コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【江の島】名物!海鮮丼!海の幸をいただきます!

【江の島】名物!海鮮丼!海の幸をいただきます!

by mapple

更新日:2018年6月11日

江の島グルメといえば、新鮮な魚介をふんだんに使った丼ものだ。各店が切磋琢磨してつくり上げた海鮮丼を召し上がれ!

しらす問屋 とびっちょ江の島本店

しらすのほか10種類の具材がのった豪華版
しらす丼をはじめ、新鮮な素材を使った多彩な料理が楽しめる人気の店。しらす料理も寿司やかき揚げ、豆腐やアイスなど、バラエティ豊かなラインナップがそろっている。

江の島でも特に人気の店で、店先に行列ができることもある

名物はコレ

とびっちょ丼 2041円
しらす、いくら、中トロ、煮穴子、サーモンなど10種類の具材がてんこ盛り! 江の島を代表する丼

こっちも食べたい!

釡揚げしらす3色丼 1717円

・しらすかき揚げ丼1枚 1080円
・しらすと本タラバ蟹の卵とじ丼 1458円

富士見亭

眺望を楽しみながら食べる老舗が作る絶品丼
歴史を感じさせる創業120余年の店。「生しらすと釜揚げしらすのハーフ丼」や「江の島丼」などがおすすめ。テラス席からの眺望の良さも評判。

稚児ヶ淵へ下る階段の中腹にある。味のある老舗の雰囲気満点

名物はコレ

生しらすと釜揚げしらすのハーフ丼 980円
生しらすや釜揚げしらすが半々に入る。相模湾のしらすの味を堪能するには絶好の一品

こっちも食べたい!

江ノ島丼 1750円

・あじのたたき定食 1650円
・釡揚げしらす丼 980円

磯料理 きむら

卸問屋だった店が提供する生しらすたっぷりの丼
かつてはさざえ、はまぐり、伊勢えび、あわびの卸問屋だった店。その強みを生かした新鮮な魚介が良心的な価格で食べられる。さざえの壺焼きなどの名物も見逃せない。

参道入口の喧騒から少し離れたところにある

名物はコレ

生シラスと釜揚げシラスのハーフ&ハーフ丼 1080円
丼に生しらすと釜揚げしらすがたっぷりのる。生しらすは、しょうがと土佐酢で食べよう

※生しらす禁漁期間の1〜3月と不漁時は「釜揚げシラス丼」に

こっちも食べたい!

焼はまぐり 1個600円

・さざえつぼ焼定食 1500円
・つぼ焼・焼きはま定食 1500円

海花亭

テラス席から海を見ながら新鮮な海の幸を食す
サムエル・コッキング苑入口横にある。相模湾で獲れた生しらすやあじのたたきなど、新鮮な海の幸が味わえる。テラス席もあるので、景色を楽しみながら食事もできる。

江の島山頂から海を眺めながら食事がいただける

名物はコレ

あじ生しらす丼 1620円
相模湾で揚がったあじと、朝獲れたばかりの新鮮な生しらす、えびや海藻などがのった贅沢な丼

こっちも食べたい!

しらすかき揚げ丼 1404円

・江の島丼 1080円 
・いかの丸焼き定食 1512円

江之島亭

卵とさざえの絶妙な味に舌鼓
江の島の歴史とともに歩んできた老舗の店。崖の上に建っているので湘南海岸が一望でき、店内からの眺望は抜群。新鮮な地魚をふんだんに使用した料理が味わえる。

サムエル・コッキング苑から稚児ヶ淵へ行く途中にある

名物はコレ

江の島丼 1188円
ボリュームたっぷりの名物丼。卵でとじたサザエから出た磯の風味が、口いっぱいに広がっていく

こっちも食べたい!

和風ポークソテー御膳 1750円

・海鮮丼 1620円
・天丼 1728円

小腹を満たす名物もチェック 参道グルメ

江の島を歩いていて小腹がすいたときは、江島神社参道の店でテイクアウトするのも◎。名物自慢の店を紹介しよう。

あさひ本店

上下を185℃の鉄板で挟み、約1tのプレスをかけて焼いた煎餅が名物。香ばしい磯の香りにひかれて行列ができることも。

「丸焼きたこせんべい」350円。いいだこをまるごと2〜3匹焼いており、たこ本来のおいしさが味わえる

井上総本舗

大正14(1925)年創業の和菓子店。人気の「貝最中」のほか、夏には「水まんじゅう」など季節の商品もある。店内でも和菓子が食べられる。

白あん、こし餡、つぶ餡の3種類でみやげにおすすめの「貝最中」3個入り330円

「アイス最中」400円(店内500円)。つぶ餡と抹茶アイスをサンドした最中。この絶妙な組み合わせにファンも多い

紀の国屋本店

店先でまんじゅう作りを見ることができる創業寛政元(1789)年の和菓子屋。みたらし団子も実演販売し、焼きたてを手軽に食べられる。

江の島の名物「女夫まんじゅう」 1個110 円。白はこし餡、茶はつぶ餡。店頭では手作りしたできたてを販売している

見た目もかわいい「花見だんご」 1本140円。さくら、白団子、草団子が一度に楽しめる串だんご

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる鎌倉 江の島'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×