>  > 

【連載フォトエッセイ・第12回】simabossneko&ぺにゃんこの「島ねこ日記」

simabossneko・ぺにゃんこ

更新日:2021年3月18日

この記事をシェアしよう!

【連載フォトエッセイ・第12回】simabossneko&ぺにゃんこの「島ねこ日記」

夫婦二人そろって旅好き・ねこ好きで、とある島で出会ったねこたちに魅了され、島に通うようになりました。
ねこたちとのふれあいを重ねていくうちに、逞しくも可愛い姿をカメラに収めたいと思い、カメラを手に撮影を始めることに。折を見ては撮影に行く日々。

simabossnekoとぺにゃんこが撮影した島に暮らすねこたちの穏やかな姿をご覧ください。




(毎週木曜日に公開)

>>第1回から読む

個性豊かなボスねこたち

「ボスねこ」彼らはみんな個性的。
人懐っこいねこもいれば、ご主人以外の人には我関せずというねこもいます。
共通しているのは、立派な体格とエラのはったお顔。
今回は、多くの島々を巡った時に出会った、個性豊かなボスねこたちを紹介します。

個性豊かなボスねこたち

立派なボスねこ。子ねこの約3倍の大きさです。

お腹を見せてひなたぼっこ。

お気に入りの場所でごろんとお腹を見せて。
堂々とした寝姿に、お地蔵さまも微笑んでいるようでした。

ボスの風格。

誰が来ても気にしない。

ボスねこは漁網の上でお昼寝中。
そこへ、彼を大好きなキジ白の子ねこが覗きに来ます。
「そろそろ起きて遊んでよ」と窺うけれど、気にせず熟睡のボスねこでした。

慕われる長老と。

夫婦ともに、旅好き・ねこ好き。旅先で出会った島のねこ達に魅了され、島に通うようになる。ねこ達とのふれあいを重ねていくうちに、逞しくも可愛い姿をカメラに収めたいと思い、カメラを手に撮影を始めた。折を見ては撮影に行く日々。
インスタグラムにて、全国の島で撮影したねこ達を投稿している他、写真展の開催や、テレビ・雑誌への写真提供を行っている。インスタグラムのフォロワー数は二人合わせて30万人超。
 
◆写真集「キス猫 すりすり、ぎゅっ、と。」(ワニブックス刊)
 
Instagramアカウント simabossnekoぺにゃんこ

エリア

 >  > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください