フリーワード検索

ジャンルから探す

トップ > カルチャー >  海外 > ヨーロッパ > フランス >

フランス「ナント」があるのはどんなところ?パリオリンピックのサッカー会場があるナントは、中世の幻の大帝国の発祥の地

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日: 2024年5月21日

この記事をシェアしよう!

フランス「ナント」があるのはどんなところ?パリオリンピックのサッカー会場があるナントは、中世の幻の大帝国の発祥の地

2024年パリオリンピック、サッカー競技会場のひとつがあるナントは、大西洋にそそぐロワール川の下流沿いにある港町です。ナントは、外洋船も停泊できる大きな都市で、ロワール渓谷には世界遺産の古城がたくさん佇んでいます。パリオリンピックの舞台となるナントがあるペイドラロワールをご紹介します。

パリオリンピック会場「ナント」があるペイドラロワールのかんたん概要

ナントがあるペイドラロワール。ロワールのもたらす富は誰のもの?ペイドラロワールは、中世に現れた幻の大帝国の発祥地

人口: 383万2120人
面積: 3万2114㎢
首府: ナント県 メーヌ=エ=ロワール県、マイエンヌ県、ロワール=アトランティック県、サルト県、ヴァンデ県

ペイドラロワールの由来・語源:「ロワール川の地」 名称はずばり「ロワール川の地」。旧ブルターニュ州、旧アンジュー県など、複数の旧区画の再編成によって誕生しました。

ペイドラロワールのトリビア:プランタジネット朝の名の由来は、アンジュー家の家紋エニシダ(ラテン名プランタ・ゲニスタ)です。

1 2

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ > カルチャー >  海外 > ヨーロッパ > フランス >