば、新幹線の往復料金だけで28,400円~29,040円。
現地でのお楽しみクーポン込みのプランなので、かなりお得な旅行が楽しめそう!

ずらし旅
【価格】旅行会社のプランにより異なる
【対象となる路線】東海道新幹線
【利用条件】旅行会社のプランにより異なる
【発売期間】旅行会社のプランにより異なる
【利用期間】2021年9月30日まで

詳細は>>JR東海公式サイト:ずらし旅

JR東海 お子さま連れ専用車両【こだま、12月までの土日祝に】

JR東海 お子さま連れ専用車両【こだま、12月までの土日祝に】
写真:123RF

2021年10月2日(土)から12月19日(日)までの土日・祝日限定で、「お子さま連れ専用車両」を設定。
ひと車両まるごと、小さな子ども連れ利用者専用なので、周囲に気兼ねがいりません。
期間中、東京~新大阪間に各日2往復の列車が用意され、片道利用もOK。
近場のお出かけや家族旅行、週末の帰省に、強い味方ですね。1ドリンク引換券付き。

設定列車:下り こだま711号(東京 8:57 → 名古屋11:43 → 新大阪12:51)
こだま735号(東京14:57 → 名古屋17:43 → 新大阪18:51)
上り こだま712号(新大阪 8:54 → 名古屋10:08 → 東京12:48)
こだま736号(新大阪14:54 → 名古屋16:08 → 東京18:48)

お子さま連れ専用車両
【価格】東京・品川~名古屋9,600円(子供5,200円)
東京・品川~新大阪12,300円(子供6,600円)
名古屋~新大阪5,700円(子供3,200円)
【対象となる路線】東京~新大阪間の各駅から利用可能
(ごく短い区間での利用はできません)
【利用条件】大人1人以上と小学生以下の子供1人以上の家族。6歳未満の乳幼児は座席を購入しなくても同車両を利用できる
【発売期間】2021年9月9日~
JR東海ツアーズ「ぷらっと旅・コールセンター」他、JR東海ツアーズHPで販売
(JR駅では購入できません)
【利用期間】2021年10月2日~12月19日の土休日

詳細は>>JR東海公式サイト:お子さま連れ専用車両

JR東海・西日本 EXのぞみファミリー早特【土日祝日限定⇒3月末まで平日も利用可能に!】

JR東海・西日本  EXのぞみファミリー早特【土日祝日限定⇒3月末まで平日も利用可能に!】
写真:123RF

乗車3日前までの予約で「のぞみ」普通車指定席・グリーン車がお得になる商品です。
土休日に利用できますが、2022年3月31日までは平日もOKになりました。
2名以上で利用でき、こども用の設定もあるので、家族旅行などにおすすめの商品です。

割引例:普通車指定席片道 東京~名古屋11,300円 ⇒  9,950円
東京~新大阪14,720円 ⇒ 12,570円

予約後に予定が変わっても、他の商品等に変更できます(差額は必要)。
EX予約専用ICカードまたは交通系ICカードを改札機にタッチしてチケットレス乗車できます。

EXのぞみファミリー早特
【価格】区間による
【対象となる路線】品川~新神戸
【利用条件】インターネット予約「エクスプレス予約」(年会費1,100円。繁忙期も割引あり)「スマートEX」(会費無料)に限り予約可(JR駅では購入できません)
【発売期間】乗車日の1か月前~3日前まで
【利用期間】2022年3月31日まで

詳細は>>JR東海公式サイト:EXのぞみファミリー早特

そのほかの早得商品はこちら>>JR東海公式サイト:EX予約

JR東海・西日本 ぷらっとこだま【格安の定番】

JR東海・西日本  ぷらっとこだま【格安の定番】
写真:123RF

「ぷらっとこだま」は東海道新幹線の格安チケットの定番です。
通常価格より約3割安く、繁忙期も、少し高くなりますが割引があり、グリーン車プランもあります。
「こだま」では、東京~新大阪は約4時間。「のぞみ」(約2時間半)より時間はかかりますが、東京~大阪を片道移動するなら最安値です。
こだまには車内販売がないので、このプランでもらえる1ドリンク引換券で乗車前に飲み物を買っておきましょう。

価格例:こだま普通車指定席(通常期)東京~新大阪 10,700円
こだま普通車指定席(繁忙期)東京~新大阪 12,300円

ぷらっとこだま
【価格】区間による
【対象となる路線】東京~新大阪の主要駅間のみ設定(東京~熱海などは利用できません)
【利用条件】JR東海ツアーズのWebサイトで予約(料金はクレジットカードで決済)(JR駅では購入できません)
【発売期間】乗車前日17時まで
【利用期間】通年

ネットで予約(購入)したあと、列車の変更は一切できず、取消手数料も乗車日の10日前からかかるので、旅行の予定が確実なときに利用しましょう。

詳細は>>JR東海ツアーズ:ぷらっとこだま

なお、2020年に期間限定で販売された「ぷらっとのぞみ」は、2021年3月31日で終了となりました。

JR西日本 新幹線 直前割きっぷ【週末のこだまが40%割引】11月まで

JR西日本 新幹線 直前割きっぷ【週末のこだまが40%割引】11月まで
写真:123RF岡山城・岡山後楽園

直前予約で山陽新幹線の「こだま」「ひかり」が約40%割引になります。
JR西日本ネット予約「e5489」で販売し、駅の「みどりの窓口」での取り扱いはありません。
利用できる期間は、7月2日(金)から11月28日(日)までの金・土・日・祝日、 および11月4日(木)、22日(月)で、秋まで週末の旅行がお得になります。1名から購入可能で、前日予約で指定席が確保できるのは嬉しいですね。

割引例:新大阪(大阪市内)~岡山の場合、大人6,140円⇒3,900円

新幹線 直前割きっぷ
【価格】3日前~前日の購入で約40%割引
【設定区間】新大阪~博多でJR西日本が設定した区間
【利用条件】JR西日本ネット予約「e5489」でクレジットカード支払いのみ。「J-WESTネット会員」の会員登録要(登録無料)。
【発売期間】2021年6月29日~11月27日23時30分(乗車日の3~1日前まで)
【有効期間】2021年11月28日まで

詳細は>>JR西日本公式サイト:【e5489専用】新幹線 直前割きっぷ

JR西日本 新幹線 近トク1・2・3【山陽新幹線1~3駅間で割引】11月まで

JR西日本 新幹線 近トク1・2・3【山陽新幹線1~3駅間で割引】11月まで
写真:123RF広島・宮島

普段は在来線を利用している方も、混雑を避けて速く、お得に山陽新幹線に乗車できるよう設定されたきっぷです。1~3駅間で、1,000円、1,500円、2,500円で販売されます。
普通車自由席の特急券と乗車券がセットになっていて、1人でも利用できます。利用できる期間は、7月2日(金)から11月28日(日)までの金・土・日・祝日、 および11月4日(木)、22日(月)です。

割引例:新大阪~新神戸 自由席 大人片道1,520円⇒1,000円

新幹線 近トク1・2・3
【価格】1,000円、1,500円、2,500円
【設定区間】新大阪~博多の1~3駅間
(西明石~岡山、相生~福山、東広島~徳山、新岩国~厚狭間は除く。厚狭・新下関・小倉・博多の相互間の設定はありません)
【利用条件】JR西日本ネット予約「e5489」、主要駅「みどりの窓口」で販売。みどりの券売機では購入できる区間が限られる。
【発売期間】2021年6月29日~11月27日23時30分
(「e5489」では乗車日1か月前の10:00~前日23:30まで、みどりの券売機では乗車日の1か月前から前日まで)
【有効期間】2021年11月28日まで

詳細は>>JR西日本公式サイト:新幹線 近トク1・2・3

JR西日本 新幹線よかよかきっぷ【土日祝の日帰りなら断然お得】3月まで

JR西日本 新幹線よかよかきっぷ【土日祝の日帰りなら断然お得】3月まで
写真:123RF福岡・博多

土日祝日の博多や小倉へのおでかけに便利な新幹線利用の往復割引です。
小倉~博多間、厚狭・新下関~博多間の新幹線普通車自由席が対象。
ゴールデンウイークや年末年始の期間は平日も毎日利用できます。

割引例:博多発着~小倉発着 普通車自由席往復 4,320円 ⇒ 3,100円
新下関発~博多着 6,560円 ⇒ 5,000円
厚狭発~博多着 9,020円 ⇒ 7,800円

在来線で往復2,620円(片道1時間10分)が15分で3,100円。お得ですね!

新幹線よかよかきっぷ
【価格】区間による(最大約3割引)
【設定区間】小倉駅~博多駅(往復)、厚狭駅・新下関駅発ー博多駅着(往復)
【利用条件】JR西日本ネット予約「e5489」、出発地周辺のJR西日本各駅「みどりの券売機」。みどりの窓口、JR九州の駅では購入できない
【発売期間】2021年3月3日~2022年3月26日
(乗車日の1か月前から前日まで)
【有効期間】2022年3月27日の土日祝まで
(2021年12月30日~2022年1月3日は毎日利用可)

詳細は>>JR西日本公式サイト:新幹線よかよかきっぷ

お得旅行の必須アイテム!全国の定番フリーきっぷ

お得旅行の必須アイテム!全国の定番フリーきっぷ
日豊本線・宗太郎駅。停車するのは1日2本のみ

予定を決めずふらっと旅行ができる「フリーパス」は、旅慣れた人にとって必須アイテム。最初に、定番ともいえる有名どころのフリーパスをご紹介いたします。

北海道&東日本パス【フリー乗車タイプ】

関東・甲信越から北海道までフリー乗車できるこのパスは、1日1,618円という格安のお値段で使えるのが魅力。ただし乗車できるのは普通列車のみ(一部特例あり)。連続7日間使えますので、時間をかけてゆっくりと移動したい方にオススメです。

北海道&東日本パス
【価格】大人11,330円/小児5,660円
【使用エリア】JR東日本・JR北海道・青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道・北越急行・JR東日本のBRT(バス高速輸送システム)
【利用条件】連続する7日間 普通列車のみ
※新青森〜青森間・新得〜新夕張間は特急利用可。
新函館北斗〜新青森間は相互発着の場合のみ特急券購入で空席に乗車可能
※新幹線・特急の利用は不可(別途購入が必要)
北海道内と北海道新幹線は特急利用オプション券あり
【発売期間】夏季2021年6月20日~9月24日(春季もあり)
冬季2021年12月1日~2022年1月4日
【利用期間】夏季2021年7月1日~9月30日
冬季2021年12月10日~2022年1月10日

詳細は>>JR東日本公式サイト:北海道&東日本パス

青春18きっぷ 【フリー乗車タイプ】

青春18きっぷ  【フリー乗車タイプ】
長野県・姨捨駅ホームからの見晴らし

「気ままに乗り放題」といえば、全国のJR路線の普通列車が乗り放題の「青春18きっぷ」でしょう。

1枚の券を何人かで利用することも可能で、1日あたり2,410円とコスパも上々!東京から仙台・静岡・新潟あたりは日帰りできるので、仙台の牛タン・静岡おでん・新潟タレカツ丼を食べて帰る、なんて使い方もできますよ。

青春18きっぷ
【価格】12,050円(大人/小児同額)
【使用エリア】全国のJR鉄道線・BRT(バス高速輸送システム)・宮島フェリー
【利用条件】普通列車のみ
※青森〜新青森・新得〜新夕張間は特急利用可能
※新幹線・特急の利用は不可(別途・乗車券および特急券の購入が必要)
※1回使用すると返品不可
【発売期間】夏季2021年7月1日~8月31日
冬季2021年12月1日~12月31日
【利用期間】夏季2021年7月20日~9月10日
冬季2021年12月10日~2022年1月10日

詳細は>>JR東日本公式サイト:青春18きっぷ

週末パス(南東北、関東甲信越の土日2日間)【フリー乗車タイプ】

週末パス(南東北、関東甲信越の土日2日間)【フリー乗車タイプ】
特急・成田エクスプレス。週末パス+特急券の追加購入で乗車できる

「週末パス」は関東甲信越から南東北まで広範囲にわたって使うことが可能。海の眺めが抜群な「伊豆急行」や、宿場町や温泉巡りができる「会津鉄道」など、地方の私鉄14社で使えるのが魅力です。
有効期限は「連続する2日間」1日あたりの換算価格は4,400円。特急券を買えば新幹線・特急も利用可能という点が、「青春18きっぷ」と違うところですね。

週末パス
【価格】大人 8,880円/小児 2,600円
【使用エリア】JR東日本の鉄道線ほか伊豆急行・会津鉄道など私鉄14社
【利用条件】連続する2日間
※普通電車・快速は利用可能。特急・新幹線利用の場合は別途特急券が必要
【発売期間】利用期間開始日の1カ月前から前日まで発売
【利用期間】2022年3月27日までの土・日曜、祝日(8月10~19日、12月28日~翌1月6日の期間は利用不可)

詳細は>>JR東日本公式サイト:週末パス

大人の休日倶楽部パス【フリー乗車タイプ】

大人の休日倶楽部パス【フリー乗車タイプ】
秋田内陸縦貫鉄道

50歳以上の方だけが加入できる「大人の休日倶楽部」の会員限定商品。新幹線・特急を含む列車の自由席に、期間中は何度でも乗ることができます。あらかじめ予約をしておけば、普通車指定席が利用OKなのも嬉しい点ですね(6回まで利用可能)。

大人の休日倶楽部パスは以下の3種類が発売されています。少しずつ条件が異なるので、一つ一つチェックしていきましょう。

大人の休日倶楽部パス[東日本]
【価格】15,270円
※「大人の休日倶楽部カード」(クレジットカード)で決済する場合に限り発売
※JR東日本エリアのみの販売(JR北海道では発売無し)
【使用エリア】JR東日本全線(新幹線を含む)・青い森鉄道線・IGRいわて銀河鉄道線・三陸鉄道線・北越急行線・伊豆急行線・富士急行線・えちごトキめき鉄道線(直江津~新井間)・JR東日本のBRT(バス高速輸送システム)
※北陸新幹線は「東京~上越妙高」間のみ利用可能(「上越妙高~金沢」間は利用不可)、北海道新幹線は利用不可
【利用条件】連続する4日間
【発売期間】第1回:2021年5月24日~7月2日
第2回:2021年10月25日~12月3日
第3回:2021年12月13日~2022年1月21日
【利用期間】第1回:2021年6月24日~7月6日
第2回:2021年11月25日~12月7日
第3回:2022年1月13日~1月25日

大人の休日倶楽部パス[東日本・北海道]
【価格】26,620円
※「大人の休日倶楽部カード」(クレジットカード)で決済する場合に限り発売
【使用エリア】JR北海道全線(新幹線を含む)・JR東日本全線(新幹線を含む)・青い森鉄道線・IGRいわて銀河鉄道線・三陸鉄道線・北越急行線・伊豆急行線・富士急行線・えちごトキめき鉄道線(直江津~新井間)・JR東日本のBRT(バス高速輸送システム)
※北陸新幹線は「東京~上越妙高」間のみ利用可能(「上越妙高~金沢」間は利用不可)
【利用条件】連続する5日間
【発売期間】第1回:2021年5月24日~7月1日
第2回:2021年10月25日~12月2日
第3回:2021年12月13日~2022年1月20日
【利用期間】第1回:2021年6月24日~7月6日
第2回:2021年11月25日~12月7日
第3回:2022年1月13日~1月25日

大人の休日倶楽部パス[北海道]
【価格】17,400円
※「大人の休日倶楽部カード」(クレジットカード)で決済する場合に限り発売
※JR北海道エリアのみの販売(JR東日本では発売無し)
【使用エリア】JR北海道在来線全線
※北海道新幹線は利用不可
【利用条件】連続する5日間
【発売期間】第1回:2021年5月24日~7月1日
第2回:2021年10月25日~12月2日
第3回:2021年12月13日~2022年1月20日
【利用期間】第1回:2021年6月24日~7月6日
第2回:2021年11月25日~12月7日
第3回:2022年1月13日~1月25日

詳細は>>JR東日本公式サイト:大人の休日倶楽部パス

近場で旅に出よう!東京近郊のフリーきっぷ

近場で旅に出よう!東京近郊のフリーきっぷ
123RF ロマンスカー 

海外旅行や遠出ができない方は、「ちょっとだけ遠く」に行ってみませんか?首都圏のお得なきっぷをいくつかご紹介いたします。

小田急電鉄「江の島・鎌倉フリーパス」【目的地周辺フリー乗車タイプ】

小田急電鉄「江の島・鎌倉フリーパス」【目的地周辺フリー乗車タイプ】
123RF 江ノ電

江の島や鵠沼海岸などに行ける「江の島・鎌倉フリーパス」。湘南の風が吹き抜ける地に立って「3密」で縮こまった体をほぐしながら夏を満喫しましょう!

江の島・鎌倉フリーパス
【価格】1,060円(町田駅発)、1,520円(新宿駅発)
※上記のほか小田急線各駅から設定あり
※小田急線(発駅~藤沢駅)の往復割引きっぷ付き
【使用エリア】小田急線藤沢駅~片瀬江ノ島駅・江ノ島電鉄全線
【利用条件】乗車当日のみ有効
【発売期間】随時(乗車日の1カ月から購入可、自動券売機は当日利用分のみ購入可)

詳細は>>小田急電鉄公式サイト:江の島・鎌倉フリーパス

京王「高尾山きっぷ」【往復乗車券タイプ】

京王「高尾山きっぷ」【往復乗車券タイプ】
<画像提供:高尾登山電鉄>高尾山ケーブルカー

江の島でビーチを楽しむのもいいですが、高尾山での森林浴もいいですよね。
京王電鉄の「高尾山きっぷ」は、京王線・井の頭線各駅~高尾山口駅までの往復乗車券に加えて、高尾山ケーブルカー・リフトの乗車券がセットになったお得なきっぷ。「ケーブルカー高尾山駅」「リフト山上駅」に到着したら、薬王院、さる園、野草園へと足を伸ばしましょう。

高尾山きっぷ
【価格】大人1,390円/小児700円(新宿駅発、ケーブルカー・リフト往復)
※上記のほか京王線・井の頭線各駅から設定あり
※片道券タイプあり
【使用エリア】京王線&井の頭線各駅~高尾山口駅・高尾登山電鉄(ケーブルカー・リフト)
【利用条件】乗車当日のみ有効
【発売期間】随時
※12月31日~翌1月3日は販売なし

詳細は>>京王グループ公式サイト:おとくなきっぷ

他にも販売再開しているきっぷがたくさん!

他にも販売再開しているきっぷがたくさん!
西武鉄道

北海道内の旅が断然お得になるきっぷとは?

北海道内の旅が断然お得になるきっぷとは?
<画像提供:JR北海道>くしろ湿原ノロッコ号

せっかくの北海道旅行、いろいろな観光地をめぐりたい!と、誰もが考えることでしょう。

そうはいっても広大な北海道の名所めぐり。移動距離に比例して、時間はもちろん、お金だってたくさん必要になってきます。

ひがし北海道フリーパス/きた北海道フリーパス【フリー乗車タイプ】

ひがし北海道フリーパス/きた北海道フリーパス【フリー乗車タイプ】
<画像提供:JR北海道>北海道の特急

そこでご紹介するのが、お得な「ひがし北海道フリーパス」と「きた北海道フリーパス」です。

利用できるのは、「ひがし北海道フリーパス」はAIRDOまたはPeachの搭乗者、「きた北海道フリーパス」はANA・AIRDO・Peachの搭乗者(いずれも函館を除く北海道の各空港到着便)のみと限定的ですが、条件さえ整えば広大なフリーエリアを移動可能。全力で北海道を満喫することができるチケットです!

ひがし北海道フリーパス
【価格】大人16,380円/小児8,190円
※12歳以上25歳以下(U25)は12,680円
【使用エリア】小樽、札幌、新千歳空港、南千歳、追分、岩見沢、滝川、新夕張、旭川、美瑛、富良野、新得、上川、帯広、遠軽、北見、網走、知床斜里、川湯温泉、摩周、釧路、釧路湿原、東釧路、根室
【利用条件】連続する5日間
【発売期間】2021年4月22日~2022年3月31日
【利用期間】2021年4月22日~2022年4月5日

きた北海道フリーパス
【価格】大人13,150円/小児6,570円
※12歳以上25歳以下(U25)は10,520円
【使用エリア】小樽、札幌、新千歳空港、南千歳、追分、岩見沢、滝川、旭川、美瑛、富良野、深川、留萌、稚内
【利用条件】連続する4日間
【発売期間】2021年4月22日~2022年3月31日
【利用期間】2021年4月22日~2022年4月4日

詳細は>>JR北海道公式サイト:AIRDO ひがし北海道フリーパス・きた北海道フリーパス

>>JR北海道公式サイト:Peach ひがし北海道フリーパス・きた北海道フリーパス

>>JR北海道公式サイト:ANA きた北海道フリーパス

関西・四国・九州のお得なきっぷ

関西・四国・九州のお得なきっぷ
近鉄・伊勢志摩ライナー

関西や九州でも、「これ1枚買っておけば!」というお得なきっぷが発売されています。

近畿日本鉄道「まわりゃんせ」【目的地周辺フリータイプ】

近鉄の各駅~賢島間(往復乗車券+往復特急券)+伊勢志摩エリアでは指定区間の近鉄電車・船・バスが乗り放題!さらに観光施設の入場券もセットになった、とってもお得な「まわりゃんせ」が発売中です。

志摩スペイン村、鳥羽水族館など23カ所の観光施設へは「まわりゃんせ」を持っていれば入場・入館OKで、全てを使い切るのが大変なほどの充実ぶり!
指定の宿泊先なら帰りの荷物の配送も無料になるなど、至れり尽くせりです。
行きも帰りも近鉄特急で快適にいきましょう♪

めいっぱい旅を楽しむために、訪れる施設の休館情報は事前に確認しておいてくださいね!

まわりゃんせ
【価格】大人9,900円/小児5,400円
【使用エリア】近鉄電車・三重交通バス・鳥羽市かもめバス・鳥羽市営定期船・志摩マリンレジャーあご湾定期船・パールシャトル
※近鉄電車の発駅~「松阪~賢島間」の往復乗車券付き
※近鉄電車の「松阪~賢島間」は乗り放題(特急券引換券4枚付き)
【利用条件】連続する4日間
【発売期間】乗車日の1カ月前から発売
【利用期間】2021年12月29日まで

詳細は>>近鉄日本鉄道公式サイト:まわりゃんせ

バースデイきっぷ【フリー乗車タイプ】

バースデイきっぷ【フリー乗車タイプ】
<画像提供:JR四国>下灘駅に停車する「伊予灘ものがたり」

鉄道業界では珍しく誕生日(月)が条件となったきっぷです。使用できるのは「誕生月の連続3日間」と限られた期間ではありますが、JR四国全線・土佐くろしお鉄道全線の特急列車が乗り降り自由
阿佐海岸鉄道全線とJR四国バスの路線バス(高速バスは対象外)にも乗車できる大変お得なきっぷです!

バースデイきっぷ
【価格】9,680円(普通車自由席用)、13,240円(グリーン車用)
※お誕生月の「ご本人」と同一行程の「お連れ様用」きっぷの販売あり(最大3名)
【使用エリア】JR四国線全線(宇多津~児島間を含む)・土佐くろしお鉄道線全線・阿佐海岸鉄道全線・JR四国バスの路線バス(高速バスを除く)
【利用条件】誕生月の連続する3日間
【発売期間】出発日の1ヶ月前から当日まで発売
【利用期間】2022年4月2日まで

詳細は>>JR四国ツアー公式サイト:バースデイきっぷ

SUNQパス(サンキューパス)【フリー乗車タイプ】

SUNQパス(サンキューパス)【フリー乗車タイプ】
熊本サクラマチと高速バス

鉄道・バスともにフリーパスが充実している九州ですが、最大2,400ものバスやフェリーに乗り放題な「SUNQパス(サンキューパス)」はご存知でしょうか?
こちらはなんと、九州島内と山口県下関市周辺の高速バス・路線バス・一部船舶が3日間乗り放題で11,000円のとってもお値打ちなチケットなんです!

九州には、カーナビにも出てこないような道を突っ走るローカルバスがいっぱいあります。鉄道や高速バスもよいですが、森の奥や岬の果てを走る「秘境路線バスの旅」も、思い出に残るイベントになりそうですよね。

SUNQパス(サンキューパス)
【価格】11,000円
【使用エリア】福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島7県+下関の高速バス・市内路線バス・船舶(6航路)
【利用条件】 連続する3日間
【発売期間】随時

詳細は以下のホームページでご確認ください。
>>SUNQパス運営委員会公式サイト:SUNQパス[サンキューパス]九州のバス乗り放題乗車券

まだまだある! お得なきっぷを探してみよう

まだまだある! お得なきっぷを探してみよう
色々なところに出かけてみたい

「どれが一番お得なのか迷う」「ここに紹介されたなかには利用できるきっぷがなかった」という方は、条件をしぼりながら、次の検索サイトでお得なきっぷを探してみて下さい。

>>JR北海道公式サイト:おトクなきっぷ一覧
>>JR東日本公式サイト:おトクなきっぷ
>>JR東海公式サイト:お得なきっぷ
>>JR西日本公式サイト:トクトクきっぷ検索
>>JR四国公式サイト:おトクなきっぷ一覧
>>JR九州公式サイト:割引きっぷ一覧
>>JRグループ協力:トレたび きっぷ情報

日本列島は東西・南北に3,000km ととても長く、周ってみればまだまだ見たこともない景色・知らない街・食べたことがないもの等いっぱいあることでしょう。フリーきっぷや割引きっぷをうまく組み合わせて、絶景や美味しいものを探してみましょう!
未知なるものは、意外と近くにあるかもしれませんよ。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > 国内 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください