コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  山形【山寺めぐり】悪縁切りのパワースポット!

山形【山寺めぐり】悪縁切りのパワースポット!

by mapple

更新日:2018年5月10日

険しい岩山に数々の見どころが点在する山寺。1015段の石段を上った先には、松尾芭蕉も名句を詠んだとびきりの絶景が広がる。悪縁切りの寺として古くから信仰を集めるパワースポットを訪ねよう。

山寺(宝珠山立石寺)

貞観2(860)年に慈覚大師が開山したと伝えられる霊山。石段が続く参道には大小の堂宇がたたずみ、四季折々の風景が楽しめる。

悪縁切りのパワースポット

古来より「悪縁切り寺」として信仰を集める山寺。悪縁を断ち切ることで良い縁と幸せを呼びこむようにと願う人々が多く訪れる。

参拝前にCHECK!

●冬季も参拝できるの?
参道の階段が除雪されるので、冬季でも参拝は可能。ただし長靴やブーツが必要。大雪の場合は除雪できず参拝できない場合もある。

●案内所はあるの?
山寺観光案内所(023-695-2816)があり、山寺のマップなどがそろう。観光ガイドは要予約で、定員になり次第受付終了(ガイド料2000円)。

①根本中堂

延暦寺の法灯を守る荘厳な雰囲気のお堂
延文元(1356)年に初代山形城主により再建されたお堂で、ブナ材の建築物では日本最古と伝えられる。堂内には、約1200年前に移された比叡山延暦寺の法灯が今なお燃え続けている。

入母屋造りのお堂は国指定重要文化財

⇩ 徒歩15分

②弥陀洞

巨大な岩壁に刻まれた無数の岩塔婆
長い歳月を経て自然に風化した岩肌に、約4.8mの阿弥陀如来の形が削り出され、その姿を見つけることができた人には幸福が訪れると伝えられる。無数の岩塔婆が神秘的。

阿弥陀様の姿を探してみよう

⇩ 徒歩3分

③仁王門

仁王様が見守るケヤキ造りの門
嘉永元(1848)年に再建された、ケヤキ造りが優美な門。左右には、運慶十三代の後裔・平井源七郎の作と伝わる一木造りの仁王像が2体安置されている。

紅葉、新緑、雪景色にも映える優美なたたずまいの門

④開山堂・納経堂

せり出した崖上に建つ由緒あるお堂
慈覚大師を祀る開山堂、赤く小さな納経堂の2つのお堂が並び、背景には山寺の門前町を眺める。山寺のシンボル的風景が見られるとあって撮影スポットとして人気。

●開山堂
慈覚大師の木造を安置する由緒あるお堂。現在も僧侶により朝夕に食飯と香が供えられている。

●納経堂
山内で最も古い建物。比叡山の伝承では、その真下の入定窟に慈覚大師の首が葬られたとされる。

⇩ 徒歩1分

⑤五大堂

感動の風景が待つ山寺随一のビュースポット
舞台式のお堂で、眼下には山寺の門前町と山里の風景を見渡す。五大明王を祀り天下泰平を祈る道場として、開山から30年後に慈覚大師の弟子・安然が建立した。

感動的な風景に、石段を登った疲れも吹き飛ぶ

⇩ 徒歩5分

⑥奥之院・大仏殿

登りつめて参拝する高さ5mのご本尊
五大堂からさらに山坂を登りつめると、正面右に奥の院、左に大仏殿がある。奥の院には釈迦如来・多宝如来を祀る。大仏殿の本尊、高さ5mの阿弥陀如来像も必見。

境内には日本三大灯籠に数えられる灯籠がある

所要90分
山門から1015段の石段が続き、往復で所要約90分。途中に急な傾斜などがあるが、お堂や奇岩怪石など見どころも多い。

芭蕉をもっと知りたい!山寺芭蕉記念館

芭蕉の直筆作品など貴重な資料が見学できる。『おくのほそ道』の旅で芭蕉が山寺を訪れて300年目を記念して建てられた。茶室で抹茶(500円)を楽しむのもおすすめ。

芭蕉直筆の句文や手紙などを収蔵

芭蕉と山寺

諸国行脚の旅に出た俳人、松尾芭蕉が弟子の曾良と山寺を訪れたのは元禄2(1689)年のこと。静寂のなかに蝉の声だけが響きわたる光景に感動し『閑さや 岩にしみ入 蝉の声』の句を残した。

参拝後にひと休み

商正堂

おみやげに名物のもろこしを
炭火で乾燥させた、山寺の名入りの手作りもろこしが名物。口の中でスッと溶け、小豆粉の甘みと香ばしさが広がる。甘さひかえめの金つば(1個170円)も人気。

もろこし(1枚)80円

楽水庵いずみや

山形の郷土料理を楽しむ
参道近くにある食事とおみやげの店。季節ごとの郷土料理メニューを味わえる。名物の「芋煮定食」は、牛肉と里いもがたっぷり入り食べごたえ十分。

芋煮定食1500円

手打ちそば 美登屋

名物板そばを味わう
山形産を中心に国内産をブレンドしたそば粉を使用。手打ちするそばは、香り高くコシが強い。板そばが人気で、季節限定のそばもメニューに並ぶ。

板そば1360円

筆者:mapple

まっぷる仙台・松島 宮城’19

発売日:2018年01月11日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる仙台・松島 宮城'19」です。掲載した内容は、2017年7月~11月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×