コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  【淡路島】明石海峡大橋 ~淡路島と本州を結ぶ世界一の吊り橋

【淡路島】明石海峡大橋 ~淡路島と本州を結ぶ世界一の吊り橋

【淡路島】明石海峡大橋 ~淡路島と本州を結ぶ世界一の吊り橋

by mapple_travel_guide

更新日:2019年3月26日

世界最長の吊り橋としてギネスも認定した明石海峡大橋。スゴワザが詰まったこの大橋の特徴をよく知って、淡路島への行き帰りを楽しもう。

ココがスゴイ!明石海峡大橋!!

ココがスゴイ!明石海峡大橋!!

●中央支間長1991m ←これが世界一!

主塔の間の距離で世界一の長さを誇る

●全長3911m

建設費はじつに5000億円

●ケーブルの総延長地球を7周半

素線127本を束にした290本のケーブル総延長は約30万km

昼夜どちらも美しい明石海峡大橋

明石海峡大橋は平成10(1998)年に開通した、淡路島と神戸市を結ぶ世界最長の吊り橋。「パールブリッジ」の愛称があり、昼は壮大な全景が、夜は時刻や時期によってさまざまなライトアップパターンが楽しめる。

夜のライトアップも必見!ライトアップのパターンは31種類

明石海峡大橋のライトアップは全部で31パターンある。開通記念日の4月5日には日没から夜9時まで28パターンが各5分間ずつ点灯され、GW期間と夏休み期間の土・日曜、祝日は全31パターンの特別点灯が行われる。

夜のライトアップも必見!ライトアップのパターンは31種類

明石海峡大橋の”おすすめ”ビュースポット4

橋の上や周辺の観光スポットなど、明石海峡大橋の雄大な姿をさまざまな角度から見てみよう。

その1、橋の主塔の上から

海上約300mの高さから大パノラマを楽しむ

明石海峡大橋の内部に入り、主塔を上って橋の規模や高さを体感できるツアー。約300mの上空から見る淡路島や神戸の街並みは圧巻の風景だ。

その1、橋の主塔の上から

その2、橋のたもとから

明石海峡大橋の淡路側のアンカレイジ(橋のケーブルを固定する超巨大なコンクリートの塊)脇に道の駅あわじがある。ドライブ休憩に立ち寄って迫力の大橋を見上げよう。

その2、橋のたもとから

海面近くから迫力の風景が楽しめる

その3、観覧車にのって

淡路サービスエリア(下り)

明石海峡大橋の勇壮な景観が堪能できる憩いのスペース。人気の大観覧車にぜひ乗りたい。サービスアリアは上下線ともに利用できる。

その3、観覧車にのって
その3、観覧車にのって

その4、露天風呂から

リラクセーション施設「美湯 松帆の郷」にある展望露天風呂から、ライトアップされた美しい明石海峡大橋と神戸の町夜景がいっしょに楽しめる。

その4、露天風呂から

時間があれば旅の帰りに寄ってみよう

筆者:mapple_travel_guide

まっぷる淡路島 鳴門’18

発売日:2017年12月13日

Amazonで購入する
この記事の出典元は「まっぷる淡路島 鳴門’18」です。掲載した内容は、2017年6~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  > 

×
×