フリーワード検索

ジャンルから探す

トップ > カルチャー > 海外

海外の文化、歴史、地理に関するおすすめ記事

1〜20件を表示 / 全 51件

【戦国の七雄】戦国乱世で争う7つの国 それぞれの特徴は?

戦国時代に中華統一を狙って争った韓(かん)、魏(ぎ)、趙(ちょう)、楚(そ)、斉(せい)、燕(えん)、秦(しん)。 ここでは戦国の七雄(しちゆう)の特徴を簡単に紹介します。...

地図から世界を見てみよう。ウクライナってどんな国?

連日のようにニュースで報道されているウクライナ。しかし、「ウクライナがいったいどんな国なのか」ということについては、知られていない部分も多いと思います。 報道ではウクライナの地図や衛星写真がたび...

ロシア革命(1917年)~300年続いたロマノフ王朝が倒れ社会主義国家「ソ連」が誕生

ロシア革命のポイント ポイント1.ロシアを300年間支配してきたロマノフ王朝が倒される ポイント2.レーニンらが主導する世界初の社会主義国家ソ連が成立 ポイント3.革命の波はロシアだけにとど...

劉備の流浪を経て蜀制圧まで~人望で切り抜けた数々の戦

200年の官渡(かんと)の戦いを制した曹操は、その後袁紹(えんしょう)の息子たちを滅ぼし、207年までに河北を掌握し、群雄のなかで随一の実力を手にしました。曹操は次の目標を荊州、そして孫家(そんけ)の...

董卓の興隆と滅亡~将軍となっての暴虐ぶりから死まで~

184年に勃発した黄巾(こうきん)の乱鎮圧後、漢王朝の都洛陽(らくよう)と幼い帝を董卓(とうたく)が掌握。暴政を展開します。これに対し、董卓の暴政に歯止めをかけるべく反董卓連合軍が結成されるも、群雄の...

三国志の日本でのブームは江戸時代に始まる

「三国志」の時代は、3世紀、後漢末から含めても、百年余りに過ぎません。しかし、この時代は、古代ローマ帝国に匹敵する大漢帝国が崩壊し、新たな戦乱の世を迎えた中国史上の一大転換期でした。ちなみに、日本は卑...

孫晧の悪政に付け込んで一斉に晋軍が侵攻

279年、杜預らの進言に押された司馬炎は討呉の軍を興し、瞬く間に呉を制圧。ついに三国時代が終焉の時を迎えます。...

司馬昭に乗っ取られた魏、禅譲によって晋に取って代わられる

蜀を併呑した魏が晋に取って代わられた結果、呉の命運も風前の灯火となりますが、晋国内の事情が絡み、なかなか三国時代は終焉へと向かいませんでした。...

姜維不在の隙をつかれた蜀の滅亡

蔣琬、ついで費禕が没すると、抑えのいなくなった姜維は無謀な北伐を繰り返し、蜀の国力を疲弊させていきました。 姜維が漢中で孤立するなか、蜀の朝廷は腐敗の一途をたどります。 これを好機と捉えた...

司馬懿の権力掌握~魏宮中のライバル曹爽を出し抜き魏の実権を握る~

魏宮中のライバル曹爽を出し抜き、司馬懿が魏の実権を握ります。...

公孫淵の反乱~遼東で独立を画策した公孫氏の末路~

遼東で独立を画策した公孫氏の末路。...

【合肥新城の戦い】諸葛亮の中原回復の希望を頓挫させた呉の失態

曹操(そうそう)に次いで劉備(りゅうび)が白帝城(はくていじょう)に没し、三国の争いの中心は蜀の諸葛亮(しょかつりょう)へと移っていきます。 劉備からその子・劉禅(りゅうぜん)と漢王朝再興を託さ...

【石亭の戦い】周魴の罠にはまった曹休軍に呉軍が大打撃を与える

曹操(そうそう)に次いで劉備(りゅうび)が白帝城(はくていじょう)に没し、三国の争いの中心は蜀の諸葛亮(しょかつりょう)へと移っていきます。 劉備からその子・劉禅(りゅうぜん)と漢王朝再興を託さ...

諸葛亮の北伐~漢王朝復興のため5度にわたり魏討伐に出陣~

曹操(そうそう)に次いで劉備(りゅうび)が白帝城(はくていじょう)に没し、三国の争いの中心は蜀の諸葛亮(しょかつりょう)へと移っていきます。 劉備からその子・劉禅(りゅうぜん)と漢王朝再興を託さ...

【濡須口の戦い】弱体化した呉を狙った曹丕が敗退、蜀呉同盟復活の契機となる

曹操(そうそう)に次いで劉備(りゅうび)が白帝城(はくていじょう)に没し、三国の争いの中心は蜀の諸葛亮(しょかつりょう)へと移っていきます。 劉備からその子・劉禅(りゅうぜん)と漢王朝再興を託さ...

夷陵の戦い~関羽の復讐に燃える劉備~

200年の官渡(かんと)の戦いを制した曹操は、その後袁紹(えんしょう)の息子たちを滅ぼし、207年までに河北を掌握し、群雄のなかで随一の実力を手にしました。曹操は次の目標を荊州、そして孫家(そんけ)の...

曹丕の即位で三国時代の幕を開ける~曹操の死と魏王朝誕生~

200年の官渡(かんと)の戦いを制した曹操は、その後袁紹(えんしょう)の息子たちを滅ぼし、207年までに河北を掌握し、群雄のなかで随一の実力を手にしました。曹操は次の目標を荊州、そして孫家(そんけ)の...

関羽の死を巡る三国志諸作品の記述と関帝信仰

関羽の死を巡る正史、演義、日本の三国志作品の記述には、それぞれの国の関帝信仰が影響を与えています。とくに関羽に対する信仰が根強い中国では、関羽を神として祭り上げる傾向が見られます。 ◉正史と演義...

樊城を陥落寸前まで追い詰めた関羽、呉の寝返りにより麦城に散る!

200年の官渡(かんと)の戦いを制した曹操は、その後袁紹(えんしょう)の息子たちを滅ぼし、207年までに河北を掌握し、群雄のなかで随一の実力を手にしました。曹操は次の目標を荊州、そして孫家(そんけ)の...

夏侯淵のみとなった寒中へ侵攻す曹操を撃退~定軍山の戦い~

200年の官渡(かんと)の戦いを制した曹操は、その後袁紹(えんしょう)の息子たちを滅ぼし、207年までに河北を掌握し、群雄のなかで随一の実力を手にしました。曹操は次の目標を荊州、そして孫家(そんけ)の...