MAPPLE TRAVEL GUIDE国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

元町・函館山のおすすめのカフェスポット

元町・函館山のおすすめのカフェスポットをご紹介します。茶房 菊泉、グリーンゲイブルズ、みかづき工房&ギャラリー・カフェ三日月など情報満載。

茶房 菊泉 (サボウ キクイズミ) 古き良き時代の日本を体感できる店

大正時代の酒問屋「菊泉」別宅を利用した甘味処。ほぼ手を加えていない店内で、なつかしい時代を感じながら、自家製の甘味を味わえる。店内の調度品のほとんどは実際に使われていたもの。

茶房 菊泉
茶房 菊泉
茶房 菊泉
茶房 菊泉

茶房 菊泉の詳細情報

住所
北海道函館市元町14-5
電話
0138-22-0306
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで8分、末広町下車、徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉店)
休業日
木曜、祝日の場合は営業(臨時休あり、年末年始休)

グリーンゲイブルズ (グリーンゲイブルズ) 赤毛のアンをイメージした店。ゲイブルズサンドが人気

赤毛のアンをイメージしたカフェレストラン。ハムやチーズのサンドイッチに、ヨーグルト、サラダの付いたゲイブルズサンドが人気だ。

グリーンゲイブルズ
グリーンゲイブルズ

グリーンゲイブルズの詳細情報

住所
北海道函館市末広町20-3
電話
0138-26-7644
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで8分、末広町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~16:00(閉店17:00)
休業日
月曜(年末年始休)

みかづき工房&ギャラリー・カフェ三日月 (ミカヅキコウボウアンドギャラリー カフェミカヅキ) レトロな空間でゆっくり雑貨をセレクト

明治期築の土蔵と、大正5(1916)年築の元質屋の店舗と住宅を利用し、ギャラリーとショップを併設。道内作家の一点物の作品を販売しており、一部はカフェとしても利用できる。

みかづき工房&ギャラリー・カフェ三日月の詳細情報

住所
北海道函館市弥生町23-1
電話
0138-87-0787
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで11分、終点下車、徒歩5分
営業期間
4月上旬~12月下旬
営業時間
11:00~16:30(閉店17:00)
休業日
期間中木曜(展示替え期間休)

茶房ひし伊 (サボウヒシイ) レトロモダンな和風喫茶店

もとは質屋を営んでいたという古い蔵を利用した和風喫茶。人気は寒天と蜜が自家製のクリームあんみつ。風情ある季節の和菓子とともに味わえる、抹茶セットもおすすめだ。

茶房ひし伊
茶房ひし伊
茶房ひし伊
茶房ひし伊

茶房ひし伊の詳細情報

住所
北海道函館市宝来町9-4
電話
0138-27-3300
交通
JR函館本線函館駅から市電谷地頭行きで7分、宝来町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:30(閉店18:00)
休業日
無休(12月31日~翌1月2日休)

甘味処・生活骨董 函館 きんぎょ茶屋 (カンミドコロ セイカツコットウ ハコダテ キンギョチャヤ) 築100年以上の民家を利用した和風カフェ

店内では生活骨董品や函館在住の作家によるハンドメイド雑貨、岐阜県「仙太郎窯」の陶器も販売。十勝産小豆を使った甘味のほか、オムライスなどの軽食やドリンクも豊富だ。

甘味処・生活骨董 函館 きんぎょ茶屋の詳細情報

住所
北海道函館市末広町20-18
電話
0138-24-5500
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで8分、末広町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:30(閉店18:30)、冬期は~16:30(閉店17:00)
休業日
不定休(年末年始休)
×