コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【長浜】レトロモダンな街!黒壁スクエアでお買い物&グルメ!

【長浜】レトロモダンな街!黒壁スクエアでお買い物&グルメ!

by mapple

更新日:2018年11月11日

北国街道沿いに、古い町家やレトロな建物、飲食店が建ち並ぶ「黒壁スクエア」。宿場町として栄えた時代の風情が今も残る、長浜の人気スポットへでかけてみよう。

黒壁スクエアとは?

北国街道沿いに、古い町家やクラシカルな建物のショップ、飲食店が建ち並ぶエリア。なかでも、明治時代「黒壁銀行」の愛称で知られた第百三十国立銀行長浜支店の建物を利用する「黒壁ガラス館」を中心に、ガラス製品が豊富にそろうことで有名。

アクセス

【電車】
JR長浜駅から駅前通りを東へ徒歩5分。各ショップ間の移動は5~10分
【車】
北陸自動車道長浜ICから車で4㎞。黒壁スクエア内に駐車場あり

黒壁スクエアでお買い物

明治時代の銀行の建物を活用する「黒壁ガラス館」などガラス製品のショップをはじめ、個性ある品ぞろえの店でお気に入りを見つけよう。ガラス作り体験にも挑戦してみて。

黒壁ガラス館

黒壁スクエアの代表格
1900(明治33)年に建てられた元銀行を改装し、洋館の趣を残したガラスショップに。伝統的なものからモダンデザインまで、多彩なガラス製品を扱う。

黒壁ガラス館は黒壁スクエアの象徴的存在

外観だけでなく天井や階段にも銀行時代の名残が

ベネチアンガラスのペンダントトップ(左)各1026円、(右)5184円。シンプルな服のアクセントに

オリジナルのステンガラス風アートパネル2052円は、ここでしか手に入らない

イタリア製ガラスペン各1944円〜。見た目の美しさだけでなく、書きごこちもなめらか

MONOKOKORO

セレクト雑貨に心和む
グッドデザインと機能性を兼ね備えた雑貨のセレクトショップ。ガラス製品のほか、文房具やファブリックなどジャンルもさまざまで、友人や自分へのみやげ探しにぴったり。

大人から子どもまで、地元の人たちにも愛される店

モザイクビーズの輝きを活かした、ベネチアンガラスの吊り下げランプ 4万4280円

HUNTSMANSカラーマグ各1296円。ぽってりとしたかわいい形のマグカップ。カラーも豊富でギフトにおすすめ

黒壁AMISU 4SEASON

日本のいいもの再発見
滋賀の歴史や文化に根ざした職人の技に焦点を当てた店。使うほどに愛着が増す信楽焼の器など、日本の工芸品と雑貨を販売。四季折々のディスプレイも楽しい。

人気ショップ黒壁AMISUの2号店として2015年にオープン

錆びた風合いに仕上げ、長く使うことで味わいが出てくる信楽焼のマグカップ 3888円

ぐい飲み各1080円〜。自分好みの器でいただく酒は、よりおいしく感じるはず

黒壁AMISU 滋賀FOOD&STORY

滋賀の人気食材がそろう
伊吹山の名水が育む米、琵琶湖の恵みを使う佃煮、魯山人が愛した日本酒の七本鎗など、滋賀県産の食材がズラリ。生産者の顔が見える安心感あるものがそろうのもうれしい。

風格ある黒漆喰の建物を目指そう

丹波黒豆の豆菓子 486円、百匠屋のコシヒカリ 450g486円、青烏龍茶 648円

あふみ舎

暮らしを彩る雑貨たち
店主が本当に好きなものをていねいに選び、みずから使いごこちを確かめてから販売。滋賀県内や近隣エリアで暮らす作家の器を中心に、手仕事ならではの風合いをもつ雑貨や日用品が並ぶ。

築100年以上の古民家を利用。「あふみ=近江」は琵琶湖の古称

耳元でゆらゆら揺れる華奢なデザインが女性らしさを演出する、ピアス 各3456円

ガラス作りを体験しよう

黒壁オルゴール館

ガラスで楽々デコ
クラシックからJポップまで多彩なメロディから曲を選び、ガラスパーツも自由にチョイス。オルゴールの手作り体験はキッズもOK。

所要時間は60〜90分ほど、完成品はその場で持ち帰れる

色付きのガラスの砂やガラス小物でデコレーション。オルゴール手作り体験は2000円前後〜

黒壁体験教室

モノづくりを満喫
自分だけのガラスを…という人は、吹きガラスの器、とんぼ玉、ジェルキャンドルなどが作れる体験教室がおすすめ。

溶けたガラスを巻き取り息を吹き込みながら形づくり。一輪挿しや小鉢などが作れる

好みの色が選べる吹きガラス体験3780円から

夢中になれるステンドグラス体験3780円から

好みの板ガラスをハンダゴテで接着。世界で一つのフォトフレームやランプが完成

ここへも立ち寄って

大通寺

華麗な桃山文化を鑑賞
伏見桃山城の遺構と伝わる書院造りの本堂や大広間、長浜城の大手門を移築した脇門、国の名勝である庭園など見所の多い寺院。狩野派や円山応挙が描いた襖絵も必見。

もとは仏法を広める道場だったことから「長浜御坊」「ごぼうさん」と呼ばれている

地元でも愛される黒壁グルメ

滋賀の特産物を生かした一品や個性派名物メニュー、宿場町として栄えた時代の趣を残す空間など、魅力ある黒壁スクエア周辺の店をご紹介。

びわこレストランROKU

肉汁と旨み弾ける近江牛ハンバーグ
湖国自慢の食材を使ったフレンチベースの料理が好評。なかでも近江牛&滋賀県産豚の粗びき肉を網脂で包んだハンバーグランチは、1日数量限定のお値打ちメニュー。

近江牛クレピネットバーグ 200g 2484円
スープ、サラダ、パンまたは近江米、ドリンク付き

醤油問屋だった建物に中庭や蔵が残る

Kitchen OMUHICO

ラーメン由来の黒いオムライス
地元の卵と米を使い、和・洋・中と多彩に仕上げるオムライスが13種類ほどそろう。なかでも分厚いチャーシューがのった醤油味の湖国ブラックオムライスはインパクトあり。

湖国ブラックオムライス 950円
黒あんにコクをもたらすのは滋賀県産のたまり醤油!

店主こだわりのラーメンも根強い人気

MASAO

近江牛を頬張るカジュアルランチ
大通寺の表参道沿いにたたずむ、グリルダイニングとスイーツの店。ホテル出身のシェフが目の前で焼き上げる鉄板焼きのほか、ステーキや丼のランチにも近江牛を使用する。

近江牛丼ランチ 1540円
厚めにカットした近江牛に特製ソースが絡む。サラダ、スープが付く

すっきりとした長屋造りの表構えが印象的

鳥喜多

空腹に染み渡るふわとろ親子丼
創業1931(昭和6)年。やわらかなモモ肉に鶏のだしで半熟に仕上げた卵がとろりと絡む、言わずと知れた名物の親子丼。地元の常連はもちろん、県外から訪れるファンもいるほど。

親子丼 580円
ていねいに下処理されたモモ肉と卵の最強コンビ!黄身が食欲をそそる

カツ丼や麺類などもそろう、古き良き食堂

そば八

五種を堪能できるひと口そばに舌鼓
滋賀の伊吹産、福井の丸岡産、越前産の三種のそばの実を、その年の出来に合わせてブレンド。毎朝、石臼でひくそば粉を使い、打ち立て、ゆで立てのそばを提供する。

十六文 870円
かきあげ、おろし、とろろ、出し巻き、なめこの5種がセットに

レトロな風景に溶け込む手打ちそばの名店

分福茶屋

素朴なお餅で休憩
生糸卸の商家を活かした甘味処。近江産糯米の餅を銅板で焼いたぶんぷく餅は、粒あんと黒ごまあんの2種類。

分福セット 670円
名物のぶんぷく餅とみつ豆、両方が味わえる

生糸商だった築160年の建物を活用

カフェ 叶 匠壽庵長浜黒壁店

練乳の甘みにホッ
近江発祥の和菓子店が営むカフェ。いちごと練乳を使う近江のまつりばやし、和風モンブランの森の華やぎなどのケーキをチェック。

近江のまつりばやし 756円
長浜黒壁店だけの限定スイーツ

蔵を有する古民家を美しく改装

人気グルメを食べ歩き♪

元氣や芋平大手門店

芋きんつば 各種160円~
紅隼人芋、紫芋、幸吉芋、安納芋を使うきんつば。砂糖を加えず芋の甘みを生かす銘菓

店頭で実演販売されるきんつば

いわい納安

ゴブラン焼 リンゴ70円、大納言86円
定番のリンゴと大納言のほか、栗などの季節限定の味も並ぶ。ゴブラン焼サブレも人気

店で焼き上げるので、焼きたてを食べられる

三ツ星甘実 しぜん堂

シェイク 各種400円~
農園を営むオーナーが厳選した果物を使う、ヨーグルトベースのあっさりとしたシェイク

ミックスサンド 480円
季節のフルーツがごろっと入ったサンドイッチ。滋賀県産の果物を中心に国産にこだわる

店頭では果物の直売が行なわれる

96CAFE

黒壁ソフト(クロ・ミルク・ミックス)各種400円
黒壁にちなんだ真っ黒なソフト。黒い色は竹炭とココアパウダーで、味はチョコレート味

黒壁散策の合い間に寄りたい

筆者:mapple

まっぷる滋賀・びわ湖 長浜・彦根・大津’19

発売日:2018年03月22日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×