>  >  >  >  > 

山形【名勝・山寺参拝】松尾芭蕉も感嘆した美景!

まっぷるマガジン

更新日:2021年1月20日

この記事をシェアしよう!

山形【名勝・山寺参拝】松尾芭蕉も感嘆した美景!

山頂から望む景色が評判の山寺は、山形を代表する名刹のひとつ。
芭蕉が名句を詠んだことでも知られています。
山頂にある舞台式の五大堂からは、山里の美しい風景を望むことができます。
趣のあるお堂や仁王像がそびえる優美な門など、山頂に続く道中には見どころも多いので、それぞれの名所を眺めながら1015段の石段の先にある絶景を目指しましょう。

山寺(宝珠山立石寺)について知ろう

山形が誇る風光明媚な古刹

貞観2(860)年に慈覚大師が開山したと伝わる天台宗の寺。古来より悪縁切り寺として信仰を集めている。豊かな自然に囲まれ、四季折々に違った表情をみせる美しい景観が魅力。

山寺参拝前にチェック!

①履き慣れた靴で上ろう
山頂を目指す参道の階段はとても険しい場所や急な登りもある。履き慣れたスニーカーなどで行くのがおすすめ。ハイヒールは不向き。

②山寺観光ガイドを利用
慈覚大師が開山し、1150年以上の歴史がある山寺。その歴史と文化をわかりやすく紹介している山寺の観光ガイド(ガイド1名2000円要予約)。問い合わせは山寺観光案内所へ。

③冬季も参拝は可能?
12〜3月はお寺やお堂が閉まっているものの、参道の階段は除雪を行っているので、冬季でも参拝は可能。ただし、長靴やブーツなどが必要となることが多い。大雪の場合は事前に確認を。

【問い合わせ】
山寺観光案内所(TEL:023-695-2816)
山寺のマップなど便利な観光情報をゲットできる。観光ガイド(2日前までに要予約)の受付も行う。

立石寺

住所
山形県山形市山寺4456-1
交通
JR仙山線山寺駅から徒歩5分
料金
拝観料=大人300円、中学生200円、小学生100円/ガイド料=2000円/宝物殿=大人200円、小人100円(30名以上団体割引あり、根本中堂内陣参拝 200円)

山寺を観光しよう

<所要時間:約2時間>
START

根本中堂

↓ 徒歩10分

① 姥堂

↓ 徒歩15分

② 仁王門

↓ 徒歩10分

③ 中性院

↓ 徒歩すぐ

④ 奥の院・大仏殿

↓ 徒歩15分

⑤ 開山堂・納経堂

↓ 徒歩すぐ
GOAL

五大堂

【山寺観光 START】根本中堂

比叡山より分けられた法灯を宿す

延文元(1356)年、初代山形城主により再建されたお堂で、ブナ材では日本最古と伝わる建築物。堂内では、比叡山延暦寺より分けられた法灯が煌々と燃え続けている。

<見どころ>
なでるとご利益があるといわれる布袋様は必見。

【山寺観光 START】根本中堂

【山寺観光 1】姥堂

地獄と極楽を分かつ浄土口

ここから下が地獄、先が極楽とされた浄土口にあたるお堂。かつては石清水で体を清め、白装束に着替えた参拝者が、古い衣服を堂内に祀られる奪衣婆の像に奉納したという。

<見どころ>
本尊・奪衣婆像の迫力ある表情に注目しよう。

【山寺観光 1】姥堂

【山寺観光 2】仁王門

ケヤキ造りで優雅な造形

嘉永元(1848)年に再建された、山寺の美景にも数えられる優美な門。左右には、運慶13代の後裔・平井源七郎の作といわれる一本造りの仁王像が安置されている。

<見どころ>
安置された仁王像は今なお鮮やかな朱色を保つ。

【山寺観光 2】仁王門

【山寺観光 3】中性院

愛嬌のあるなでぼとけに触れよう

本尊に阿弥陀如来を祀り、明治元(1868)年には不動院と合併された日牌所。背後の岩窟には新庄藩戸沢家代々の墓牌がある。賽銭箱の上にいる仏様は、長寿を授けるおびんずるさま。

<見どころ>
なでると病気が治るといわれるおびんずるさま。

【山寺観光 3】中性院

【山寺観光 4】奥の院・大仏殿

高さ5mの大仏が本尊

釈迦如来と多宝如来を本尊とする如法堂は奥の院と呼ばれる、参道の終着点。大仏殿には、高さ5mの金色に輝く阿弥陀如来像が祀られている。

<見どころ>
日本3大灯籠に数えられる青銅の巨大灯籠。

【山寺観光 4】奥の院・大仏殿
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください