>  >  おうちでも楽しく&有意義に!2020年ゴールデンウィークを充実させる過ごし方15

おうちでも楽しく&有意義に!2020年ゴールデンウィークを充実させる過ごし方15

おうちでも楽しく&有意義に!2020年ゴールデンウィークを充実させる過ごし方15 写真:123RF

新型コロナウィルスは収束する気配がありません。感染拡大防止のため、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡に5月6日まで緊急事態宣言が発令され、4月17日には対象が全国に拡大されました。不要不急の外出や都道府県を越えた移動、「3密(密閉・密集・密接)」の空間などを避けたほうがよいといわれています。

2020年のゴールデンウィークに平年のようなお出かけを楽しむのは難しいでしょう。そこで今回は、連休に自宅で楽しめる15の方法を提案します。

目次

  • 1.今年のGWはどうなる?
  • 2.自宅でも可能性はたくさん!ゴールデンウィークの過ごし方15
  • ①リラックスして過ごす
  • ②ダイエットやプチ断食にチャレンジする
  • ③掃除や片づけをする
  • ④ゲームを楽しむ
  • ⑤クリエイティブに過ごす
  • ⑥勉強をする
  • ⑦副業を始める
  • ⑧おうちでテレビ・ビデオ鑑賞
  • ⑨自宅エクササイズ
  • ⑩散歩をする
  • ⑪ジョギングやウォーキング、トレーニングをする
  • ⑫身近な自然観察をする
  • ⑬テントを張ってプチキャンプ
  • ⑭公園へ行く
  • ⑮サイクリングをする
  • まとめ

1.今年のGWはどうなる?

1.今年のGWはどうなる?

2020年のゴールデンウィークはこの通り飛び石連休で、赤でマークした日が休日です。カレンダー通りのお休みなら5連休、合間の平日も休みにすれば8連休~最大16連休になります。

GWに入る前から在宅勤務を続けていた方も多いでしょう。自治体によっては3月から休校が続き、子どもたちもストレスを抱えています。しかし、緊急事態宣言により、観光施設や商業施設などは5月6日まで臨時休業や短縮営業となるところがほとんど。GWに開催予定だったイベントも軒並み中止されています。

今年のGWは自宅で過ごすことを前提に考えたほうが良さそうです。自宅でも楽しく過ごせるように工夫してみましょう!

2.自宅でも可能性はたくさん!ゴールデンウィークの過ごし方15

2.自宅でも可能性はたくさん!ゴールデンウィークの過ごし方15
写真:123RF

外出もできず、時間もたくさんあるとなると何をすればよいかわからず、ついついダラダラと過ごしてしまいがちです。しかし、時間がたっぷりある機会だからこそ、おうちの中でも有意義に過ごす方法はたくさんあります。具体的に何をしたらよいか、おすすめの過ごし方を15通り紹介します。

①リラックスして過ごす

①リラックスして過ごす
写真:123RF

ふだん忙しい方は心身の疲れを癒やせるように工夫してみましょう。布団を干したりシーツや枕カバーを新調したりして寝具を快適な状態に整えると、良質な睡眠をとりやすくなるのでおすすめです。時間をかけてゆったり入浴してもリラックスできます。香りの良い入浴剤やボディソープなども使ってみましょう。また、ちょっと贅沢なスイーツやとっておきのお酒を準備して味わうのも精神的な満足感を与えてくれます。

②ダイエットやプチ断食にチャレンジする

②ダイエットやプチ断食にチャレンジする
写真:123RF

美容・健康のためにダイエットやプチ断食をしたいと思っても、多忙な平日に行うのは難しい場合がありますよね。ダイエットにはカロリー計算や自炊によるメニュー管理など、少し手間がかかります。また、食事制限や空腹で仕事や家事のパフォーマンスが下がる場合もあるため、時間がある連休にチャレンジするのがおすすめです。連休が終わっても無理なく続けられるダイエット方法を見つけて習慣づける機会にもできます。

ダイエットをサポートするアプリを試してみるのもよいでしょう。レコーディングダイエットなら「あすけん」がおすすめです。食べたものを記録するとカロリーや栄養バランスを点数化してくれ、栄養士によるアドバイスも受けられます(無料プランは1日単位、有料プランは1食単位。初回登録時は7日間の有料プランお試しあり)。

Google Play
App store

③掃除や片づけをする

③掃除や片づけをする
写真:123RF

自宅で快適に過ごすためにはモノを減らしてスッキリとさせ、清潔に保つことが大切。ふだん忙しい方でも念入りに掃除・片づけができる機会なので、不用品をまとめて処分することから始めてみましょう。「いつか着るかも」と考えて保管していた衣類などを見直して処分すればスペースにゆとりが生まれ、精神的にも良い効果をもたらします。また、気になりつつも放置していた汚れなどを思い切って徹底的にキレイにすると暮らしの質を高めることができます。

掃除や片づけをするのは住居に限りません。よく使うバッグに余計なものが入っていないかチェックしましょう。パソコンやスマートフォンに入っているデータやアプリなどを整理するのもおすすめ。

④ゲームを楽しむ

④ゲームを楽しむ
写真:123RF

時間がたっぷりあるGWには、さまざまなゲームを楽しんでみましょう。オンラインゲームやゲーム機を使ったものはもちろんですが、トランプやマージャン、オセロゲームや人生ゲームなど、昔ながらのボードゲームも、やってみれば面白く、子どもにとっては新鮮かもしれません。チェスや将棋、囲碁など、ルールが難しいゲームにも家族で親しめる良い機会です。

家族がいる方にとっては一緒にゲームで遊ぶことが団らんのきっかけになります。1人暮らしの方は好きなビデオゲームを徹底的に攻略するのもよいですし、オンラインゲームで仲間と交流しながら楽しむのもよいでしょう。

⑤クリエイティブに過ごす

⑤クリエイティブに過ごす
写真:123RF

料理、手芸や工作、アートなど、何かを「つくる」体験を楽しんでみましょう。たとえば、新型コロナウィルス流行中の必需品でもあり新しいファッションにもなりつつあるマスクを作ってみるのはいかがでしょうか。今年は手作りマスクも流行しているので、いろいろな作り方がYouTubeやブログなどで公開されています。洗って何度も使うことを考えると枚数がたくさんあったほうが良いので、連休にまとめて作ってみましょう。マスクを携帯するためのマスクケースも自作できます。

文章を書くのもクリエイティブな楽しみです。世界中で新型コロナウィルスというトラブルを共有している「2020年」と自分の人生について、日記や手記、記録を書いてみてはいかがでしょうか。

筆者:旅行ライター chi_yu

旅行会社社員として3年、ツアーコンダクターとして18年の経験後、ライターの道へ。世界68カ国を訪れた経験を活用して、主に旅行関連の記事を書いています。
運営サイト:元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート http://tourconductor-note.com/

エリア

 >  > 
×