おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【三陸海岸】久慈の旅へ!海女と琥珀、小久慈焼きに出会う!

【三陸海岸】久慈の旅へ!海女と琥珀、小久慈焼きに出会う!

【三陸海岸】久慈の旅へ!海女と琥珀、小久慈焼きに出会う!

by mapple

更新日:2018年12月1日

北限の海女の街として知られる久慈は、ダイナミックな海絶景に太古の宝石・琥珀、山の幸いっぱいの久慈まめぶ汁など、自然の魅力がいっぱい! 海から山へとぐるりとめぐり、久慈の恵みに触れる旅にでかけよう!

小袖海岸

自然がつくり出した海絶景に感動!
三陸復興国立公園の北に位置し、つりがね洞、かぶと岩などの奇岩が織りなす景色は圧巻。近くには小袖海女センターがあり、伝統的な素潜りの海女漁も見学できる。3階には軽食スペースがあり、「まめぶ汁」や「うにごはん」などを味わえる。

小袖海岸

荒々しい海食断崖が続く海岸。写真はつりがね洞

素潜りについて

北限の海女の素潜りに注目
海女の素潜り実演見学500円(7〜9月の土・日曜、祝日のみ、時間は要問い合わせ)

素潜りについて

磯に棲むウニを採る海女

小袖海岸の詳細情報


住所
岩手県久慈市長内町~宇部町
交通
JR八戸線久慈駅から市民バス久慈海岸線陸中野田駅行きで35分、浄土ヶ浜下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
情報なし

 ↓ 車で20分

久慈地下水族科学館 もぐらんぴあ

久慈の海を知るならココ 大人気水族館が待望の再開!
東日本大震災の津波で全壊した水族館が2016年にリニューアルオープン。震災を生き延びたアオウミガメの「かめ吉」が泳ぐトンネル水槽や、三陸に暮らす魚の展示、古い角質を食べる魚ガラ・ルファの体験など、さまざまな海の仲間たちに会える。

久慈地下水族科学館 もぐらんぴあ

土・日曜、祝日には南部潜水夫や海女の素潜り実演も

久慈地下水族科学館 もぐらんぴあ

久慈湾を見渡せる展望台もある

久慈地下水族科学館もぐらんぴあの詳細情報


住所
岩手県久慈市侍浜町麦生1-43-7
交通
JR八戸線久慈駅からタクシーで15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:30(閉館18:00、11~翌3月は10:00~15:30<閉館16:00>)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休12月31日~翌1月1日休、GW、夏・冬期の月曜は臨時開館あり

 ↓ 車で15分

道の駅 くじ やませ土風館

久慈秋まつりの山車を見よう! 観光案内もグルメもおまかせ
物産館をはじめ観光交流センター、レトロ館、山車の展示、レストランなどの施設がそろう道の駅。レストランでは、郷土料理「久慈まめぶ汁」をはじめ、三陸の海の幸がてんこもりの丼メニューが充実。連日多くの人でにぎわいをみせる。

道の駅 くじ やませ土風館
道の駅 くじ やませ土風館

郷土料理「久慈まめぶ汁」も味わえる

道の駅 くじの詳細情報


住所
岩手県久慈市中町2丁目5-6
交通
八戸自動車道九戸ICから県道42号、国道281号を久慈方面へ車で約36km
営業期間
通年
営業時間
9:00~19:00(10~翌3月は~18:00)、レストランは11:00~18:30(閉店19:00、10~翌3月は~17:30<閉店18:00>)
休業日
無休1月1日休

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる岩手 盛岡・花巻・平泉’18」です。掲載した内容は、2017年6月~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×