>  >  >  >  >  >  【松山城】行く前に!見どころ&基本情報をチェック!

【松山城】行く前に!見どころ&基本情報をチェック!

【松山城】行く前に!見どころ&基本情報をチェック!

松山タウンの中心にそびえる松山城は、多くの来城者が訪れる愛媛屈指の観光地。城内には歴史的な見どころが多く残り、見ごたえがある。押さえるべき必見スポットを事前にチェック!

松山城

武将、加藤嘉明が慶長7(1602)年より築城を開始し、四半世紀をかけて完成。標高132mの勝山の山頂に、本丸、中腹に二之丸、ふもとに三之丸を配した典型的な連郭式平山城で、姫路城、和歌山城と並ぶ連立式天守を有する城郭として知られる。広大な規模の城郭には、多くの建造物や石垣、堀などが残り、安政元(1854)年に再建落成された天守をはじめ、各櫓、城門など21棟の建造物が重要文化財。一帯は城山公園として整備され、8合目の長者ヶ平までロープウェイとリフトが運行。春は桜の名所として賑わう。

松山城

本丸広場から眺めた天守。松山城マスコットキャラクター「よしあきくん」のオブジェが立つ

松山城

天守からの眺めは格別!
天守最上階からの眺め。360度の大パノラマが広がり、瀬戸内海も一望できる

アクセス

徒歩での登城は4ルートあり、いずれも所要20~30分。傾斜がきついため、登城にはロープウェイ(所要約3分)またはリフト(所要約6分)が便利。どちらも往復510円。天守観覧とのセット券は1020円。

アクセス

景色も楽しもう♪

おでかけ前に知っておこう!【ぐるっとめぐって 所要約1時間30分】

城内は広いため、歩きやすい格好で
土の道や石段が続く道は、ヒールでは足を傷める危険も。ロープウェイ長者ヶ平駅から天守まで徒歩で約10分かかるため、歩きやすい格好で見学を。

有料ゾーンはココ
天守などが集まる本壇が有料ゾーンで、本丸までは無料ゾーン。見ごたえある本壇は、外からだけでなく、ぜひ、中に入って見学したい。

松山城おもてなし案内人
土・日曜、祝日を中心に城内にいるはかま姿の女性たち。記念撮影や観光案内をしてくれるので、気軽に声をかけてみよう。

松山城

住所
愛媛県松山市丸之内1
交通
JR松山駅から伊予鉄道松山市内線道後温泉行きで13分、大街道下車、徒歩5分の松山城ロープウェイで3分、長者ヶ平下車、徒歩10分(天守まで)
営業期間
通年
営業時間
天守9:00~16:30(閉館17:00、時期により異なる)、ロープウェイ8:30~17:30(時期により異なる)、リフト8:30~17:00
休業日
無休、天守は12月第3水曜、リフトは雨天時
料金
天守観覧料=大人510円、小学生150円/ロープウェイ、リフト(往復)=大人510円、小学生260円/(松山市在住で65歳以上は証明書持参で無料、各種障がい者手帳(身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳)持参で本人とその介護者1名無料、車いす利用の場合は本人とその介護者3名まで無料)

本壇[有料ゾーン]

天守や櫓などの見どころ満載
本壇とは、天守を中心とする城郭建造物の中枢のこと。本壇入り口から天守広場まで、いくつもの門や石垣、櫓が設けられ、最終防衛施設として重要な役割を果たしている。見どころが多く集まり、内部見学も可能だ。

本壇[有料ゾーン]

天守の内部へ行ってきます!

天守

3重3階地下1階の層塔型天守で、城の新築や増改築が厳しく取り締まられていた江戸末期に再建。内部は甲冑や書状など、貴重な史料を展示。最上階からは、絶景が広がる。

天守

加藤嘉明が着用したといわれる甲冑

天守

甲冑が無料で試着できる

天守

傾斜55度の階段を上って最上階へ

一ノ門

天守に通じる本壇入り口を守る門で、木割も大きく豪放な構えとなっている。櫓や小天守に囲まれ迫力があり、撮影ポイントとしてもおすすめ。

一ノ門

玄関多聞

本壇内の天守広場に面してある。ここが正式な天守への入り口。外観のみ見学できる。

玄関多聞

筒井門

松山城でもっとも大きな門
築城の際、正木城から移建されたと伝えられる。本丸へ向かう正面の固めを構成する重要な櫓門で、城内一のビッグサイズ。

筒井門

石垣

絶好の撮影スポット
扇勾配や美しい曲線の石垣は、松山城の見どころのひとつ。絶好の撮影スポットなので、記念撮影はお忘れなく。幼少の秋山真之が、石垣に登ったといわれる逸話が残る。

石垣
石垣

真之が登ったといわれる石垣に立つパネル

戸無門

本丸大手の最初に現存する門
松山城には門がいくつもあるが、扉がついていない門はココだけ。防御の要となる筒井門へ誘導するため、あえて扉をつけなかったという説がある。

戸無門

隠門続櫓

築城当時の面影が残る
隠門上の単層櫓。慶長年間の建築といわれ、創建当時の技法が残されている貴重な遺構である。

隠門続櫓

城内にある休憩処はコチラです

城山荘

本丸にある軽食店。囲炉裏ふうの店内のほか、屋外でも食事が楽しめる。自家製ジュレがのる伊予柑ソフトが人気。

城山荘
城山荘

伊予柑ソフト 400円

城山荘

愛媛みかんジュース(菓子付)500円

城山荘

住所
愛媛県松山市丸之内1 松山城内
交通
JR松山駅から伊予鉄道松山市内線道後温泉行きで13分、大街道下車、徒歩5分の松山城ロープウェイで3分、長者ヶ平下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉店)
休業日
無休
料金
伊予柑ソフト=400円/愛媛みかんジュース(菓子付)=500円/ 平均予算(昼):500円

六実庵

ロープウェイ山頂駅前広場にある、みやげもの&お休み処。抹茶やぜんざい、甘酒などが味わえる。

六実庵
六実庵

オリジナルTシャツ 1枚2500円

六実庵

抹茶(坊っちゃん団子とタルト付)630円

六実庵

住所
愛媛県松山市丸之内1 城山公園内
交通
JR松山駅から伊予鉄道松山市内線道後温泉行きで13分、大街道下車、徒歩5分の松山城ロープウェイで3分、長者ヶ平下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:15~17:00頃(閉店、時期により異なる)
休業日
無休
料金
抹茶(坊ちゃん団子とタルト付)=630円/オリジナルTシャツ=2500~2700円/ 平均予算(昼):800円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×