>  >  >  >  > 

【山寺観光 5】開山堂・納経堂

断崖絶壁に浮かぶ山寺の象徴

立石寺を開いた慈覚大師を祀る開山堂と、写経を納める納経堂が並び建つ、山寺の見どころのひとつ。とりわけ、朱塗りの納経堂は境内で、もっとも古い建造物といわれている。

<見どころ>
水墨画のような、断崖絶壁にたたずむお堂が壮観。

【山寺観光 5】開山堂・納経堂

【山寺観光 GOAL】五大堂

山寺一の絶景ビュースポット

五大明王を祀り天下泰平を祈る道場として、山寺開山30年後に慈覚大師の弟子・安然が建立した。舞台式のお堂からは、眼下に広がる山寺の門前町や山里が一望できる。

<見どころ>
山頂にある舞台式のお堂から望む風景に感動。

【山寺観光 GOAL】五大堂

立ち寄りスポット

山寺芭蕉記念館

記念館で芭蕉の生涯をたどろう

『おくのほそ道』の道中で芭蕉が山寺を訪れたことを記念して建てられた施設。芭蕉や門人の作品を多く展示している。抹茶(菓子付、500円)を味わえる茶房・芭蕉堂も訪れてみよう。

山寺芭蕉記念館

芭蕉直筆の句文などを収蔵

山寺芭蕉記念館

住所
山形県山形市山寺南院4223
交通
JR仙山線山寺駅から徒歩8分
料金
入館料=大人400円、小・中・高校生無料/抹茶(お菓子付)=450~600円/(団体大人20名以上320円、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名入館無料)

手打ちそば 美登屋

名物はのど越しのいい二八そば

山形の地粉を中心に国内産のそば粉をブレンドした手打ちそばは、香りが高くコシが強い。人気の板そばのほか、山形の郷土料理「だし」を使った「だしそば」(1200円)もおすすめだ。

手打ちそば 美登屋

板そば 1360円

美登屋

住所
山形県山形市山寺4494-5
交通
JR仙山線山寺駅から徒歩5分
料金
ずんだぼた餅=650円/板そば=1400円/
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください