>  >  >  >  >  > 

平野神社

台所の神様を祀る桜の名所
平安遷都の際に大和から移されたという古社。祭神の久度神は台所のかまどの神様で、京都でかまどを「おくどさん」と呼ぶのはこの名に由来。【所要20分】【桜、ライトアップ】

平野神社

境内には約60種、400本の桜があり、夜桜や桜祭でにぎわう

平野神社

住所
京都府京都市北区平野宮本町1
交通
JR京都駅から市バス205系統金閣寺・北大路バスターミナル行きで30分、衣笠校前下車すぐ
料金
安産御守=1500円/りすのおつげ=500円/合櫻おまもり=500円/

千本釈迦堂(大報恩寺)

本堂は洛中最古の木造建築で国宝
釈迦如来を本尊とする真言宗の寺で、正式名は大報恩寺。宝篋印塔(おかめ塚)には、本堂を造営した棟梁の窮地を救った妻おかめの逸話が伝わり、夫婦円満や縁むすびの信仰を集めている。【所要30分】【桜】

千本釈迦堂(大報恩寺)

本堂の前に咲くしだれ桜は、おかめ桜として愛されている

千本釈迦堂(大報恩寺)

12月7・8日は、無病息災を願い、大根焚きが行われる

千本釈迦堂(大報恩寺)

住所
京都府京都市上京区七本松通今出川上ル溝前町1034
交通
JR京都駅から市バス50系統立命館大学前行きで30分、上七軒下車、徒歩5分
料金
見学料(本堂・霊宝館共通)=大人600円、高・大学生500円、中学生以下400円/福守=500円/御守=500円~/(20名以上の団体は割引あり、障がい者手帳持参で本人100円引)

釘抜地蔵(石像寺)

空海が開いたと伝わる古刹
手の病に苦しむ商人から2本の釘を抜いて救った地蔵菩薩の伝説が残る。そこから、病や心の苦を抜く「釘抜地蔵」として信仰を集めている。【所要10分】

釘抜地蔵(石像寺)

病や苦から救ってくれるお地蔵

釘抜地蔵(石像寺)

住所
京都府京都市上京区千本通上立売上ル花車町503
交通
JR京都駅から市バス206系統千本通北大路バスターミナル行きで25分、千本上立売下車すぐ
料金
無料

いっぷく茶屋

ふわりと香る絶品桜スイーツ
古風な外観だが、店内にはポップな曲が流れる甘味処。桜のアイスに抹茶シフォンケーキを添えた、「おむろ桜」が人気。【仁和寺から徒歩すぐ】

いっぷく茶屋

抹茶シフォンと桜アイスのコンビおむろ桜 700円

いっぷく茶屋

趣深い店構え

いっぷく茶屋

住所
京都府京都市右京区御室小松野町28-1
交通
嵐電北野線御室仁和寺駅から徒歩3分
料金
おむろ桜=700円/抹茶ミルク=550円/桜アイスクリーム=500円/桜団子=300円/ぜんざい=650円/コーヒー=500円/

垚福庵 金閣寺みち店

金閣寺の後は、うどんでホッコリ
金閣寺から徒歩すぐのお食事処。九条ねぎや生麩など京都らしい食材を使ったうどんは、上品な香りのおだしが自慢。山椒を練り込んだ和ソフトクリームや、季節を感じられる甘味メニューも豊富。【金閣寺から徒歩2分】

喜福庵金閣寺みち店

住所
京都府京都市北区衣笠御所ノ内町12プレシエル 1階
交通
JR京都駅から市バス205系統金閣寺・北大路バスターミナル行きで35分、金閣寺道下車すぐ
料金
九条ねぎときつねのうどん=900円/

錦鶴

バイキングで京の味を堪能
「絶品京料理バイキング」1944円が好評。京野菜を使ったおばんざいなど食べ放題。【金閣寺から徒歩3分】

錦鶴

広々とした明るい店内に常時30種ほど並ぶ

お食事処 錦鶴

住所
京都府京都市北区衣笠馬場町43
交通
JR京都駅から市バス205系統金閣寺・北大路バスターミナル行きで35分、金閣寺道下車、徒歩3分
料金
京のおばんざいランチバイキング=1944円/金閣弁当湯豆腐付=2700円/錦鶴御膳=4320円~/きぬかけ弁当湯豆腐付=2160円/末広弁当=1620円/(弁当・御膳は要予約)

樂美術館

樂茶碗に出会える
450年にわたり焼物を作り続けてきた陶芸の家系・樂家の歴代作品を収蔵し、樂焼作品を中心に企画展を開催している。展示品は常設ではないので、事前にHPなどを確認をしてから訪れよう。【晴明神社から徒歩5分】

樂美術館

美術館は樂焼窯元の樂家に隣接している

樂美術館

住所
京都府京都市上京区油小路通一条下ル
交通
JR京都駅から市バス9系統西賀茂車庫前行きで20分、堀川中立売下車、徒歩3分
料金
企画展により異なる(障がい者手帳持参で本人と介護者1名入館料無料)
1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください