>  >  >  2020年夏休みの大阪旅行、コロナの影響は?計画前に知っておきたいこと

2020年夏休みの大阪旅行、コロナの影響は?計画前に知っておきたいこと

2020年夏休みの大阪旅行、コロナの影響は?計画前に知っておきたいこと 写真:123RF

誰もが知る名物スポット巡りをするもよし、路地に足を踏み入れてディープな文化を楽しむもよし、粉もんグルメの食べ歩きをするもよし。
関西の大都市・大阪は何度でも遊びにいきたくなる魅力にあふれています。

ここでは、夏休みにぜひ訪れたい大阪のスポットや気になる新型コロナの影響、旅行費用の相場などをご紹介します!

目次

  • 大阪ってどんなところ?魅力は?
  • 新型コロナの影響は?
  • 定番観光スポットはここ!
  • 夏休み中に行きたいイベント・観光スポット
  • 夏休みに行く際のおすすめの泊数、日程は?
  • どの場所のホテルに泊まればよい?
  • 夏休みに行く際の旅行費用相場
  • 必要な予算
  • 予約はいつからしておくべき?
  • まとめ:ステイホーム明けの大阪、感染対策をしっかりとって楽しもう!

大阪ってどんなところ?魅力は?

大阪ってどんなところ?魅力は?
写真:123RF

大阪は西日本最大の都市であり、キタ(梅田)やミナミ(難波)の繁華街には活気があふれ、流行のショップが立ち並んでいます。その一方で、新世界など昔ながらのレトロな雰囲気を残すエリアも存在し、何度訪れても飽きないおもしろさを秘めている街です。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)や海遊館といった有名スポットもたくさんあり、全力で遊びたい人にもぴったり。お好み焼きやたこ焼きといった粉もん文化の中心地らしくグルメスポットも目白押しで、食べ歩きや街歩きをするだけでも十分楽しめます。

府内には新幹線停車駅の新大阪駅、さらに伊丹空港と関西国際空港があり、全国各地からのアクセスも良好です。

新型コロナの影響は?

新型コロナウィルス感染拡大により大阪府に出されていた緊急事態宣言は、5/21に解除されましたが、2020/6/1現在、府民に対しては北海道や首都圏への不要不急の移動は控えるよう通知がされています。

府外からの受け入れについては明確な方針が出ていませんが、観光の際はマスク着用、手洗い、ソーシャルディスタンスの確保、3密を避けるといった感染予防策を引き続きしっかり取りましょう。5/29からは「大阪コロナ追跡システム」が運用開始となり、スポットによっては登録が必要なこともあります。

また府では、通天閣や太陽の塔といった有名施設のライトアップで警戒基準をあらわすという独自の取り組みをしています。赤が「警戒」、黄色が「注意喚起」、緑が「基準内」ですので、観光の際はチェックしてみましょう。

新型コロナウィルスの感染状況や警戒度などは日々変わります。お出かけ前に、最新の情報を大阪府の特設サイトで確認しておくと安心です。

大阪府:新型コロナウイルス感染症関連の特設サイト

定番観光スポットはここ!

定番観光スポットはここ!
写真:123RF大阪市港区にある海遊館と天保山マーケットプレース

大阪には巨大テーマパークであるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)、ジンベエザメが泳ぐ海遊館、歴史を感じられる大阪城大阪天満宮住吉大社など、さまざまなジャンルのスポットがあります。

観光用施設や史跡ばかりでなく、鶴橋商店街天神橋筋商店街など、生活の場が観光スポットとして注目されているのも特徴的。さらに大阪らしさあふれる道頓堀界隈や新世界へ繰り出せば、街そのものがテーマパークのようです。

頓堀川沿いに並ぶ「グリコ」の巨大看板や、赤と白のド派手な衣装が特徴の「くいだおれ太郎」の人形は、カメラを向ける人が後を絶たないフォトスポットとなっています。

定番観光スポットはここ!
写真:123RF

大阪名物くいだおれ太郎は、「中座くいだおれビル」の前で、タイコをたたいてお出迎えしてくれる

大阪市外にも、世界遺産に選ばれた仁徳天皇陵古墳を含む百舌鳥・古市古墳群、「太陽の塔」で知られる万博記念公園ひらかたパークなど、一度は訪れてみたいスポットが点在しています。

仁徳天皇陵は主軸の長さ約480mの前方後円墳で、世界最大級の墳墓

夏休み中に行きたいイベント・観光スポット

夏休み中に行きたいイベント・観光スポット
写真:123RF

新型コロナウィルスの影響で、大阪の夏の風物詩である「天神祭」、大迫力の「なにわ淀川花火大会」や「PL花火芸術」は中止が決定しています。イベント関係は不確定なものも多いため、事前に公式情報をチェックしておきましょう。

今回は、身軽に行動できる夏休みだからこそ行きたいスポットをご紹介します。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
写真:123RF

いつ行っても楽しい、定番中の定番!2020年中には任天堂のゲームをテーマにした「SUPER NINTENDO WORLD」がオープン予定とあって、今後も目が離せません。夏なら水しぶきのかかるアトラクションも最前列で楽しめます。

※6/19より条件付きで一般営業再開。当面は年間パス購入者、関西2府4県在住者が入場可能

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

住所
大阪府大阪市此花区桜島2丁目1-33
交通
JRゆめ咲線ユニバーサルシティ駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
時期により異なる
休業日
無休
料金
スタジオ・パス=大人7800円~、小人(4~11歳)5400円~、時期により異なる/(65歳以上7100円~、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名大人4200円、小人2900円)

大阪城天守閣

大阪城天守閣

豊臣秀吉が築いた大阪のシンボルで、最上階からは大阪の街を一望できます。現存している天守閣は昭和の時代に建てられたもので、内部にはかつての姿のジオラマ、豊臣秀吉が作った黄金の茶室、歴史資料や秀吉の生涯などを展示。周囲の大阪城公園も含め、大阪へ初めて行く人におすすめです。

※5/20より再開

大阪城天守閣

住所
大阪府大阪市中央区大阪城1-1
交通
JR大阪環状線大阪城公園駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00、時期により異なる)
休業日
無休(12月28日~翌1月1日休)
料金
大人600円、中学生以下(要証明)無料(15名以上の団体は割引あり、大阪市在住の65歳以上は証明書持参で無料、障がい者手帳持参で無料)

海遊館

海遊館

酷暑の日でもゆっくり快適に過ごせる屋内施設の代表格です。巨大なジンベエザメ、元気に泳ぐアシカ、幻想的なクラゲなど、見どころがもりだくさん。入館人数制限が設定されているため、事前にWEB時間指定券(入館希望日の5日前から販売)を購入する必要があります。

※6/1より再開

海遊館

住所
大阪府大阪市港区海岸通1丁目1-10
交通
地下鉄大阪港駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~19:00(閉館20:00、時期により異なる)
休業日
不定休
料金
入館料=大人2300円、小・中学生1200円、4歳以上600円/(ガイドツアーは別料金、60歳以上は証明書持参で2000円、各種障がい者手帳手帳持参で本人と同伴者1名半額)

大阪水上バス アクアライナー

大阪水上バス アクアライナー

クルーズ船に乗り大阪城や淀屋橋周辺を巡るツアー。「水の都」とも呼ばれる大阪の知られざる一面を垣間見ることができます。エアコンつきの船で涼みながら観光できるのも高ポイント!船旅気分を味わいたい人、快適さ重視の人はぜひ。

※営業は土日のみ、限定ショートクルーズが運行中。6/15以降の運行は未定

大阪水上バス アクアライナー

住所
大阪府大阪市中央区大阪城2地先
交通
JR大阪環状線大阪城公園駅から徒歩3分(大阪城港)
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:00(最終出航、時期により異なる)
休業日
不定休
料金
乗船料=1700円(周遊55分コース)/(障がい者手帳持参で半額)

ひらかたパーク

ひらかたパーク

テーマパークとはひと味違う、ファミリーやカップルで楽しめる正統派の遊園地。「ひらパー」の愛称で親しまれています。遊具が充実しているほか、レッサーパンダ、コツメカワウソなどの動物も飼育されていて、小さな子どもも楽しめます。

※5/29より一部アトラクションのみ再開

ひらかたパーク

住所
大阪府枚方市枚方公園町1−1
交通
京阪本線枚方公園駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
10:00〜16:30(閉園17:00、時期により異なる)
休業日
不定休
料金
入園料金=大人1500円、2歳〜小学生800円/フリーパス(入園料金別途必要)=小学生以上3000円、2歳〜未就学児1800円/(障がい者手帳または療育手帳持参で本人と同伴者1名入園料金4割引)

空堀商店街

名物商店街が点在する大阪でも、いっそうレトロな雰囲気のある商店街がこちら。上町筋から松屋町筋まで、およそ800メートルにわたって飲食店や食料品店が軒を連ねています。粉もんグルメのお店やカフェもあり、気の向くままに街歩きを楽しみたい人におすすめです。

空堀商店街

住所
大阪府大阪市中央区谷町6丁目
交通
地下鉄谷町六丁目駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
店舗により異なる
休業日
店舗により異なる
料金
店舗により異なる

夏休みに行く際のおすすめの泊数、日程は?

夏休みに行く際のおすすめの泊数、日程は?
写真:123RF

定番のスポットをひととおり巡りたいなら、1日目は海遊館、2日目はユニバーサル・スタジオ・ジャパン、3日目は街歩きなど2泊3日がおすすめ。大阪市内やその近郊は公共交通機関が充実しているため、「昼間は海遊館を見て夜は道頓堀で粉もんディナー」など、1日で複数スポットをかけ持ちするのも難しくありません。

移動が多くなりそうなときは、大阪メトロと大阪シティバスが1日乗り放題になる「エンジョイエコカード」(大人平日800円、土日祝600円/小児は全日300円)などを活用しましょう。大阪城天守閣、天王寺動物園といった観光スポットの入場料が割引になる特典もついています。また、3日間あれば、近隣の神戸や京都に足を運ぶことも可能です。

日程の都合で1泊しかできないという場合は、あまり欲張らずに行きたい場所を絞ってプランを立てましょう。

大阪では7月後半から8月にかけて連日30℃を超えるため、屋外で遊ぶときは熱中症対策や紫外線対策が必須。何カ所か回るときは屋内施設を旅行プランに組み込むなど、暑さに負けずに楽しみましょう。

どの場所のホテルに泊まればよい?

どの場所のホテルに泊まればよい?
写真:123RF

大阪観光の定番スポットであるユニバーサル・スタジオ・ジャパンを遊び尽くすなら、パークから徒歩圏内のホテルがおすすめ。朝から晩まで電車の時間を気にすることなく遊べます。2019年11月には全760室という最大級のオフィシャルホテル「リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」がオープンし、ますます便利になりました。

また、パークから徒歩5分のユニバーサルシティポートから海遊館のある天保山まではシャトル船が出ており、16分で行くことができます。「USJと海遊館、両方に行きたい!」という人にもユニバーサル・スタジオ・ジャパン周辺のホテルはたいへん便利です。

道頓堀などミナミ周辺をメインに観光しつつ大阪市内各所を見て回るなら、難波や心斎橋のほか、大阪メトロ御堂筋線・中央線・四つ橋線の3線が乗り入れる本町近辺も視野に入れて選びましょう。

天王寺動物園や長居公園、住吉大社など市内南部をメインに観光するのであれば、天王寺・阿倍野近辺のホテルがおすすめです。大阪に加えて京都や神戸にも足を運びたいなら、梅田や新大阪近辺のホテルが便利です。

夏休みに行く際の旅行費用相場

夏休みは、1年の中でも旅行代金がかなり高くなる時期です。2泊3日の日程で、東京から大阪へ行く際の費用についてみてみましょう。

東京発大阪着のツアーは7月後半から価格が上がりはじめ、最安値で大人1名あたり2万2000円程度です。もっとも高くなるのはお盆の時期で、8/7発から最安値で3万円を超えます。お盆の週に旅行する際は、ツアー料金だけで大人1名あたり3万5000円程度かかると考えておくといいでしょう。逆にお盆を過ぎるとぐっと安くなり、2万円程度のツアーも登場します。

東京―大阪間の交通手段は、飛行機と新幹線の両方が利用可能です。どちらがお得かは時期によって異なりますが、基本的に大きな差はありません。

所要時間は新幹線「のぞみ」が2時間30分ほど、飛行機は成田もしくは羽田からで1時間10分ほどです。飛行機の場合は利用する空港から目的地までの距離や、搭乗手続きにかかる時間なども考慮しつつ選んだほうがいいでしょう。

伊丹空港は大阪の北部、関西国際空港は南部に位置しています。ユニバーサルスタジオジャパンに行く場合、空港からユニバーサルシティ駅までの電車所要時間は、伊丹空港が約35分、関西国際空港が約65分です。

ちなみに東京-新大阪間を新幹線のぞみの指定席で往復すると、正規料金では2万9,840円(片道1万4,920円)です。この正規料金に宿泊代を合わせると、ツアー料金より高くなることがあります。また、JRで新幹線の切符のみを購入するときは、1か月前にならないと手配ができません。早期予約が可能で料金的にもお得な、新幹線+ホテルのツアーを押さえておくのが賢明です。

費用を抑えたいときは、ホテルの部屋をセミダブルやダブルにする、新幹線「こだま」のツアーを選ぶといった方法があります。

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  > 
×