おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  【豊川・豊橋】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

【豊川・豊橋】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

【豊川・豊橋】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

by mapple

更新日:2019年2月23日

ヤマサちくわの里

豊橋名産のちくわを味わおう
創業190年を誇る豊橋名産のちくわの老舗。ちくわなど練り物の実演販売のほか、東三河の名産品や自社製品が買える販売所、オリジナル料理が味わえる茶屋がある。

ヤマサちくわの里

ガラス越しに職人の作業が見学できる「海工房」

ヤマサちくわの里

職人が手づくりする人気のぱんでま~く(1本310円)

直営店はコチラ!

広小路でんでん

炭火で焼く絶品のアツアツ練りもの
工場や産地から直送された練りものや魚介類をおでんや炭火焼きで楽しめる。この店だけのオリジナルメニュー「ヤマサ握りちくわ」(1本430円)はとくに人気。

広小路でんでん

しんじょうちくわ(1本400円)など豊富な種類の炭火焼き

練物専家 ねりや花でん

三河の旬菜と練りものの美味コラボ
伊良湖直送の魚介や三河産のとれたて野菜をヤマサ製品と合わせた練りもの料理などが自慢。選りすぐりの地元の銘酒とともに味わいたい。

練物専家 ねりや花でん

能舞台をモチーフにした店内

三河屋製菓

郷土色あふれるユニーク和菓子
羽二重餅など定番商品のほか、イチゴとクリームチーズの大福といったユニーク商品も扱う和菓子店。大判焼きは昔から地元で愛され続ける人気商品(11〜3月のみ)。

三河屋製菓

しあわせ大福(280円)をはじめユニークな菓子がそろう

うなぎの京楽軒

豊川稲荷の門前にあるうなぎの名店
備長炭でしっかりと焼き上げたうなぎは、皮はパリッ、身はふんわりの絶妙な食感に濃いめのタレが相性抜群。うな茶漬やきも焼きも味わえる。

うなぎの京楽軒

うな重(2700円)や、白焼き、うなぎの洗いもおすすめ

きく宗

郷土料理の菜めし田楽
江戸時代から続く老舗。田楽は自家製豆腐に秘伝の味付けをした八丁味噌をのせ、カラシで味を引き締めて作る創業以来の名物だ。

きく宗

菜めし田楽(1836円)は菜めしと田楽豆腐の素朴な組み合わせ

和洋食事処 シャンデリア

地産地消の食材にこだわる店
地元産のうなぎ料理や田原牛のハンバーグ、ステーキなど地元産にこだわった食事を提供する店。全ての食事メニューにサラダバーが付く。

御油の松並木

天然記念物指定の約600mの松並木
旧東海道の宿場町として栄えた御油宿と赤坂宿の間にある御油の松並木。夏は暑さを冬は寒風をしのげるよう、徳川幕府の道路政策として植樹された。近くには資料館もある。

御油の松並木

「東海道中膝栗毛」の舞台にもなった松並木

豊橋ハリストス正教会

愛知県下最古の木造聖堂
1913(大正2)年築の教会で、重要文化財。戦禍を免れた聖堂内には帝政ロシア時代の画や、貴重な文献、聖像画家山下りんの作品もある。

豊橋ハリストス正教会

ビザンチン様式のドーム型の美しい外観

葦毛湿原

湿生植物と地域固有種の宝庫
弓張山系からの湧水が流れる場所に生じた珍しい成り立ちの湿原。約250種の湿生植物が自生する。地域固有種も見られ、多くのハイカーが訪れる。

葦毛湿原

常に水が流れているため、学術的に希少な植物が多く生育する

豊橋市自然史博物館

生物の進化と郷土の自然を学ぶ
約6500万年前から現在に至る新生代の展示が充実。多くの実物化石や標本、最新映像技術で楽しく学べる。隣接する動物園に関連した展示も豊富。

豊橋市自然史博物館

ケナガマンモスをはじめ、624点を展示する新生代展示室

豊橋市二川宿本陣資料館

江戸時代の旅の様子を知ろう
「東海道五十三次」33番目の宿場町にある資料館。「江戸時代の街道」をテーマにした東海道、二川宿、本陣に関する展示が楽しい。

豊橋市二川宿本陣資料館

本陣、旅籠屋が見学できる。道具や道中記、浮世絵等も展示

豊橋市公会堂

昭和初期の貴重なロマネスク建築
地震や戦時中の空襲から免れ建設時の姿を残す公会堂は、上部の半球ドームと羽ばたく大鷲がシンボル。式典や映画のロケ地にも利用されている。

豊橋市公会堂

国の登録文化財建造物。随所に見られるステンドグラスも素敵

賀茂しょうぶ園

さまざまな種類の花ショウブが咲く
5月下旬〜6月上旬の開花時期には約300種、3万7000株の花ショウブが咲き誇る花の名所。期間中はライトアップもされる。

賀茂しょうぶ園

開花期には花しょうぶまつりが開かれる

【CLOSE UP】名物地元グルメ豊橋カレーうどんを食べよう!

豊橋カレーうどんとは?
ルゥが最後に残りがちな「カレーうどん」を、最後まで美味しく食べてもらおうと考案。まずはカレーうどんを味わい、とろろが出てきたら全体を混ぜ合わせて食べる。仕上げに福伸漬(または壺漬、紅しょうが)を入れ、味の変化を楽しむ。

大正庵

愛知県産小麦「きぬあかり」を100%使用する自家製麺はもちもちとした食感が評判。豊橋カレーうどんには地元野菜で作る福神漬けが付いてくる。

大正庵

豊橋カレーうどん 830円
炙り焼き鶏肉が入り、ウズラ卵のフライをオン。スパイシーで濃厚なルゥが特徴

勢川本店

大正3(1914)年創業のうどんの名店。豊橋カレーうどんは香辛料に負けない濃厚魚介だしが特徴で、つゆの染みた油揚げが美味。

豊橋カレーうどん 820円
こだわりの濃厚魚介ダシが香る逸品

筆者:mapple

まっぷる愛知 名古屋 知多・三河’19

発売日:2018年10月18日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×